【VIOってどこ?】デリケートゾーン・アンダーヘアはどこまで脱毛する?

【VIOってどこ】デリケートゾーン(VIO)について

VIO どこ

VIOってどこ?Vラインの場所について

VIOとはいわゆる女性のデリケートゾーンに当たる部分を指す名称です。V・I・Oとは3カ所からなるデリケートゾーンの、それぞれの場所を表しています。
Vとはビキニラインのことです。VIOの中では最も聞き馴染みのある部位ではないでしょうか?
身体前面の腰から足の付け根の間部分の、その名の通りV字形の部分を指します。
アンダーヘアの見た目と清潔感、どちらをとっても女性にはすごく気になる部分ですよね。
排泄中や生理中に汚れたり、ナプキンで蒸れることもあります。また、下着からはみ出すことも嫌だなあと思いますよね。
そんな悩みを抱える方が多く、最近ではVラインを全てなくすよう脱毛する人も増えています。そのことを英語で衛生を意味するハイジーナ(hygiene)と呼ぶこともあります。

VIOってどこ?Iラインの場所について

Iラインは隠部の周りを指します。Vラインの延長上で、身体のちょうど真下にあたる部分ですね。
まっすぐ1本線に見えるため、アルファベットのI形でIラインと呼ばれます。
自分では目にすることのない部分で、粘膜が近いため自己処理も難しい場所になります。
ここも、Vラインと同じく排泄時や生理中に清潔感が気になる部分ですね。
普段は気にならなくても、面積の少ない下着や水着を着用する際には処理をする人が多い箇所です。
とても繊細な場所に当たるので、自己処理を行うよりも脱毛サロンでプロに頼むべき部位です。サロンスタッフはみなプロですので、恥ずかしがることはありませんよ。
普段友達にも相談しにくい場所ですので、Iラインで気になることがあれば施術時に合わせて相談してみるのもおすすめです。

VIOってどこ?Oラインの場所について

Oラインは、Iラインのさらに延長上、肛門周りを指します。VラインとIライン同様、アルファベットはその部位の形を表しています。
VIOと身体の前から後ろまでぐるっと繋がっているため、VIOと纏めての名称となっています。
Iラインと同じく目が届きにくく、粘膜が近いです。鏡で見ることも難しいため、更に自己処理が難しい場所ですね。
OラインもIラインと一緒に脱毛サロンで処理してもらうことを勧めます。IラインとOラインは皮膚が薄く敏感な場所のため、特に痛みを感じやすい部位となります。痛みに弱い方は、事前にサロンにしっかりと相談してください。
また、粘膜部分には光脱毛の照射ができません。全ての毛をなくすことが出来るのか、生えている位置によっては残ってしまうのかも教えてもらってください。ほとんどのサロンは契約時、もしくは初回脱毛時に教えてくれるので安心してくださいね。
どちらもVラインよりも面積が小さく毛質が薄いため、脱毛をする場合は比較的短い期間で終えることができます。

【VIOってどこ?】Vラインの範囲は・自己処理はどこまで剃る?

Vラインの範囲の決め方は?

一般的にVラインは両腰の付け根とIラインの手前までを繋いだ逆三角形にあたる広範囲を指します。しかし人によってアンダーヘアの生える量や範囲が違うため、脱毛が必要なVラインの範囲は個人差があります。
Vラインは世界的に関心の高い脱毛箇所になるため、仕上がりのヘアの形にも様々な名称があります。現状の毛穴の範囲や毛量を把握した上で、完成形の範囲を決めていきましょう。
また脱毛する場合は、一般的なVライン範囲を指すほか、Vラインを中心部分と両サイドで分けていたり、おへそまでVライン照射範囲であったり、サロンによって範囲指定がまちまちです。
自分がどの範囲まで脱毛したいかをしっかりと認識した上で、希望にあったサービスを提供している脱毛サロンを選びましょう。

サロンでのVライン脱毛・Vラインはどこまで剃る?

脱毛サロンにて範囲指定がある場合は、契約した料金内の範囲を剃ります。
全身脱毛を選んでも、VIOは対象外であったり、Vラインサイドのみ可能など、VIOに対する位置付けはサロン毎に異なります。重ねてにはなりますが、値段の大きな契約ですので、VIO脱毛を希望する方はしっかりと対象部位を契約前に確認してくださいね。
指定範囲がどこまでかわからない場合は、少し広めに剃毛していきましょう。剃り残しがあると追加料金が取られるサロンもありますので、狭く剃ると追加料金対象となる可能性があります。回数を重ねると、勝者部分のみ薄くなってきますので、だんだんと必要部分だけ剃れるようになってきますよ。
Vライン全体が範囲となる場合は、まずは全体を剃って毛量を減らします。次第に自分の好みの形に揃えていくと、剃毛している部分を脱毛処理してくれるサロンが殆どです。
毛量を減らしたり、毛質を変える必要がない場合は、初めから自分の好みの形に揃えていっても良いです。

サロンでVライン脱毛・何回くらい全剃りが必要?

Vラインは毛質が太く、毛量の多い部分のため、かなりの回数脱毛に通う必要があります。
個人差がありますが、完全に毛をなくす場合はおおよそ24回ほど、薄くするだけであれば12回も行えば良いでしょう。
これはサロンの脱毛機によっても差が出ます。
医療脱毛であれば痛みがありますが比較的少ない回数で済みます。サロン脱毛は光が弱いため、痛みはありませんが、その分回数が必要です。
また、一部の毛を残して形を整える場合は初めの数回のみ全剃りをして、残りは必要な部分のみ剃っていくこともできます。
初回1.2回目はまだアンダーヘアが多く硬いため、施術後の生えかけの状態ではチクチクして気になると思います。しかし、次第に毛質が柔らかくなり気にならなくなっていきます。

どうして全剃りが必要なの?

アンダーヘアを薄くボリュームダウンさせるためには、Vライン全体に満遍なく脱毛器を照射する必要があります。なぜなら、施術にばらつきがあったり剃り残しがあると、脱毛の効果が差が出てしまい、結果仕上がりがまだらになるからです。
せっかく脱毛をしたのに、アンダーヘアが薄いところと濃いところが点々としているのは恥ずかしくて嫌ですよね。
未来の清潔で美しい毛と肌のため、丁寧に全剃りの処理を行いましょう。
また、初めに全剃りをしてVライン全体を脱毛すると、次第にアンダーヘアが柔らかくなっていきます。こうなると、より脱毛の効果を早く感じることが出来るようになるため、脱毛の回数を減らし早く綺麗にするためにも効果的なんです。

毛質や毛量が変化してきたらVラインを理想の形に整える

先述のとおり、全剃りをしてVライン全体に脱毛器を照射すると、だんだんとアンダーヘアが柔らかくなり、毛も薄く細くなってきます。
ある程度回数を重ねて全体的に毛が薄くなってきたら、Vラインを理想の形に剃っていきます。一部を剃らずに残したままサロンに行くと、アンダーヘアが残っている部分は処置範囲から外されます。そのため、必ず全体の毛量や毛質が希望通りになってから形を整えましょう。毛周期によっては、数ヶ月後にまたアンダーヘアが全体的に生えてくる可能性もあるため、形を整えるタイミングはサロンに相談しながら行うことを勧めます。
また、自分の理想の形や、ヘアの生え方に合う形がわからない場合もサロンに相談してみましょう。見本の写真を持っているサロンも多いため、見せてもらうと仕上がり例がより明確にイメージ出来ますよ。

【VIOってどこ?】デリケートゾーン(アンダーヘア)のお手入れ方法は?

VIOケアの前には保湿クリームを塗る

デリケートな場所ですので、自己処理をする際は必ず保湿クリームを塗ってください。可能であれば、ホットタオルを当てたりシャワーを浴びるなど、肌を柔らかくしてから保湿クリームを塗りましょう。
特にIラインとOラインは粘膜の近くにあたるため、保湿クリームも刺激の少ない安全なものを選んでください。一度、腕などにつけて問題がないか確かめてから使用するとより安心です。
IラインとOラインは自分では見辛い場所になります。誤って粘膜に刃を当ててしまうと大変ですので、自分の前に鏡を置いて、しっかりと確認しながらゆっくりと剃るようにしてください。
脱毛サロンでは、IラインとOラインに関しては脱毛前に剃毛をしてくれる場所も多いので、事前に確認してお願いできるようであればプロにお任せするほうが良いですよ。安全かつ清潔に処理をしてくれます。

電気シェーバーで形を整える!カミソリや毛抜きはNG

全身の毛全てに共通することですが、毛抜きやカミソリは肌への刺激が強く素肌を傷つけたしまうばかりでなく、毛穴を刺激して毛をより太くさせてしまいます。特にVIOはデリケートで皮膚が薄い部分ですので、絶対に使用しないでください。
また、毛抜きやカミソリは毛周期を狂わせてしまいます。脱毛サロンは毛周期を計算して効率よく脱毛ができるよう、通うペースを考えてくれています。だサロンに通っている最中の方は、脱毛の効果も出にくくなります。万が一、使用してしまった場合は、サロンに相談してください。
VIOの自己処理は電気シェーバーで優しく丁寧に剃毛しましょう。
シェーバーの刃が錆びたり欠けてきた場合は、必ず刃を換えてから行なってくださいね。剃りが弱くなり、肌を傷付けるだけになってしまいます。

長い毛ははさみやヒートカッターでカットする

Vゾーンは特に未処理の場合は毛が長くなりますよね。その際は眉毛用のハサミやヒートカッターなどで短くカットするお手入れもおすすめです。
ヒートカッターとは、アンダーヘア専用のシェーバーです。刃先が細い櫛状になっており、その名の通り熱線によって除毛していく仕組みです。熱で柔らかくカットしていきますので、ハサミよりもチクチクせず柔らかい仕上がりにできます。取り扱いが非常に簡単で、安全に使用することができます。また、価格も数千円代のものが殆どで入手しやすいのも嬉しいです。
その後シェーバーを当てる際も、アンダーヘアが短いと楽に処理ができます。
また、剃る時間がない時にも、短くカットしておくだけで清潔感が保て、下着からのはみ出しも防ぐことができますよ。

【VIOってどこ?】アンダーヘアの人気の形は?

人気の形・逆三角形

アンダーヘアの仕上がりの形は本当にたくさんの種類があります。生活の中で必要な形や、好みの形を理解してVIO脱毛の最終目標を設定しましょう。
目標が見えてくると、道のりが長く大変な脱毛サロン通いがより楽しくなること間違いなしです!
逆三角形は、本来自然に生えている形をそのまま少し小さくしたような形になります。もっともナチュラルな見た目になります。またあまり形をいじらないため、完成までにもっとも時間がかからないことも特徴です。Vラインの形で一番初めに思いつくのが、逆三角形ではないでしょうか?
逆三角形は日本人には特に人気の高い形です。とりあえず整えたい方や、奇抜ではない万人受けを狙う方におすすめの形です。

人気の形・スクエア型

スクエア型はサイドのアンダーヘアを全て剃り落とし、真ん中部分を四角形に整えた形です。布面積が一般的な下着や水着の横から、毛がはみ出すことを防止できます。
股関節部分にかかるアンダーヘアがなくなるため、下着と擦れることを防止できる他、肌の黒ずみもなくなります。このくらい少なくすると肌にも良い効果が見られます。
けれど逆三角形に次いで、ある程度は毛が残っているため、温泉で人の目が気になるということもありませんよ。長方形を作るように本当にサイドだけを処理することもありますし、正方形を作るようセンターの上部まで処理することもあります。お気に入りの下着や水着の形に合わせて、どこまで処理するか事前に決めると安心ですね。

人気の形・全処理

そのとおり、アンダーヘアを全てなくした状態のことです。脱毛の回数はかなりの数がかかりますが、もっとも清潔な状態で、一切の肌トラブルを感じることもありません。
日本人は温泉などで他人に見られることを躊躇する方もいるかもしれませんね。けれど、海外では昔から特に人気の状態で、高校生から全処理の完了に向けて脱毛を行う人もいれば、両親や恋人からハイジーナ脱毛をプレゼントされることもあるくらいなんですよ。
VIO脱毛が浸透してきた最近では、かなり日本人にも受け入れられてきています。今後の手入れが一切必要なく、生理ナプキンや紙オムツでも蒸れることがないため、将来介護をされる場合に備えてハイジーナ脱毛を行う方も増えてきました。

人気の形・細逆三角形

逆三角形の面積を狭くしたり、スクエア型の下の部分を削って、細い縦長の三角形にした状態です。より面積の狭い下着や水着を着こなすことができます。
形説明からも分かる通り、逆三角形とスクエア型にしているも、後からこの形に変更することも出来ます。
派生として、上部を剃ってハート型やダイヤ型にしたり、上部をすこし幅広くとった扇型や、上下共に丸くしてオーバルと呼ばれる楕円型にするなど凝った形にすることも可能です。細逆三角形は派生も合わせて、すべて可愛さを重視した形となります。特に近年急激にカットの種類が増えて、人気上昇中の形です。目標とするアンダーヘアが完成した暁には、お友達や恋人に披露したくなる人もいるかもしれませんね。

人気の形・I型

センター部分のみ指一本から二本分ほど残す形です。スクエア、細逆三角形よりも面積が少なく、全処理に続いて清潔感を保てます。
指一本ほどI型に残すことをワンフィンガー、指二本をツーフィンガーと、面積によって名称を変えることもあります。
I型は細逆三角形同様、実用性はもちろん、ファッションとしても人気の形です。
ファッションアンダーヘア全てに共通することですが、毛の長さを常に短く保つとより綺麗に見えます。逆に、形取った部分以外の剃り残りのポツポツ毛穴や短い毛が生えていると、途端に可愛くなくなってしまいます。
しっかりと脱毛するか、処理をさらに丁寧に行う必要のある形です。面倒くさがりのかたには向きませんが、こだわりさんや、処理を楽しんで出来る方はぜひ挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました