【VIO脱毛 おすすめサロン】安いプランが人気の脱毛サロン・回数や料金プランを調査

【VIO脱毛おすすめサロン】プランが豊富で安い人気のサロン4選

VIO脱毛 おすすめサロン

海外セレブが言及したことにより、一気に広まったのがVIO脱毛です。
国内モデルや芸能人でもVIO脱毛を公言する人が現れるなど、デリケートゾーンの脱毛もオシャレや身だしなみの一部と見られるようになっています。
しかし、自分で行うのが難しいのがVIO脱毛の特徴でもあります。
そこで、VIOのプランが豊富で安く脱毛が出来る人気のサロンの情報をまとめました。
今回紹介する4つのサロンはそれぞれ特徴が異なるため、自分好みのサロンを見つけやすくなっています。
プランも豊富で組み合わせにも困らないため、全身脱毛のセットにVIOがセットになっているものや、VIO中心の脱毛も可能です。
比較しながら、身近に店舗があるかもチェックして決めるのがおすすめです。

VIO脱毛がおすすめのサロン1・ストラッシュ

SHR脱毛を採用し、痛みの少ないVIO脱毛ができるのが魅力です。
デリケートゾーンはどうしても痛みを感じやすく、肌荒れなどが起きた場合に対処が難しい傾向があります。
ストラッシュは肌への負担が少ない脱毛方法を採用していて、より手軽で続けやすいのが魅力になっています。
痛みで脱毛を断念する人も多いため、痛みが少ないのは大きなメリットです。
また、脱毛が終了するまでの期間が短く、長い間通わずに済むのも特徴です。
具体的には最短で6ヵ月程度が目安になってきます。
全国展開で店舗数も多く、身近なサロンを探しやすいのも魅力です。
脱毛の品質も高く、5年連続で医療関係者が選ぶ脱毛サロン1位に選出されています。

VIO脱毛がおすすめのサロン2・ミュゼ

格安でVIO脱毛が受けられるだけでなく、割引プランが豊富なのが魅力です。
専用アプリをダウンロードすることで割引が適用されるのも特徴で、よりお得に脱毛をしたい人に人気です。
全身脱毛以外にもVIO専門のコースも存在し、オプションも豊富です。
VIO周辺の気になりがちな部分をセットで脱毛してくれるなど、お得感があるのも魅力です。
店舗数が多く、専用アプリからの予約が簡単であるなど利便性の高さでも評価が高いのが特徴になります。
また、VIO脱毛も全ての毛を処理するのではなく、見た目を整える脱毛にも力をいれています。
完全に毛を無くすのは不安、少し気になるという人は相談してみるのもおすすめです。

VIO脱毛がおすすめのサロン3・ジェイエステティック

脱毛だけでなく美容関連の施術も充実していて、痛みが少なく肌への負担が小さい脱毛が魅力になります。
保湿成分と美容成分が豊富なジェルを利用しているため、脱毛と美肌の両立を目指すことができます。
部分脱毛の組み合わせも豊富で、VIO以外にちょっと気になる部分を脱毛したい場合にも使いやすいのも魅力です。
VIOのお試しプランも充実してるため、実際の施術の痛みが気になる人や、接客が気になる人はお試しから入るのもおすすめです。
両脇脱毛など女性が気になりやすい部分の脱毛も格安で受けられるプランも存在し、使い勝手がよい脱毛サロンの一つになっています。
店舗が多い分、サロンが予約で埋まっているときの次の候補が探しやすいというメリットも存在します。

VIO脱毛がおすすめのサロン4・脱毛ラボ

脱毛業界で真っ先に月額制プランを導入し、無理なく通える脱毛サロンの地位を確立しています。
最新の脱毛機器を導入することで1回の施術時間を短くし、肌への負担も抑えることで短期間で脱毛を終えることができます。
予約がとりやすい脱毛サロンとしても知られていて、予約が一杯で脱毛がなかなか終わらないと言ったトラブルを避けられるのが魅力です。
VIOを組み合わせられる脱毛プランも豊富です。
もちろんパーツ別の脱毛も可能で、自分好みの脱毛プランを作ることも可能です。
単発での脱毛もできるためお試し感覚でチャレンジすることもできます。

脱毛サロンのVIOの脱毛範囲は?Vライン・Iライン・Oラインの脱毛範囲

脱毛サロンのVラインの脱毛範囲は?

デリケートゾーンの両サイドのことで、両足の付け根のあたりになります。
ビキニなどをつけた際に目立ちやすいため、水着のシーズンにあわせて脱毛する人が多いのも特徴になります。
脱毛サロンによって若干の違いがあり、Vラインの周辺まで含んだ脱毛コースを提供している場合や、VラインはVラインとして周辺部分は別途追加が必要なケースもあります。
ムダ毛があると露出をしたときに目立ち安い部分になるため、脱毛サロンごとの定義をしっかりとチェックするのがおすすめです。

脱毛サロンのIラインの脱毛範囲は?

Vラインのさらに奥、陰部の両脇の部分になります。
蒸れやすく、毛が硬い傾向があるため処理しようとすると痛みを感じやすいのが特徴です。
肌がデリケートな人が処理をして肌トラブルを避けようとするほか、VラインやOラインとセットですっきりさせてしまいと考える人が多くなっています。
下着姿や水着になると意外と見えやすい部分でもあり、万が一の事故を防ぐために処理してしまう人も増えています。
また、部位的に自己処理が難しいのも特徴です。

脱毛サロンのOラインの脱毛範囲は?

ヒップ奥の部分、肛門周りの脱毛になります。
自分の目で見ることができない分気にする人も多く、自己処理が困難なのも特徴です。
個人差が大きいのも特徴で、ほとんど毛が生えない人も、かなり固く密集した毛が生えるケースもあります。
毛の量が多いと不衛生になりがちなため、清潔感を手にいれたくて処理する人もいます。
水着になるとヒップラインのムダ毛も目立ちがちなため、水着シーズンだけ脱毛する人が多いのも特徴です。

脱毛サロンで人気のVラインの形・トライアングル

へそから下の部分を、逆三角形に脱毛するのがトライアングルです。
正面のムダ毛のほとんどを脱毛するため、すっきりしたラインを作ることができます。
オーソドックスな脱毛になるため、多くの脱毛サロンでセットプランが存在するのが特徴です。
毛を脱毛し過ぎることに不安がある人や、少し残したいと言う人は加減をしてスクエアやたまご型を選ぶことになります。
脱毛サロンごとに若干の範囲や定義の違いがあるため、周辺まで脱毛したい場合は相談しながら調整することになります。

脱毛サロンで人気のVラインの形・ハイジニーナ

VIOの全てのムダ毛を処理するのがハイジニーナです。
「衛生」を意味する「hygiene(ハイジーン)」が語源で、ムレやかぶれといった肌トラブルの確立を大幅に減らすことができます。
脱毛サロンによっては薄く毛を残すと言った選択もできるため、完全に無毛状態になるのが不安な場合は相談するのがおすすめです。
いつ水着や下着姿になってもムダ毛が目立つことがなくなるというのもメリットです。
また、自己処理のトラブルを減らすために脱毛する人が多いのも特徴です。

脱毛サロンで人気のVラインの形・スクエア

正方形、あるいは台形にムダ毛を処理するのが特徴です。
もともとムダ毛が生える形はスクエアに近く、ナチュラルな脱毛ができるのが魅力です。
不自然さがないため、脱毛をしたと気付かれにくいのがメリットになります。
恋人がいる人や、IラインやOラインの処理にためらいがある人に好まれます。
一度脱毛をすると再び毛を戻すのは難しい面もあり、見た目が不自然になるのを嫌う人もいるためです。
心理的な抵抗も少なくなります。

脱毛サロンで人気のVラインの形・たまご型

正面の毛の上部両端などを処理し、たまご型を作ります。
自然な形で毛を残せるのが大きな魅力で、脱毛範囲が狭い分脱毛が短く済むのもメリットです。
全く毛がないと子どもっぽく見えるという理由からたまご型を選ぶ人もいます。
上品な見た目が作りやすいため、自分なりのこだわりがある人におすすめです。

脱毛サロンで人気のVラインの形・I型

I型は手入れの難しい部分であり、一度脱毛してしまえば衛生状態をたもちやすいというメリットがあります。
Oラインの処理が不要な人いるため、Vラインは自分で処理し、Iラインを脱毛サロンで処理するのも選択肢です。
処理する部分が最低限なら費用や時間の負担も減らせるというメリットがあります。
他の部分の手入れがおろそかになると、悪目立ちすることがあるため注意が必要です。

痛みが少ないVIO脱毛おすすめのサロン/脱毛サロンのVIO脱毛の痛みについて

VIO脱毛はどうして痛いの?VIOの特徴は?

VIO脱毛が痛みを伴いがちなのは、腕などに比べて毛が太いことが多く、処理をするための肌への負担も大きくなる傾向があるためです。
また、粘膜近くの皮膚は敏感でそれだけ痛みを感じやすくなります。
そのため、粘膜のどれだけ近くまでが脱毛できるかは脱毛サロンによって異なり、場合によっては思ったように脱毛できなかったと言うこともありえるのです。
脱毛サロン大手で教育がしっかりしていること、機器が最新のものであることなどをチェックし、外れがない場所を選ぶことも大切です。
粘膜の近くを処理する関係上、生理中はVIO脱毛ができないのが一般的になります。
衛生面でもトラブルになりやすいため、生理が来た場合は早めにサロンに連絡するのがおすすめです。

VIO脱毛の痛みを軽減する方法・SSC脱毛を行っているサロンがおすすめ

VIO脱毛の痛みを軽減したいのであれば、SSC脱毛を導入しているサロンを選ぶのがおすすめです。
イタリアの医療メーカーDEKA社が開発した技術で、クリプトンライトとビーンズジェルと呼ばれる特殊なジェルを用いるのが特徴です。
ビーンズジェルには制毛・抑毛成分が含まれていて、クリプトンライトを照射することでフィニリーブと呼ばれる有効成分が出てきます。
一般的な脱毛方法は熱やレーザーで毛根を破壊したり、バルジ領域と呼ばれるムダ毛に栄養を起こる部分を破壊するのが特徴です。
しかし、SSC脱毛は熱で細胞を破壊することがないため、痛みがほとんどないのが特徴になります。

VIO脱毛の痛みを軽減する方法・脱毛前の保湿をしっかり行う

脱毛の痛みを和らげたいのであれば、保湿をしっかり行い、ダメージを受けにくい状態を作るのが基本になります。
脱毛前に美容ジェルを塗るなど痛みを軽減する工夫を取り入れているサロンもあります。
保湿成分と脱毛に使う機器の出力調整、脱毛方法で痛みが大きく変わるためです。
日ごろのお手入れも重要になるため、脱毛サロンに行く前にはムダ毛の下処理を行い、しっかりと保湿をして休むのがおすすめです。
睡眠不足や体調不良も痛みを強くする原因になります。
前処理で肌が傷ついた状態を放置してしまうのも問題になるため、クリームやジェルなどを塗って保湿しておくことが大切になります。

SSC脱毛を行っている脱毛サロン・ミュゼ

SSC脱毛を行っているだけでなく、プラセンタエキス配合のミルクローションを使ったトリートメントが受けられるのが特徴です。
しっかりとしたケアは痛みを防ぐだけでなく、肌荒れを防ぐためにも重要になってきます。
完全な脱毛ではなくデザイン性の高い脱毛設けられるのも魅力で、心と体の負担を軽減してくれます。
また、割引プランの豊富さや、アプリを使った予約などの利便性の面でもすぐれているのです。
様々な角度からおすすめできる脱毛サロンの一つです。
両脇とVラインのコースや、VIO脱毛プランの豊富さも魅力で、脱毛範囲や予算に合わせた調整がしやすいのも魅力になります。

SSC脱毛を行っている脱毛サロン・脱毛ラボ

予約が取りやすく、店舗数が多いのが魅力になっています。
痛みも少ないため気軽に予約して通うことが可能で、費用も安めになっています。
月額制プランや通い放題のプランなども充実しているため、VIO以外の部分も一緒に脱毛してしまう人が多いのも特徴です。
他の脱毛サロンからの乗り換え割りや、学割、脱毛シェアわりなど割引キャンペーンが充実しているのも魅力になります。
親子や知り合いで申し込むとよりお得に通えるようになります。

脱毛サロンでVIO脱毛をするメリット・デメリットは?

iライン脱毛

脱毛サロンでVIO脱毛をするメリット1・医療レーザーより痛みが少ない

VIOは下腹部のデリケートなエリアを処理していきますので、痛みを感じやすいのが心配なところです。中でも医療レーザー脱毛は威力が高い分、痛みが強いと感じる方が少なくありません。最初の数回なら我慢できても、何度も繰り返すと痛さが蓄積して、耐えられなくなることも度々あります。この点、サロンが使うのはレーザーではなく、光脱毛と呼ばれるタイプです。出力が穏やかなために時間がかかるものの、痛みを感じにくいのが特徴。毛を生やすための組織を破壊するのではなく、ダメージを与えて働きを止めてしまう仕組みですから、痛みが出にくいのです。加えて、痛みに弱い方なら出力を下げたりと、柔軟な対応が可能。このために、光脱毛のコースを契約した方が、痛みが我慢できず、途中で断念するケースは珍しいとされます。

脱毛サロンでVIO脱毛をするメリット2・肌への負担が少なく安全

肌への負担が少ないため、施術後のトラブルが心配な方にも適しています。医療レーザーのように出力が強い場合は、施術を受けると軽微ですが肌が熱傷のようになり、発赤したりカサブタができることも度々あります。このダメージはヒリヒリした痛みを伴うこともあり、丁寧な術後ケアが欠かせません。酷い症状ですと炎症が生じたり、色素が沈着してしまうこともあります。また、シェーバーを使った自己処理も、デリケートゾーンに痛みが残ったり、色素沈着・炎症が起こる可能性が低くありません。対して、光脱毛は低出力で丁寧に処理していきますので、肌への負担が軽いのです。しかも、美容効果のある光を使うサロンでは、肌状態が良くなったケースもあります。肌に最も優しい処理方法と考えて良いかもしれません。

脱毛サロンでVIO脱毛をするデメリット1・痛みは少ないが医療レーザーに比べて回数が多く必要

光脱毛は低出力で痛みが少ないものの、サロンに通う回数が多くなってしまうのがデメリットです。毛を生やす組織に何度もダメージを与えて、最終的に動きを止める仕組みですから、どうしても回数を重ねる必要があります。特に毛が濃いタイプの方は、根気よく通う必要が出てくるでしょう。この部分は脱毛サロンの不満な点になりやすいですが、VIOとなると他よりも痛みや肌負担が心配になります。医療レーザーのコースを途中で断念する心配があれば、少々時間が掛かっても、脱毛サロンを選んだ方が良いかも知れません。なお、従来は何度も通う場合は予約を取るのが大変でしたが、近年は店舗数が増えたり、脱毛機器が進歩するなどして改善してきました。予約を取りやすいサロンを選べば、従来よりも通う回数は負担に感じにくいはずです。

脱毛サロンでVIO脱毛をするメリット2・脱毛サロンの脱毛機器より出力が高く肌負担が大きい

光脱毛は毛を生やす組織を停止させますが、これが永久的に続くわけではありません。このために、人によって差はあるのですが、施術を終えてからある程度の期間が経過すると、毛が生えるメカニズムが回復してきます。対して医療用レーザーは永久脱毛とされますが、こちらも実際には回復してくることがあるのです。結果的に、どちらの施術方法も、程度に違いはあっても再び毛が生えてくるリスクはあります。しかし、だからと言って脱毛が無駄と言うわけではありません。無毛・減毛の間は手入れが楽ですし、回復してきても早めにサロンでケアすれば、一から脱毛するよりも負担もかからない可能性があります。総合的にメリット・デメリットを考えて判断してくことが大切でしょう。
※お返事がなかったので、自己判断で差し替えました。
※問題がありましたら、修正させていただければ幸いです。

VIO脱毛は恥ずかしい?脱毛サロンでの施術の様子は?

脱毛サロンではVIO脱毛の恥ずかしさを軽減するためにどのような対応をしている?

VIOエリアは相手が同性であっても、できれば他人に見られたくないですよね。現在は、利用者が恥ずかしい思いをしなくて済むよう、配慮をしているサロンが一般的となってきました。抵抗感があって脱毛を躊躇している方は、そのようなサロンを探してくと良いでしょう。具体的な対策の内容は、紙ショーツやタオルを使って、照射しない部位を隠すのと言うものです。全部露出すると恥ずかしいと感じやすいですが、ショーツやタオルを少しずつずらしながら施術してくれるため、いざ脱毛を始めると気にならなかったと言う方も少なくはありません。また、施術するスタッフも接客の教育を受けており、プロとして手際良く施術してくれる点でも、恥ずかしさは軽減されます。

VIO脱毛の恥ずかしさを軽減する方法1・シャワーを浴びて匂い対策をする

施術当日は事前にシャワーを浴びて、身体の匂いを取り除いておくのはおすすめです。特にVIOはオリモノなどが残りやすい上に、他の部位より臭いも目立つもの。臭いがしたり、汚れが残っていると施術中のスタッフに嫌がられないかなど、不要な心配も増えますから、あらかじめ綺麗にしておくと良いでしょう。もちろん、清潔で衛生的な方がサロンのスタッフにとっても、嬉しいお客様です。忙しかったりしてシャワーを浴びる時間がない、と言う場合は赤ちゃんのお尻拭きなどを活用するのも一手。他には、ウォシュレットや濡れタオルを使うと言う方法もあります。できればシャワーが望ましいですが、駄目な時には代わりに一応の手入れをしておきましょう。

VIO脱毛の恥ずかしさを軽減する方法2・女性専用サロンを選ぶ

脱毛サロンの中には、男女とも通えるタイプがあります。これですと待合室で知らない男性と鉢合わせになる可能性があり、抵抗感を覚える女性は多いものです。この対策としては、女性専用サロンを選ぶこと。女性専用だと男性客は入れませんから、これからデリケートゾーンの施術を受けようと言う時にも、気兼ねは少なくなります。また、医療クリニックでの脱毛は脱毛サロンと違って、医師が在籍する必要があります。このため、医療脱毛なら男性医師がVIOの施術をする可能性もなくはありません。女性専用サロンでは、スタッフも女性になるので、男性医師から施術を受けたくない時にもオススメです。当然、女性同士でないとしにくい相談も、気兼ねなくできます。

VIO脱毛の恥ずかしさを軽減する方法3・プライバシーに配慮した(個室)サロンを選ぶ

脱毛サロンの中には、個室を用意していないサロンも見当たります。この場合は施術中の姿を担当スタッフ以外に見られないかとか、色々な不安が生じてくるでしょう。このため、サロンを選ぶ際には個室タイプをセレクトすることで、恥ずかしさを軽減し、プライバシーを守ることができます。注意したいのが個室と謳っていても、実際にはカーテンで区切っただけの店舗がある点です。個人の価値観にもよりますが、簡易の仕切りでは心もとないと言う方は、本格的な完全個室を選びましょう。完全個室の場合はカーテンでの目隠しと違い声が漏れにくいです。自身がスタッフに相談している内容を他人に聞かれにくく、プライバシーを守ってくれます。

VIO脱毛の恥ずかしさを軽減する方法4・スタッフ担当制のサロンを選ぶ

VIO脱毛は一般的に回数を重ねることで、慣れると恥ずかしさがなくなるとされます。この点、同じスタッフに毎回施術してもらうと、慣れるのも早く、恥ずかしさも感じにくいでしょう。脱毛サロンによっては、施術スタッフが担当制になっているところがありますから、チェックしておきましょう。このタイプでは、気心知れたスタッフが継続して対応してくれる分、安心感が違います。脱毛を終えるまでに何度も通いますから、自身が接しやすいスタッフに担当してもらう方が何かと都合が良いのです。スタッフが変わるたびに、痛みに弱いので出力を下げてほしいとか、要望を繰り返す必要性も減ります。施術前に「今日はどんなスタッフだろう」と心配することもなくなるでしょう。

VIO脱毛の料金相場は?大手の脱毛サロンの料金を比較

大手の脱毛サロンのVIO脱毛6回の料金相場は?

大手サロンでVIO脱毛をした場合、6回コースの料金相場は5万5000円となります。安いところなら4万円程度のサロンも見当たりますが、一般的に多い価格設定が5万円半ばです。高いところでは6万円、7万円となってきますから、これらを併せて考えると、大体5万5000円が基準となるでしょう。なお、VIOの各パーツごとの施術や、全身プラスVIOを選ぶことで料金は変動します。色々セットにした方が、パーツ単位の費用は安くなります。

大手の脱毛サロンのVIO脱毛12回の料金相場は?

12回コースを選んだ場合の相場は、10万円が目安になるでしょう。サロンによって6回コースよりも差が開きやすく、7万円で施術できるケースもあれば、12万円ほどかかるサロンもあります。実際には、10万円を少し超えた程度のサロンが多く見当たりました。こちらも全身セットなどにすると、パーツ当たりのコストは抑えることが可能です。12回となると費用も高めになるため、タイミングが合えば割引キャンペーンなどを活用すると良いでしょう。

VIO脱毛のみのプランがある脱毛サロンは?/ストラッシュ・ミュゼ・ジェイエステティック

ストラッシュ・ミュゼ・ジェイエステティックにはVIOのみのプランがあります。ストラッシュはSHR脱毛と呼ばれる、痛みが少ないのにスピーディーに効果が出せる方法を用いるのが特徴。肌への負担が少ないため、一度の施術で繰り返し照射できます。医療関係者からの評価も高く、産毛や褐色肌にも対応可能です。ミュゼは痛みを殆ど感じないとされるS.S.C.方式を採用しているサロンです。ジェルをたっぷり使って、その上から光を当てるので痛みも軽減され、肌も保護されます。ジェルには美肌効果があるのも、嬉しいポイントです。ジェイエステティックは冷たい光を使うのが特徴で、ジェルも不要です。熱くないので肌へのダメージがかなり低減されます。

VIO脱毛のみのプランがない脱毛サロンは?/銀座カラー・キレイモ・シースリー

銀座カラー・キレイモ・シースリーには、VIOだけのプランは見当たりませんでした。デリケートゾーンだけを施術したい時には、別のサロンを利用しましょう。ただし、いずれのサロンも施術方法に特徴があり、大手ならではの安心感もあります。このために、全身コースなどと合わせて、VIOの施術を考えてみてはいかがでしょうか。まず、銀座カラーでは、フェイシャルやVIOも含め、全身24ヵ所の脱毛コースがあります。月額制で気軽に始めやすいのもポイントです。キレイモはVIO含む全身脱毛コースが利用できます。全身脱毛なので費用総額は高く感じますが、パーツ当たりの単価はそうでもありません。余った分は返金対応があるのも嬉しいですね。シースリーはVIOを含む、全身まるごと53か所コースがあります。超高速な機材を導入し、早く効果が出やすいのが特徴です。

脱毛サロンのVIO脱毛の回数や期間の目安/サロンの脱毛効果について

脱毛サロンでVIO脱毛が最短で完了するのは銀座カラー

脱毛サロンでVIO脱毛が最短で完了するのは銀座カラーというのは本当です。これは全身脱毛の中にVIOが含まれているのですが、普通のエステでは12回の通院が基準です。しかもこれは最低ラインであってこれより多く通うというケースが多いのが現状です。しかし銀座カラーならば何と8回で済みます。しかも普通ならば2.3か月の1回のコースで12回これならば2年ちょっとはかかりますよね。でも銀座カラーは6回最短8か月です。もちろんこれは最短コースなので人によってはもうちょっとかかる人もいますが、それでも短期間です。

銀座カラーは全身脱毛プランのみしかなくVIOのみの脱毛はできない

銀座カラーは全身脱毛プランしかありません。これは、女性にとっては大変失礼な話になりますが、VIOの毛の濃い人は全身の毛も濃いのです。これは遺伝とかによるものなのでどうしようもありません。だから銀座カラーでは一度に全身行うことによって全身綺麗にするというのももちろんですが、来る回数を減らし、料金を抑えるという素晴らしい工夫をしているのです。一番気になるVIOのみの脱毛でいいや。と思っていても他の所も結構手入れしている人が多いです。銀座カラーに行けばそのお手入れからも解放されます。

脱毛サロンではVIO脱毛6回に約1年かかる

普通の脱毛サロンでは2.3か月に一度、通院して6回で約1年です。そしてこの1年というのが曲者で、脱毛サロンに行っても即効性はありません。すなわち6回は通わないと脱毛の効果を感じられないというのが現実です。もし、短期間で終わらせたいという方は痛みを我慢して医療クリニックに行くしかありません。やはりVIOの毛は特に伸びが速いので、一度脱毛してもすぐに生えます。何度か脱毛を繰り返してようやく1年後に生えにくくなる状態にできるのです。

VIO脱毛6回で脱毛効果を実感しはじめる人が多い

1年もすると「あー何か生えなくなったなあ」と感じる人がいるでしょう。でもこれは生えてくる毛が細い産毛になったからであって、毛が生えなくなったわけではありません。だからここで通うのを辞めてはいけません。あくまでも効果が出始めたばかりでここからが本番です。こここから先もう1年は通って下さい。出ないとすぐに元通りになってしまいます。産毛が太い毛に逆戻りするのはあっという間ですから。自己処理する回数が減っても一時的ですので油断大敵な時期です。

脱毛サロンではVIO脱毛12回に約2年かかる

脱毛サロンでは12回2年通うと本当にムダ毛がほとんどなくなります。中には自己処理する必要なんかないと思われる方もいるでしょう。ただその効果はそんなに長続きしません。なぜならば、医療クリニックでは根元から完全に脱毛するので二度と毛が生えるという事はないのですが、エステは医療機関ではないので永久脱毛は不可能です。これは仕方のない事です。ただ、きちんと12回通えばしばらくは自己処理する必要はないでしょう。どのくらいで又行かなければいけないのかは個人差がありますが、そんなにしょっちゅう行くものではありません。毛根の組織が復活しないと毛は生えませんから。

VIO脱毛12回で自己処理が楽になったと実感する人が多い

VIO脱毛を12回もすると自己処理が楽になるというよりも、自己処理の必要がなくなるという人が多いです。これはエステとはいえ12回もすれば毛根の組織が破壊されてしまいます。それが修復するまでには時間がかかるのでそれまでは自己処理の必要がなくなります。6回だとまだ組織は破壊されていないのですぐに元通りになりますが12回もすれば組織も破壊されてしばらくはつるつるの状態でいられるという訳です。医療脱毛のように永久とはいきませんが、エステでも12回通えば脱毛効果は長続きします。

脱毛サロンでVIOをツルツルにする回数は12~20回程度

通常は2年間で12回とホームページには書かれていますが、人の体質には個人差があります。毛の多い人はやはりそれなりの回数は必要です。やはりエステでは広い範囲に光を当てるためにすべての毛に効果が行き届くのには時間がかかります。太くて毛が長い人であればあるほどエステに通う必要はあります。それに6か月では効果を感じられないかもしれませんが、8か月もすればどんな人でも効果を感じられるでしょう。エステティシャンを信じて気長に通って下さい。

脱毛サロンでのVIO脱毛のやり方や流れを紹介します

Oライン脱毛のメリットについて

脱毛の前日にはVライン・Iラインの自己処理をしましょう

脱毛に行く前の日には必ずシェーバーで毛の自己処理をして下さい。なぜならばエステでは光を全体に当てます。毛が多い状態だと光も毛根まで届かないし、光が毛にあたってしまいやけどのリスクが高くなるためです。そうなるとエステは病院ではないので又違う病院で治療してもらわなければなりません。そして自己処理をすることはエステティシャンへの最低限のマナーです。もちろん自分で手の届かないOラインまで無理してやる必要はありません。そこはプロに任せましょう。でも、自分で出来る範囲でエステティシャンに不愉快な思いをさせないようにするのは大事です。

Oラインや剃り残し部分はシェービングサービスがある

エステでは剃り残し部分のシェービングサービスがあります。そしてOラインに関しては無料の所が多いです。もちろん銀座カラーも同様です。理由はやはりOラインは自分の目で見ることができないのでエステティシャンがするのが当たり前という考えからだそうです。ちなみにVIラインは有料になりますが脱毛した直後なのでエステティシャンに頼む方が得策だと思います。脱毛直後の肌は敏感で傷つきやすくなっていますからやはり自己流よりもプロの手の方が安心です。

照射部位に専用のジェルやローションを塗布する

銀座カラーではIPL脱毛法というのを採用していますが、これはVIOなどの太い毛に向く脱毛法です。しかしこの脱毛法だとチクチクする痛みを伴うので施術前にジェルや保湿ローションを塗ることで痛みを緩和してもらえます。このジェルやローションを塗る方法には自宅でも応用できます。楽天とかでクリームやローションが売っているので自己処理をする際も塗ってから処理するとより傷まずに綺麗に剃れますよ。エステに初めて行った日から6か月は自己処理が絶対に必要なのでぜひクリームやローションを塗ってきちんと自己処理をしてまたエステに行ってください。

施術

施術は光照射です。IPL脱毛機器を使って毛に光をまんべんなく当てていきます。時間にしたら60分から90分です。ちょっと長いかもしれませんがやはり光を肌に当てるのは皮膚にかなりのダメージを与えます。ダメージを与えないようにするにはゆっくり時間を掛けて光を当てるのがベストなのでそこは我慢して下さい。

保湿ローションなどでアフターケア

施術後は幹部を保湿ローションでケアします。銀座カラーでは6種類の美容成分の入った
ミストシャワーを使っています。こうする事で光でダメージを受けたお肌のケアをして下着を履いた時の刺激を防ぐ効果があります。ミストシャワーは肌に浸透するのでしばらくはプルプルになりますよ。

VIO脱毛前の自己処理のやり方・準備するもの

脱毛前は自分で自己処理をすることが大事です。これは先ほども書いた通りですが、まず第一に、長い毛は眉用はさみです。もちろん眉用ハサミとは別に購入して下さい。そして電気シェーバーこれは必須です。そして一番やってはいけないのは毛抜きと剃刀です。そして保湿クリームかローション。これも先ほども書きましたが準備しておく方が良いです。
基本自己流でこれらの商品を愛用しているのであればこれで良いでしょう。VIO用の眉用ハサミを持ってない人も多いと思うのでこれだけは購入して下さい。

 

VIO脱毛前の自己処理のやり方と手順

まず自己処理前にVIOを温めます。この時には温めたタオルを使うと良いでしょう。次に保湿クリームを塗ります。そしてしばらく放置です。次に眉毛ばさみで長い毛の部分のみをカットします。この時に切れるだけ切っても大丈夫ですが傷つけない程度にしてください。次に電気シェーバーでシェービングしていきますがこれも優しく優しくです。無理して全部の毛を剃ろうとは思わないでください。もし剃りもれがあれば、電気シェーバーをエステ店に持って行くことでエステティシャンが処理してくれます。Oラインはエステティシャンが事前に剃るという場合もあるのでOラインは手を付けないでください。剃るのはあくまでも自分の目で見えるVIラインのみにしておいてください。そして剃り終えたら又保湿クリームかローションでケアして下さい。

脱毛サロンでのVIO脱毛のシェービングサービスについて

銀座カラーでは自分で電気シェーバーを持って行った場合のみ事前のシェービングサービスがあります。もし忘れたらその日は断られてしまうか、エステの高い物を買わなくてはならなくなるので必ず自分の電気シェーバーをもってエステに行くようにして下さい。大体のエステサロンのVIO脱毛のシェービングサービスは自分の手の届かない範囲。すなわちOラインのみ無料という所が多いのですが、銀座カラーはすべて無料です。お金がかかるのは背中のみです。なので安心してシェービングに行ってください。もしも前日に自分でシェービングするのが当たり前なのですが、プロのエステティシャンから見たらまだ足りないと判断される場合もありますから。無料になので安心してエステティシャンに任せましょう。

脱毛サロンでのVIO脱毛Q&A

サロンのVIO脱毛の時の服装は?

サロンのVIO脱毛時の服装についてですが特に決まりはありません。施術中は専用のガウンに着替えるようになるので、何を着て行っても大丈夫です。ただ、下着は天然素材のコットンがベストだと思いますし、これは冬ではちょっと苦痛になると思いますがタイツやレギンスはやめておいた方が無難だと思います。脱毛した所を締め付けるようになるのでやはりパンツスタイルが良いでしょう。どうしてもお腹周りが冷えるという方には腹巻がお勧めです。これは締め付けもなくて保温効果もあります。後はガードルも辞めておいた方がいいでしょう。

サロンのVIO脱毛の時の体勢は?

VIOはVIラインは仰向けで行いOラインはうつ伏せで行います。Vラインは足を肩幅程に開けて行いますがそれ程苦痛ではありません。Iラインは足をくの字に曲げて倒すようにするのですが結構姿勢がきつくなります。きつい場合には声を掛けるようにして下さい。
Oラインはうつぶせの状態でIラインと同様に足をくの字に曲げるようになります。そしてその際にはお尻に力を入れないでください。光が当たらなくなってしまいますのでリラックスとまではいかないでしょうが力を入れないのを意識して下さい。

サロンでは生理中でもVIO脱毛が可能?

サロンでは生理中のVIO脱毛は100%不可能です。なので予約する際は、自分の生理のリズムを把握して生理が着そうな時に予約を入れるのは絶対にやめて下さい。行って生理になっているのが解ったら門前払いです。少量の出血でも駄目です。やはり生理中の皮膚は非常に敏感になっているのと経血で光が当たらないというリスクもあります。気を付けて下さい。そして生理中はホルモンバランスが悪くなっている時期です。銀座カラーで脱毛の際は、生理中は控えていただくのが安心です。

サロンではデリケートゾーンに肌トラブルがある場合でも施術できる?

銀座カラーだけではなくどこのサロンでもデリケートゾーンにトラブルがある場合は断られる場合がほとんどです。これは光を当てることは非常に皮膚にダメージを与えてしまいます。その結果トラブルが悪化してしまう可能性が高いからです。エステはあくまでも綺麗になる所であって病院ではありません。悪化してしまったら病院に行ってもらうしかなくなるのです。エステに責任を取らせるわけにはいかないので残念ですがデリケートゾーンにトラブルがある場合は断るのがマナーでしょう。

VIO脱毛

【VIO脱毛は恥ずかしい?】脱毛サロン・医療脱毛の施術中の様子は?

VIO脱毛

【VIO脱毛は痛い!?】本当に痛い?医療脱毛と脱毛サロンの違いは?

VIO脱毛

【VIOってどこ?】デリケートゾーン・アンダーヘアはどこまで脱毛する?

VIO脱毛

【Iライン脱毛】脱毛サロンでの脱毛範囲は?脱毛方法は?

VIO脱毛

【VIOの自己処理】脱毛前の自己処理・セルフケアの方法

VIO脱毛

【Oライン脱毛】痔!VIO脱毛は痔でもできる?リスクは?

VIO脱毛

【Oライン脱毛のメリット】サロン脱毛で後悔!?陰部脱毛のデメリットは?

VIO脱毛

【Oライン脱毛の回数】効果は?VIO脱毛の必要回数や期間・料金まとめ

タイトルとURLをコピーしました