【ミュゼの解約】解約方法を紹介します!途中解約で返金はある?違約金は?

ミュゼの解約・解約方法や返金・違約金について紹介します!

 

ミュゼの解約について

 

 

「せっかく脱毛を始めたけど、高くて続けられないから解約したい!」

「思うように予約が取れないから解約しようかな・・・。」

ミュゼではお客さん側の事情で解約をしても、解約手数料や違約金などは一切かかりません。

多くの脱毛サロンでは違約金や解約手数料が発生して、解約をするのも躊躇してしまいます。

でも、ミュゼではムダなお金を払わずに途中解約することができます。

このページではミュゼの解約方法や返金制度などについて詳しく紹介しているので、よかったら参考にして頂けると嬉しいです☆

 

このページで分かること

☑ ミュゼの解約方法と流れについて

☑ ミュゼの返金制度について

☑ クーリングオフの利用方法について

 

 

 

ミュゼの解約・解約方法と解約の流れ

 

ミュゼの解約手続きはコールセンター「コンシェルジュデスク」に電話をすることから始まります。

 

ミュゼコンシェルジュデスク

電話番号:0570-082489

営業時間:9時~18時(定休日なし)

 

 

解約の流れ

1) コールセンター(コンシェルジュデスク)に電話

2) 契約店舗で解約手続き

3) 未消化分がある場合は返金

 

 

ミュゼの解約手続きは契約店舗で行う

 

ミュゼコンシェルジュデスクに連絡をして解約手続きを行う日を決めて予約を入れましょう。

予約日に契約した店舗に行き解約手続きを行います。

ミュゼの解約手続きに持ち物が数点あります。

 

☑ 契約書

☑ 印鑑

☑ 通帳(現金払いの方)

☑ クレジットカード(クレジットカード払いの方)

 

契約書をなくしてしまったという方もいますよね・・・でも大丈夫!

事前に契約書をなくしてしまった旨をコンシェルジュデスクに伝えておきましょう。

また、ミュゼは契約した店舗でのみ解約手続きを行うことができます。

途中で引っ越しをしたなどの理由で契約店舗に行くのが難しい方は、コンシェルジュデスクで相談をしてみてくださいね。

 

 

 

ミュゼの解約理由・自己都合でも解約できる?

 

「ぜんぜん予約が取れないから辞めたい!」

「支払いが大変で続けられない・・・。」

「他のサロンのプランのほうが魅力的!」

ミュゼの解約理由もさまざまだと思います。

自己都合でちゃんと解約できるかな??と心配な方も多いと思いますが、ミュゼは解約に関してとても良心的だなと思います。

ミュゼは、自己都合であっても解約理由に関係なくスムーズに解約することができますよ☆

 

 

ミュゼの解約理由・引き留めはない?

 

解約の時に心配なことって、引き留めに合わないかななどですよね・・・。

自己都合で解約すると引き止められて辞められないんじゃない??って心配になりますよね。

ミュゼの場合は、解約の前に必ずコンシェルジュデスクに連絡を入れます。

現在通っている店舗のスタッフだと解約のことを伝えにくいし、引き留められてしまうかもしれません。

でも、コンシェルジュデスクを挟むことでスムーズな解約をすることができます。

ミュゼの解約に関する口コミでは、コンシュルジュデスクのスタッフはもちろんのこと、店舗のスタッフに引き止められた・・・とか、辞めることができなかった・・・などの口コミは見当たりません。

実際にミュゼを解約したユーザーの口コミでは、引き留めを心配していたけど、あっさりと解約できて逆にびっくりしたなどの方が多いですよn。

他サロンでは、解約は店舗スタッフに申し出るケースが多いのですが、ミュゼのようにコンシェルジュデスクを挟むことで解約のトラブルを減らすことができるのかなと思います。

 

 

 

ミュゼの解約・返金額は?どのくらいの期間で返金される?

 

ミュゼの解約はスムーズにできることを説明しました。

しかし、かなりの回数分が残っているとしたら返金はどうなるの?と心配になりますよね。

多くのサロンでは、解約の際には解約金や違約金、手数料などの形で請求されてしまい、実際の返金額は少なくなってしまいます。

ミュゼの返金額の計算方法は、他サロンとは異なりとてもシンプルです。

では、ミュゼの返金額の計算方法について紹介しますね。

 

 

 

ミュゼ解約時の返金額について・計算方法

 

ミュゼの返金額の計算方法はすごく簡単☆

契約の残っている回数分がそのまま返金額になります。

手数料もかからないので、だいたいどのくらい返金額になるのか事前に分かりますね。

 

返金額の例・全身脱毛6回コース(デイプラン)の契約の場合

通常価格 321,600円
アプリダウンロード価格 160,800円
施術回数 3回
残りの回数 3回
解約時の返金額

 

契約金額160,800円のコースの場合、1回当たりの費用は26,800円です。

3回施術すると、26,800×3回=80,400円になります。

契約金額160,800円から80,400円を引くと、残金は80,400円になります。

ミュゼでは解約時に手数料などは一切かからないので、残りの回数分80,400円が全て返金されます。

 

 

返金されないケースもあるの?

 

ミュゼの返金は、どんなに少額の契約であっても残金分が返金されます。

ミュゼのコースの中で一番少額の、100円脱毛(両ワキ+Vライン脱毛6回コース)でも、途中で辞めると残りの回数分の料金が返金されます。

お得なキャンペーンを利用したコースであっても返金の対象です。

多くのサロンでは、キャンペーンでの契約に関しては返金がなかったり、手数料などでほとんど返金されないケースが多いです。

もし解約になったとしても、返金がしっかりされることが事前に分かっていれば安心して脱毛を始めることができますね☆

 

 

当日キャンセルとみなされる分は返金されない

 

ミュゼは残りの回数分が返金対象になると説明しました。

しかし、もし当日キャンセルに該当する場合は、その回数分は返金の対象になりません。

ミュゼでは、予約の変更やキャンセルは「お手入れ開始時間の24時間前まで」となっています。

 

当日キャンセルに該当したお手入れ分は返金はありません。

お手入れ開始時間の24時間を過ぎたご予約の変更・キャンセルは「当日キャンセル」となります。
「当日キャンセル」に該当するお手入れは、そのお手入れ分が消化されたものとみなされ、解約時の返金対象になりません。

以下の場合は、当日キャンセルに該当します。

・お手入れ開始時間までにご来店がなかった分のお手入れ

・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎた変更・キャンセルを行った分のお手入れ

※問うサロンの起因による過失によってご予約どおりにお手入れができない場合は、当日キャンセルには該当いたしません。

ミュゼ公式サイト

 

 

回数保証成語により、お手入れは受けていただけます

当日キャンセルに該当したお手入れ分については、回数保証制度により契約期間内のお手入れはお受けいただけます。

語訳の変更・キャンセルは会員サイトからお手続きください。

ミュゼ公式サイト

 

施術開始時間より24時間以内のキャンセルは当日キャンセルに該当しないという処置は、すごく良心的ですね。

サロンにもよりますが、予約日の3日前までのキャンセルが必要などルールが厳しいケースもあります。

ミュゼの予約の変更・キャンセルは、会員サイトから24時間行うことができます。

もし、予約の変更やキャンセルが必要になったら早めにWEBで手続きをしましょう。

 

 

 

ミュゼの解約/クーリングオフする方法は?

 

脱毛って最初にまとまったお金がかかりますよね。

契約してみたものの、家に帰って良く考えたらやっぱり辞めたい・・・そんなこともあると思います。

ミュゼに限らず、エステやサロンの契約ではクーリングオフという制度を使って解約をすることができます。

 

クーリングオフってなに?

クーリング・オフは、いったん契約の申込みや契約の締結をした場合でも、契約を再考できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申込みを撤回したり、契約の解除をしたりできる制度です。
クーリングオフ・国民生活センター

 

脱毛サロンは、特定商取引法(特定継続的提供)によりクーリングオフの対象になります。

しかし、クーリングオフできる期間が定められているので注意が必要です。

脱毛サロンの場合は、契約日から8日間はクーリングオフをすることができます。

契約日は、申込書面または契約書面のいずれか早い方を受け取った日から計算するので、手元の書類を確認しましょう!

また以下のような条件があるので確認してくださいね。

 

 

クーリングオフの条件は?

 

ミュゼ(脱毛サロン)の契約をクーリングオフする場合は、次の条件を全て満たしている必要があります。

 

☑ 契約日(申込書または契約書の早い方の日付から計算する)から8日以内

☑ 契約金額が50,000円以上

☑ 契約期間が1か月を超える

 

クーリングオフの条件では「契約日からの日数」「契約金額」「契約期間」の3つがあります。

ミュゼの100円脱毛(両ワキ+Vライン脱毛コース)や少額のキャンペーンコースなどは、契約金額がクーリングオフの条件に満たないため、クーリングオフできません。

また、契約日とは「契約した日を1日目」として計算するので注意しましょう。

 

 

 

ミュゼの契約をクーリングオフする方法

 

ミュゼで契約したものの、やっぱり解約したい!という場合は、契約から8日以内であればクーリングオフすることができます。

ミュゼでクーリングオフする方法は2つあります。

 

☑ ミュゼ コンシェルジュデスクにクーリングオフの旨を電話する

☑ 契約解除通知書を送付する

 

 

コンシェルジュデスクに電話をした場合でも、クーリングオフは必ず書面で行う必要があります。

クーリングオフができる期間内(8日以内)に通知する必要があります。

クレジットカードを利用した場合は、ミュゼのクーリングオフ係(〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア19階 株式会社ミュゼプラチナム クーリング・オフ係)とクレジットカード担当部署に同時に通知をします。

はがきでの送付が簡単です。

はがきは必ず両面をコピーして保管しましょう。

送付方法は、「特定記録郵便」または「簡易書類」など、送付の記録が残る方法で行い、コピーや送付の記録は一緒に保管しておきましょう。

 

 

クーリングオフ通知はがきの記載内容

 

☑ 契約年月日

☑ 契約コース名

☑ 契約金額

☑ 契約した店舗名

☑ 契約書に記載のある担当者名

☑ はがきの記入年月日

☑ あなたの住所

☑ あなたの氏名

 

 

国民生活センターによると、クーリングオフを拒否する会社もあるようですが、そもそもクーリングオフは無条件で行うことができる消費者の権利です。

ミュゼのような大手のサロンでは、クーリングオフの制度に則り、適正に対処してくれるので、もしクーリングオフ期間内であれば心配せずに手続きをしましょう。

 

 

 

ミュゼの公式サイトをみてみる

ミュゼ公式サイトをみてみる

 

 

 

 

関連記事:【ミュゼの口コミ】効果は?美容脱毛サロン・ミュゼの良い評判vs悪い評判

関連記事では、ミュゼに実際に行ったユーザーの本音の口コミを多数紹介しています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました