【VIO脱毛は痛い!?】本当に痛い?医療脱毛と脱毛サロンの違いは?

【VIO脱毛は痛い?】VIO脱毛体験者の口コミを紹介します

VIO脱毛は痛い

VIO脱毛はサロンよりも医療レーザーの方が痛いです!

医療レーザーはやはりレーザーの強さも医療従事者が行えるレベルの為、痛みを伴います。痛みには個人差がありますが、私の場合よく口コミで書かれているゴムで弾かれる程度の痛みではありませんでした。思わず声が出てしまう衝撃を感じてしまったこともあります。ですが、痛い程効果が期待できると当時は感じており徐々にきれいになっていく肌を見て、満足感を得ることができました。どうせお金を払うのであれば、早く効果を得たいと考えていた私にとって医療脱毛の痛みは苦痛には感じませんでした。また、回数を重ねるごとに痛みは少なくなる為、効果が実感できる楽しささえ感じていました。女性は特に痛みに強いと言われている為、恐怖を感じる程ではありません。効果が感じられるようになるまで時間がかかるため、思い立ったら即行動、が大切です。

ワキ脱毛よりVIO脱毛の方が何倍も痛いです!

脱毛といえばまずワキから始める方がほとんどではないでしょうか。私もその考えのうちの1人でした。ワキがきれいになれば次は腕、足、顔という風にどんどん美を追求していきたくなります。最終VIOまで脱毛を経験しましたが、ワキと比べるとやはり何倍も痛みを感じます。様々なサイトの口コミで予習してきたといえど、痛みは強烈で施術は真冬でしたが冷や汗をびっしょりとかいてしまいました。それでもVIO脱毛がなくならないのは、必要性も需要性も高いからではないでしょうか。VIO脱毛を経験して約7年経過しますが、行っておいてよかったとつくづく感じます。女性にとって快適な生活は痛みを伴ったとしてもVIO脱毛は行うべきと声をあげて伝えたい程です。

痛すぎて恥ずかしさを忘れます・・・

なぜVIO脱毛を最後に決意したのか、それは羞恥心と格闘していたからです。やはりVIOといえば施術中の体制、服装等を気にしてしまいます。ですが、医療クリニックで施術してもらうということは相手はプロの医療従事者です。何百何万人の裸を見てきた人たちです。そんな方々の記憶に残るほど素晴らしいスタイルではないじゃないか、と割りきったことがVIO脱毛を決意したきっかけでした。実際脱毛開始と同時に、恥ずかしさ等考えられない程痛みと格闘することに必死でどうでもよくなります。そもそもなにが恥ずかしいのか、温泉等と同じで女性同士が裸を見せ合うというだけではないか、とふと考えては定期的にくる痛みに思わず声をあげて、の繰り返しであっという間に施術は終わってしまいます。

【VIO脱毛は痛い?】】VIO脱毛が痛い理由は?

VIO脱毛が痛い理由、それは毛の太さと皮膚の薄さが理由にあげられます。大声では言えませんがやはりデリケートな部分、下着に触れる部分のため毛がこすれて徐々に太くたくましくなりやすいのです。そしてデリケートゾーン、ここは皮膚が薄くほぼ皮がないのではないかというほどデリケートなものです。そのため身体の他の部分の脱毛施術と比べ物にならない位、痛みを感じてしまいます。また、毛が太いため回数も重ねないと効果が得られません。つまり、ワキや腕等の脱毛であれば3~5回程施術を受ければ徐々に痛みは緩和されていきますが、VIO脱毛はまだまだ先が長いのです。その為、痛みが強く長く感じられるため身体の中で最も痛いと有名なわけです。

医療レーザーによるVIO脱毛が痛い理由は?

レーザーの出力の高さがサロンとは異なります。高い出力の脱毛機で太くたくましい毛を、デリケートな薄い肌の部分から消し去るということはやはり痛みを感じずにはいられません。ピンセットで眉毛を抜くという行為を行った方は多いと思います。定期的に行う必要がありますが即効性を求める方には人気の徐毛方法です。その行為をVIOに行うとどれほどの痛みが襲ってくるのか、考えただけでも身震いしてしまいます。ピンセット等で毛を抜いても再び毛ははえてきます。ですが、医療レーザーであれば回数を重ねるごとに確実に毛は減り、最終なくなります。同じ位の痛みを感じるのであれば医療レーザーで確実に脱毛する方が今後の負担も軽減されます。痛いだけではなく、比例して効果が得られるため我慢してでもVIO脱毛を行う女性が多いのではないでしょうか。

脱毛クリニックでは主に医療レーザーを使用する

脱毛クリニックはサロンとは異なり、医師が在籍する場所です。医療レーザーは医療従事者でなければ施術を行うことができません。そのため看護士や医師免許が必要となってくるのです。レーザーの出力が高ければ脱毛の効果が高まりますが、その他火傷などのトラブルの可能性も高まってきます。そのトラブルにきちんと対応できる人間でなければ取り扱いができないということです。術後のトラブルにも対応して頂けるため、美意識が高い女性は医療レーザーを選択する傾向にあります。また、脱毛クリニックの中でも口コミ等で施術の質の高さ、安全性を事前に情報収集しなければいけません。脱毛クリニックはたくさんの選択肢がありますが、競争率も高く低価格というだけで選択してしまうと危険なこともあります。

脱毛サロンによるVIO脱毛の痛みが少ない理由は?

脱毛サロンは施術を行うスタッフに資格は必要ありません。その為、使用できる脱毛機やレーザーの出力数も限度があります。その為VIO脱毛であっても医療レーザー程の痛みは感じません。ですが、やはり脱毛とだけあって無痛ではないことがほとんどです。効果が期待できないのではないか、というデメリットだけではなく肌への負担があまりないというメリットもあります。個人差はありますが脱毛サロンでの脱毛施術でも十分に効果が得られたという方もたくさんおられるので、医療脱毛を行う前にサロンで体験してみるという選択肢も取り入れると痛みへの恐怖心が緩和されるのではないでしょうか。痛みに強い人、弱い人、それぞれ得意不得意があるため自分に合った選択を行うことが大切です。

脱毛サロンでは主にIPL脱毛・SSC脱毛を使用する

脱毛サロンは主に美容に良い施術を行います。IPL脱毛は光脱毛と言われ医療レーザーと比べ弱い光をあてて脱毛します。SSC脱毛は光や熱を与えるという方法でなく、ビーンズジェルの効果で脱毛を促すといわれています。効果が出ないのでは?とよく耳にしますがメリットとしては低価格、肌への負担が少なく美肌効果があるとも言われているのです。もともと毛の薄い方や産毛等に効果的とされているので個人差があるといえます。アレルギーや皮膚トラブルが定期的に起こる方は低刺激のサロンを活用する選択肢も取り入れるといいかもしれません。サロンによって活用している機械や薬剤の種類が異なる為、コースを契約する前に事前にカウンセリングをきちんと受けるようにしましょう。

【VIO脱毛は痛い?】施術中の体勢は?恥ずかしさは?

VIO脱毛の時は下着はどうしますか?

VIO脱毛の際に下着は脱ぎます。クリニック等によって異なるようですが、T型の紙パンツを履くこともあります。スタッフの方が徐々にずらしていき脱毛していくという流れになります。肌への負担を和らげる為に、脱毛箇所にはジェルを塗っていくため自前の下着が汚れてしまわないように、黒い色等はレーザーに反応してしまい焦げてしまわないようにといった配慮があります。特に特別なにかを準備していく必要はないため、事前にカミソリ等で徐毛が必要かどうかの確認だけとっておくと安心です。ほとんどが女性スタッフによる施術ですが、たまに男性が行うということもあるため事前に女性のみのスタッフが施術するのかという部分は調べておく必要があります。

VIO脱毛の時の体勢は?

VIO脱毛時の体勢はVの場合、気をつけの状態です。前から見える部分のためデザイン等はこの時にスタッフの方へ希望を伝えたり自然なデザインをお願いする等可能となります。Iの場合はいわゆるM時開脚のような体勢になる必要があります。この時にとても恥ずかしい思いをする方がほとんどだと思いますが、レーザーをあてる部分が少ないためすぐに終了します。あまり光を当てすぎると火傷しやすいため、スタッフの方も慎重に行われると思います。Oの場合はクリニックによりますが私の場合は横向きになり足をクロスさせお尻を見せるという流れでした。Oも3回程レーザーをあてて終わったため一瞬だったなぁという感想でした。VIO脱毛は初回はすごく緊張しますが、1回経験してしまえばあっという間に感じます。恥ずかしさも一瞬で消え失せてしまいます。

恥ずかしさがあると痛みを強く感じやすい

恥ずかしいと感じていると全身が敏感になり、痛みを感じやすくなります。VIO脱毛の初回は特に痛みを感じると言われているのはこの恥ずかしさからくるからだと思います。ですが、何人もの方へ脱毛を行われているプロからすればお客様のうちの一人。むしろ記憶にも残らない可能性があります。二度と会わないのだから、と割り切った考えであれば実はVIO脱毛は意外と痛みもそこまで感じることなくすんなりと終えることができるものです。腕や足よりも施術時間が短いため、負担も少なく済みます。また日焼け防止の念入りな日焼け対策も不要のため、実はどの部分よりも脱毛しやすいものなのかもしれません。ただし、女性のデリケートゾーンは汚れやすいため施術前に汚れを拭き取るデリケートゾーン専用のウェットティッシュ等があると精神的にも安心です。

【VIO脱毛は痛い?】まとめ

VIO脱毛について長々と語ってしまいましたが、結論としてはVIO脱毛は痛みを伴います。ですが、多くの方が想像している程の痛みではありません。不安や緊張等で痛みは強く感じてしまいがちです。そのため事前に様々な方の口コミを情報として取り入れ、流れを確認しておくことで緊張もほぐれるのではないでしょうか。また、VIO脱毛を行う前に別の場所の脱毛を経験した後、顔馴染みのスタッフの方に施術をお願いするということもリラックスできる有効な方法です。サロン、クリニック、どちらもメリットとデメリットがあり自分に適した環境で施術を受ける必要があります。全身脱毛を経験した私は、若いうちに脱毛しておくと今後とても快適に過ごすことができています。定期的に通う必要がある脱毛は、結婚・出産前に完了しておかなければ理想の美ボディを手に入れることが難しくなります。

タイトルとURLをコピーしました