【妊娠中の脱毛】妊婦はサロン脱毛できる?赤ちゃんへの影響は?

妊娠中の脱毛について/妊娠中の母体の変化は?

妊娠中の脱毛

妊娠中に起こりやすい体の変化は?

人を一人生み出すのですから妊娠出産というのは女性にとって一大仕事、だからこそ母体には様々な変化が訪れます。ドラマや漫画などでお馴染みのつわりはほんの一例、人それぞれいくつもの症状が現れるものの大半は出産後には消失してしまうでしょう。
つわりも吐き気がするだけでなく、食欲が無くなったり逆にある一部食材のみやたらと食べたくなる方もいます。つばが出てくる場合もあり千差万別なのです。
胎児に栄養として取られるため、貧血などの症状が出ることもあります。お腹の中に大切なものが入っているがゆえにやたらとイライラしたり涙もろくなったり、精神面に影響を及ぼすことも、高温期が続くことから微熱に苦しむこともあるそうです。

妊娠中は肌が敏感で不安定になりやすい?

妊婦さんの多くがお肌の変化も感じているそう、ホルモンバランスの乱れで荒れてしまうというわけです。
ニキビが出やすくなった・乾燥して粉を拭いてしまう・ちょっとした刺激でかぶれたりかゆみが出てきて困る・シミや黒ずみが増えたなどトラブルの内容も人それぞれ、妊娠を維持するための黄体ホルモン・プロゲステロンがお肌のターンオーバーを鈍らせてしまうがゆえに起こりやすいのです。日頃以上に紫外線などの刺激を避け、この期間に新しい化粧品を試すのは避けた方が良さそうです。

プロゲステロンは子宮だけでなく胃腸の働きも鈍くする働きを持っているがゆえに便秘にも悩まされやすく、体内の老廃物が出ていかないがゆえの原因もあるのです。
妊娠中は脱毛サロンは避けた方が身のため、とはいえせっかく予約して利用を始めたばかりなのにと勿体なく思ってついつい続けてしまう方も、それならおすすめは休会制度のある脱毛サロンを利用すること、妊娠期間中は休んでしまうのです。落ち着いたら通い始めればいいだけの事、旦那さんだって素敵なお母さんは大好きなはずです。ですからある程度落ち着いてまた通うこと、きっと賛成してくれるはずです。無理をして何かあった場合に公開するのは勿体ないことです。意外と我慢する期間はアッというまに過ぎてしまいます。もしかしたら剛毛も今だけなのかも、だから気にしない事です。母として頑張って子を守っているのだと思うしかありません。

妊娠中はムダ毛が濃くなる人が多いって本当?

ホルモンバランスの影響は体毛にも、腕や足など濃くなる場合も多いです。お腹周りに渦を巻いている姿にショックを受けている方もいるかもしれませんが、色素細胞のメラノサイトが刺激されて身体全体にメラニン色素が沈着して濃く見えるだけだったりします。この期間はお肌も敏感ですから処理するのは出来れば避けた方が良い事、出産してホルモンバランスが元通りになれば体毛も落ち着くので仕方のないことです。お腹周りなどは特に赤ちゃんを守るために身体が頑張ってくれていると受け止めるしかありません。月に1度か2度のペースで検診があって見られ恥ずかしく思えてしまいますが、結構当たり前のことなので医者も、なんとも思っていません。

妊娠中は脱毛NG?母体や赤ちゃんへの影響は?

妊娠中の脱毛で母体への影響はある?

ママになってもやっぱり女子、濃いムダ毛は恥ずかしいと思う心も当然、ただ母体に影響を及ぼすのではと我慢してストレスを溜めるのも避けた方が良い事、実は直接的に母体に関係はないので正しい施術で丁寧に行うのであれば脱毛だって出来ます。お肌が敏感になっている・痛みを感じやすくなっているという時期ゆえに避けた方が良いのは当然ですが、妊婦だから・母体に影響するからと100パーセントどこのサロンでも施術を断っているわけではないので、自己処理で肌トラブルを起こすよりはそういうお店を探してみる方が良いかもしれません。もちろん妊婦への施術件数の多い信頼できるサロンを選ぶこと、何かあった場合に後悔しないようすることです。

妊娠中の脱毛で赤ちゃんへの影響はある?

自分以上に気になるのが赤ちゃんへの影響、綺麗になるためと妊娠中に脱毛をしたことで奇形児など生まれてきてしまっては困ります。直接害をなさないのは赤ちゃんにとっても同じです。光を照射したりといった施術で影響するのはお肌の表面のみ、その中にいる赤ちゃんにまでそれが関係してくるようなことは無いのです。
ただ、すでに大きくなったお腹で無理な体勢をしていると負担は大きいです。寒さなどのストレスもあり、それが間接的に赤ちゃんの生育や出産に影響を絶対に及ぼさないとも言い切れなかったりも、脱毛を我慢してのストレスと、施術を行って障害がある子供が生まれてきてしまった場合の後悔をはかりにかけどちらを選ぶかは自由です。

妊娠に気づかずに脱毛をしてしまったけど大丈夫?

基礎体温を付けている・妊活しているというならば、高温期が続いていることでもしかしてと分かるかもしれませんが元々の生理周期が不安定だったり特に記録したり気に掛けていなければ、つわりなどの症状が出てくるか実際にお腹が膨らんでくるまで妊娠に気が付かないという方は多いのです。どの段階で分かるかは人それぞれ、それで慌てて前日までの行動を振り返り、お酒や薬を知らずに飲んでしまったけれど大丈夫なのだろうかと焦ってしまうことでしょう。運動する方・バリバリ働いている方などは特に焦りは大きかったりも、でもその程度は想定内であんがい胎児は強いもの妊娠に気づかないまま施術を受けてしまったからと青くなる必要はありません。

妊娠中でも脱毛できる部位はある?

妊娠中のワキ脱毛はOK?

妊娠中に脱毛しても、母体や赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。そのため受けることは可能、ただし多くのサロンでは断られることでしょう。何しろお肌が敏感になっている時期ですから、肌トラブルが起こる可能性は高いです。脇脱毛の場合はあおむけで施術中の腕を上げたままという体勢を取るので、お腹に負担が大きいのです。寒さで風邪を引いてもやっかいです。
メラニン色素が増加し色素沈着しやすい時期だけに、紫外線を普段以上に避けた方が良いはず、なので脇が見えるような服装はせず夏場であっても薄手のカーディガンを羽織るなど対策を取った方が良いです。そうなると脇のムダ毛が見える心配はなし、この期間は休んだ方が賢明です。

妊娠中のVIO脱毛はOK?

お肌が敏感な時期、特にデリケートゾーンとも呼ばれるVIOラインは避けた方が良いでしょう。ホルモンバランスの乱れで剛毛になっているかもしれませんが、今だけと出産後に行うべきです。
それ以上におすすめなのが、妊娠前の脱毛です。毛が濃くなるとその分、汗なども溜まりやすくなり不潔な状態が作られがちです。お腹が大きくなってくればトイレの後や入浴中などにきれいに洗うのが難しく、そうすると菌が更に増えやすくなるでしょう。出産時に会陰部を切った・あるいは切れたことで傷口もあり、その部分は出来る限り清潔な状態を保ちたいものです。だからこそ事前に不必要な毛は処理しておくこと、そうすれば安心して出産に望めるでしょう。

妊娠中の顔脱毛はOK?

妊娠中の脱毛は避けた方が身のためです。お肌が敏感になっているので、普段よりもトラブルが起こりやすい状況なのです。化粧品だって新しい製品を試すのを避けた方がよく、安全性が高い余計なものが入っていない無難なものを使用するようにした方が良い時期です。
とは言え、顔のムダ毛は衣類などで隠すわけにもいかず女性としてはどうにかしたいものです。毎月の検診に母親学級・ママさん水泳教室など他の方と顔を合わす機会も多かったりして、それなら自己処理するよりもプロに任せた方が安心です。施術前後に保湿をしてくれたりとケアも万全、トラブルが起こりにくいのです。いつも通り毛抜きやカミソリでやってて、何が起こるか分かりません。

安定期や授乳中でも脱毛はNG?

どうしても脱毛したいというなら、安定期が良いでしょう。お母さんの体調も落ち着きますしお腹の赤ちゃんも安定しています。ただしこの時期に入るとすでにお腹も大きくなり始めているはず、不安定な体勢を続けるのは避けて途中途中に休憩を入れてもらうことです。この時期こそエストロゲン・プロゲステロンと女性ホルモンの分泌が盛んになっているのでいつになく毛は濃くなっていますが、これは一過性のものです。どうせ出産後は落ち着くので放っておいた方が賢明だったりします。
出産後もすぐにホルモンバランスが落ち着くのではなく、しばらくは不安定な状況が続きます。おお仕事をした後ですから身体もくたくた授乳期もまだ脱毛は避けた方が良いでしょう。

妊娠中の自宅での脱毛について

妊娠中の自宅でのムダ毛処理はどうすればいい?

妊娠中、サロンに行って施術してもらってというのは大変ですし何よりこの期間はお断りというところが多いです。それなら自宅で処理するしか無し・少しでもお肌に負担の少ないやり方でやるしかありません。具体的には、ワックス・除毛クリーム・毛抜きなどを避けること、カミソリなどが最適です。クリームを使ってすべりを良くし、施術後は綺麗に洗い流した後に保湿クリームをたっぷり塗り込むなどビフォーケアからアフターケアまで込みで丁寧に行いましょう。普段は特にトラブルが起こったことは無いから大丈夫と安心してはダメ、通常とはお肌の調子は違っているものとすることです。出来ればその期間は避けて我慢すること、赤ちゃんと自分のために仕方がありません。

脱毛器のケノンは妊娠中でも使える?

ワックス・除毛クリーム・毛抜きなどと共に避けた方が良いのが脱毛器です。家庭で使えるケノンは便利でむしろサロンにいかずこちらを使用しているという方も多いです。家庭用とはいえ最近の機器は機能性が抜群、お値段もお得でいつでも施術できると人気が高いのです。そんな脱毛器のケノンもまたお肌への影響が少なくはないのです。ホルモンバランスが乱れて敏感な肌に使用するのはあまり良いとは言えません。どうしてもというならカミソリ同様に照射後は保湿を徹底することです。更にはまずは目立たないところでパッチテストのごとく試してみること、それで問題なさそうだったら初めて使用するのです。手軽にできるからとやっていると危険です。

脱毛サロンの妊娠中の対応について

休会制度のある脱毛サロンを紹介します

妊娠中は脱毛サロンは避けた方が身のため、とはいえせっかく予約して利用を始めたばかりなのにと勿体なく思ってついつい続けてしまう方も、それならおすすめは休会制度のある脱毛サロンを利用すること、妊娠期間中は休んでしまうのです。落ち着いたら通い始めればいいだけの事、旦那さんだって素敵なお母さんは大好きなはずです。ですからある程度落ち着いてまた通うこと、きっと賛成してくれるはずです。無理をして何かあった場合に公開するのは勿体ないことです。意外と我慢する期間はアッというまに過ぎてしまいます。もしかしたら剛毛も今だけなのかも、だから気にしない事です。母として頑張って子を守っているのだと思うしかありません。

キレイモの休会制度について

妊娠中の脱毛はNGのキレイモ、卒乳後に再開するしかありません。他のサロンと違って休会という制度はなく中途解約がベストです。手数料も解約金も違約金も必要ありません。すぐにコールセンターに連絡すること、月額制の場合、急がないと施術を受けてはいないにも関わらず1回分の料金を支払わなければならなくなります。
回数パックプランの場合は保証期間を確認すること、最大で2年の保証がされているので卒乳後に脱毛を再開することは可能です。

銀座カラーの休会制度について

銀座カラーは、休会制度に期限が無く、安心してサロンに行けるまでゆっくり休むことができるようです。
また、休会する際はコールセンターに連絡して休会する理由を説明すれば休会可能のようです。
もし、不安であればその際に色々質問してみてもいいかもしれませんね。

ミュゼの休会制度について

脱毛を希望する方というと大半が20代・30代、ですから就職や結婚・出産と人生の転機と重なる可能性が高いのです。だからこそミュゼでは休会制度が設けられています。
妊娠期間はもちろん授乳期間も脱毛を受け付けておらず、出産・授乳後の生理が2回以上順調に来ていることが再開の条件です。回数無制限のコースだと何年相手も再開することが出来るので、安心して子育てに集中することが出来ます。電話だけで手続きできる手軽さもメリットです。

シースリーの休会制度について

シースリーは休会制度は無く、月額で支払いが続きますが、満額に達した際に、無期限で施術を行なってもらえるようで、結果的にお金はかかりますが、損をする事はないようです。
安心して通えますね。詳しくもっと知りたい方は、連絡してみてください。きっと丁寧にサポートしてくれます。

出産後はどのくらいの期間で脱毛再開できる?

母乳が止まり、整理が2〜3回来てからが多いようです。

妊娠中は、子供に栄養がとられて、肌が荒れるのは事実の様です。また、ツワリ等で、栄養がうまく摂取できない、精神が不安定になりなかなか寝付けない等が原因とも言われている様です。不安が多い様なら、産婦人科で相談もいいですが、心療内科を受診して心のケアを行うのもいいかもしれません。実は妊婦さんでも飲める精神安定剤等もあるようです。ですが、中には血圧を上げてしまう副作用のものもあるようなので、注意が必要です。

妊娠中の無駄毛は女性ホルモンの低下から起こるようです。ですが、除毛液等は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるらしいので、使用する除毛液、除毛クリームの注意事項をしっかり確認して使用する事が大事です。女性では、妊娠中の無駄毛処理は剃って対応する方が多いようです。たしかに、1番安全で胎児にも悪影響が少ない方法かもしれませんね。

妊娠中の脱毛についてまとめ

基本的には剃るのが1番だとおもいます。
もしそれが嫌なら、妊娠する前に永久脱毛するか、病院と相談して、刺激や悪影響の少ない除毛液を使用する事をお勧めします。
そしてやはり、基本的に脱毛自体がNGのようです。
ただ、つわりがあまり無い等、しっかり食事が出来ていて、睡眠もとれており、体力的に問題なければもしかしたら使用できるのかもしれません。
みなさん、体質は様々だとおもうので、自分に合ったやり方を選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました