【メディオスターNext PROの効果】ヒゲやVIOに効果ある?回数・期間・痛みについて

【メディオスターNext PROの効果】ヒゲやVIOに効果ある?回数・期間・痛みについて

メディオスターNext PROの脱毛効果の仕組みについて

メディオスターの効果

メディオスターNext PROとは?/蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器です

メディオスターNext PROとは日本の脱毛クリニックで利用されている脱毛器のひとつです。蓄熱式ダイオードレーザーを採用しているため従来の物に比べて痛みが少ないのが特徴で、医療脱毛業界で期待の最新機と言われています。

蓄熱式ダイオードレーザーの注目すべき特徴はメラニンに作用しなくてもムダ毛を処理できる点です。そのためメラニンをほとんど含まない産毛や白髪も処理できます。また、肌へのダメージが少ない点も大きなメリットです。敏感肌の方でも安心して施術を受けられます。

ダイオードレーザー搭載の脱毛器は蓄熱機とショット(熱破壊)式の2種類があります

ダイオードレーザーを採用した脱毛器は「蓄熱機」と「ショット式」の2種類あり、それぞれ特徴が異なります。蓄熱機は熱を蓄えて一定範囲に一度にレーザーを放射するタイプです。1回の照射で広範囲のムダ毛を処理できるため肌に与えるダメージを減らしたり、施術時間を短くできるメリットがあります。ショット式はムダ毛のメラニンに作用して熱処理するタイプの脱毛器です。黒毛には高い効果を発揮しますが白髪や産毛といった色素の薄いものには効果が期待できません。

蓄熱式レーザー脱毛器のメリット/ショット式レーザー脱毛器に比べて痛みが大幅に少ない

蓄熱式レーザー脱毛器が注目されるのは従来のショット式に比べると痛みがほとんど感じないためです。痛みが無いわけではありませんが電熱器に肌を近づけたときのような熱さを感じる程度で身をのけぞるような激しい痛みはありません。蓄熱式レーザー脱毛器の痛みが少ない理由は強いレーザーを照射しないためです。ムダ毛を熱で焼いて処理する代わりに発毛を促す器官の機能を停止させるため、高熱による痛みを受けずに済みます。蓄熱式ならレーザーを照射する度に感じられた強い痛みとサヨナラできます。

ショット(熱破壊)式レーザー脱毛器のメリット/蓄熱式レーザー脱毛器に比べて即効性がある

ショット式はムダ毛のメラニンに直接作用して処理するため、すぐに脱毛の効果を確認んできるのがメリットです。脱毛施術を受けたのに肌の感じがまったく変わらなかったら不安になる方もいます。とくに初心者の方は騙されていないか不安になるでしょう。ショット式なら施術後にムダ毛がポロポロ抜け落ちるのを確認できます。脱毛の効果が出ているのをその目で実感できるでしょう。蓄熱式レーザー脱毛器には、これほどの即効性は期待できません。

メディオスターNext PROの脱毛の仕組み/バジル領域を破壊することで毛の成長を抑制します

メディオスターNext PROは従来とは異なる仕組みでムダ毛を処理しています。これまではムダ毛を生み出す毛母細胞にレーザーを照射することで熱的に組織を殺して処理していました。しかしメディオスターNext PROではバルジ領域と呼ばれるスペースにある発毛組織を熱的に処理することで発毛を抑制します。直接ムダ毛を処理するわけではないので、今生えているムダ毛がすぐに抜け落ちることはありません。代わりに今生えているムダ毛が抜け落ちた後、ムダ毛が生えてこなくなります。

バジル領域って何?

バルジ領域とは毛乳頭などの毛に関連した器官のひとつで、発毛を促す命令をだしていると言われています。ここ最近になって存在が分かった器官であり、その働きの全てが分かったわけではありませんが、バルジ領域が発毛に深く関係しているのは間違いありません。蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器が照射するレーザーが作用するのは、このバルジ領域です。毛乳頭に比べて皮膚に近い位置にあるため弱いレーザーでも熱を加えて機能を停止させられます。

メディオスターNext PROとその他のダイオードレーザー搭載脱毛器の比較

 

項目 メディオスターNext PRO ライトシェアデュエット ベクタス
波長の種類 2種類 1種類 1種類
脱毛法式 蓄熱式ダイオードレーザー ショット式ダイオードレーザー ショット式ダイオードレーザー
痛み

 

 

関連記事:【医療脱毛の機械】レーザー脱毛器の種類の違いを比較/特徴や期待できる効果

関連記事ではレーザー脱毛器の種類とそれぞれの違いや特徴について詳しく紹介しています。レーザー脱毛器の種類と脱毛効果についてまとめました。

 

 

メディオスターNext PROの特徴/効果やメリット、デメリットについて

メディオスターNext PROのメリット1・蓄熱式レーザー脱毛器のため痛みが少ない

メディオスターNext PROが人気になった理由のひとつでもある魅了的なメリットは痛みが少ないことです。蓄熱氏レーザー脱毛器ですから照射されるレーザーがショット式に比べて格段に弱くなっています。レーザーの出力を抑えられる秘密は熱処理する対象がバルジ領域であるためです。バルジ領域は比較的浅い位置にあるためレーザーの出力を上げなくても熱を加えることができます。弱いレーザーですから肌や周辺の組織にダメージを与えることがほとんどありません。

メディオスターNext PROのメリット2・2種類の波長を照射できるため産毛や細い毛などどんなタイプの毛質にも効果的

メディオスターNext PROは照射できるレーザーの波長を切り替えることができます。この機能によりバルジ領域の位置が脱毛箇所によって違っていても常にベストな波長を選べます。メラニンに作用する従来の脱毛器は1つの波長しか利用できませんでしたから、メラニンがほとんど無い産毛などは処理するのが困難でした。しかしメディオスターならバルジ領域に作用することでメラニンの薄いタイプの毛も全て処理できます。剛毛や細い毛も問題ありません。

メディオスターNext PROのメリット3・メラニンへの反応が弱いため色黒肌や日焼け肌にも使用できる

メディオスターNext PROはムダ毛を処理するのにメラニンに作用する方式は使いません。代わりにバルジ領域に熱を加えて発毛器官を機能停止にします。そのためメラニンが多く含まれる色黒の肌や日焼け肌でも問題なく脱毛できます。これまでの脱毛器はメラニンに作用するレーザーを照射していたため、色素の濃い肌やほくろなどまで熱してしまう欠点がありました。日焼け肌の方が医療脱毛を断られるのは、このためです。メディオスターNext PROなら肌の色に関係なく脱毛が可能です。

メディオスターNext PROのメリット4・強力な冷却システムにより肌トラブルのリスクが低い

脱毛で問題になるのは肌の炎症です。刺激が少ないタイプの脱毛器でも炎症を一切起こさないことはできません。レーザーが肌を通り過ぎる際に必ずダメージが残ります。そのため施術後は迅速にスキンケアを行って炎症を抑えることが求められました。メディオスターNext PROはレーザーを照射しながら肌を冷やことができますから炎症を最小限にすることが可能です。これまで施術後に行っていたスキンケアの一部を施術中に行えます。

毛嚢炎のリスクが低い

メディオスターNext PROの照射するレーザーは出力が弱いため肌に与えるダメージが少なく、毛嚢炎などの酷い炎症を起こすリスクが低くなっています。毛嚢炎は毛穴の中の皮膚が炎症を起こし、そこから黄色ブドウ球菌などの雑菌が侵入することで激しい炎症を起こす症状です。人によっては熱を出すこともある大変な病気です。ショット式の脱毛器など出力が強い脱毛器では毛乳頭を熱処理する際に周囲の組織を傷つけることがあり、それが原因で毛嚢炎を引き起こすことがありました。出力の低いメディオスターNext PROなら毛嚢炎を起こすリスクはほぼありません。

敏感肌でも安心して使用できる

医療脱毛は照射するレーザーが強力なため肌荒れを起こしやすい敏感肌の人は利用できませんでした。しかし、メディオスターNext PROの蓄熱式ダイオードレーザーは出力をグッと抑えてありますから敏感肌でも問題無く脱毛施術が可能です。メラニンには一切作用しないので肌が地黒で敏感肌の方も一般の利用者と同じように脱毛できます。毛穴にダメージを与えることもないですから、ニキビができやすい方も安心です。肌トラブルで脱毛を控えてきた方にこそ、おすすめの脱毛器です。

施術後に肌の赤みや腫れが出にくい

メディオスターNext PROは肌の炎症の原因になるレーザーの出力が従来のもより大幅に抑えられています。そのため肌に与えるダメージが少ないです。仮に炎症が起きたとしても軽い症状で済むでしょう。さらに照射しながら肌を冷却する機能が備わっていますから、施術をしながら肌荒れをケアできます。スキンケアは早く行えば、より高い効果が期待できます。肌荒れケアをしながら施術ができるメディオスターNext PROは数ある脱毛器のなかでもトップクラスに肌にやさしい製品と言えるでしょう。

メディオスターNext PROのメリット5・照射ポイントがメラニンではなくバジル領域なので毛周期に関係なく短期間での施術が可能

これまでの脱毛はムダ毛を直接処理するタイプだったため、ムダ毛がある程度伸びないと効果的な脱毛ができませんでした。肌の状態に問題が無くてもムダ毛伸びるまで施術を待つ必要があったため、どうしても脱毛期間が長くなりました。長いときは2ヵ月近く待つケースもあるほどです。メディオスターNext PROはバルジ領域に作用して脱毛しますから毛周期は関係ありません。肌のダメージさえ回復すれば施術ができるようになります。そのため従来よりも脱毛期間が短いです。

メディオスターNext PROのメリット6・米国FDAの審査をクリアした永久脱毛が可能な脱毛器

脱毛器はレーザーを肌に直接当てますから何よりも安全が求められます。国が定める基準をクリアできる質の高いマシンでなければ脱毛効果は期待できません。メディオスターNext PROは米国の政府機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けた脱毛器です。アメリカで確かに永久脱毛の効果があると太鼓判を押されていますから、その品質と効果は間違いありません。サロンよりも信頼度の高いクリニックで採用されていますし、信頼できる脱毛器です。

メディオスターNext PROのデメリット1・比較的新しい脱毛器のため実績やエビデンスが少ない

メディオスターNext PROを利用する上で注意したいメリットの1つ目は実績が不足していることです。アメリカの食品医薬品局が効果を確認した製品で信頼できるのは間違いありませんが、クリニックに導入されて日が浅く、その効果は未知数です。医薬品のなかにはアメリカで効果があっても日本で試したら効果が発揮できないケースもあります。しかし、これからクリニックにおける導入が増えていけばエビデンスが揃うのは時間の問題でしょう。

メディオスターNext PROのデメリット2・蓄熱式のため脱毛効果を得るまでに回数・期間が必要

メディオスターNext PROの最大のデメリットは脱毛が完了するまでに時間がかかることです。メディオスターNext PROは蓄熱式のダイオードレーザーであるため出力が低くバルジ領域にしか作用できません。毛乳頭には一切作用しないため、現在生えているムダ毛に対してはまったくの無力です。いまあるムダ毛が自然に抜け落ちないと脱毛効果が確認できないため、脱毛が終わるのに従来よりも時間がかかります。夏間近の季節で脱毛を始めたなら夏中に完了することはないでしょう。

メディオスターNext PROを導入しているクリニック一覧/脱毛クリニックを選ぶポイント

メディオスターNext PROを導入しているクリニック一覧

 

サロン名 脱毛器の種類 月額料金
リゼクリニック ・メディオスターNext PRO

・ライトシェアデュエット

・ジェントルヤグプロ

・全身脱毛5回コース

7,300円~/月

フレイアクリニック ・メディオスターNext PRO ・全身21か所5回完了コース

5,400円~/月

リアラクリニック ・メディオスターNext PRO ・リアラ式全身脱毛5回コース

3,100円~/月

ブランクリニック ・メディオスターNext PRO ・全身脱毛4回プラン

1,500円~/月

湘南美容クリニック ・メディオスターNext PRO

・ジェントルレーズプロ

・全身4回コース

3,200円~/月

 

 

関連記事:【フレイアクリニックの口コミ】医療脱毛の評判と全身脱毛について

関連記事ではメディオスターNext PROを導入しているフレイアクリニックの良い口コミ・悪い口コミ・脱毛効果などについて詳しく紹介しています。

 

 

 

医療脱毛クリニックの選び方1・毛質や部位によって脱毛器の種類を選択できる/複数の脱毛器を導入している

医療脱毛クリニックを選ぶなら豊富な脱毛オプションを備えているところがおすすめです。医療脱毛で扱う脱毛器は柔軟性が不足しているものが多く、自分のムダ毛と相性が悪いと仕上がりが良くないケースもあります。無料カウンセリングに行ったなら必ず利用できる脱毛器の種類を聞いておきましょう。1種類しかない場合は要注意です。脱毛施術中に利用者の肌状況に応じて柔軟な対応ができませんから肌荒れを引き起こす可能性があります。

医療脱毛クリニックの選び方2・複数の麻酔が使用できる/表面麻酔、笑気麻酔など

医療脱毛は痛みが激しいです。特にアレキサンドライトレーザーを利用した脱毛器は痛みが強く、利用者によっては途中で脱毛を止めてしまうこともあります。痛みを抑えるのに用いられるのが麻酔です。麻酔には表面麻酔と笑気麻酔があります。表面麻酔は施術する部分の感覚だけを麻痺させるものです。痛みが軽い場合はこれで十分です。痛みが激しい場合は全身麻酔の笑気麻酔を用います。強力な麻酔ですから痛みに弱い方でも問題無く施術が可能になります。途中で脱毛を止めるのはもったいないですから、2つの麻酔を選べるクリニックがおすすめです。

医療脱毛クリニックの選び方3・症例数が多くスタッフの技術力が高い

医療脱毛で用いる脱毛器は出力が高いので熟練の職人技と知識が必要になります。医療脱毛を行うには専門知識を持った医師が常駐するのが絶対条件ですが、それは施術の技術が高いスタッフがいることを保証してくれません。専門知識を持っているスタッフはいても、それを施術に活かせるスタッフはいない可能性があります。医療脱毛クリニックを選ぶなら、事前に口コミなどを調べてスタッフの腕前を確認しましょう。医療脱毛はサロン以上にスタッフの技術差が出ます。

ヒゲやVIOは毛が太く濃いためメディオスターNext PROでは脱毛効果を実感できないことがある

蓄熱式脱毛器は毛の太さに関係なく脱毛施術が可能ですが、太い毛が密集したエリアを脱毛するのは苦手です。蓄熱式脱毛器はムダ毛に直接作用できません。毛が太くて濃い人はムダ毛の寿命が長いため、蓄熱式脱毛器では脱毛効果を確認できるまで数ヵ月かかることもあります。そのため蓄熱式脱毛しか取り扱っていないクリニックを選ぶのは控えましょう。複数の脱毛器のなかから自分に最適な物を選んで脱毛施術を受けられるサロンにしてください。

メディオスターNext PROで効果がなかった場合はバジル領域よりも深い層にある毛根を破壊できるヤグレーザーの使用が検討される

メディオスターNext PROは毛乳頭の代わりにバルジ領域に作用することで発毛を抑制する脱毛手法を採用しています。ムダ毛をダイレクトに熱処理することは無いためムダ毛が抜け落ちるのをひたすら持つことになります。なかにはバルジ領域へのレーザー照射の効果が出にくい体質の人もいますから、蓄熱式脱毛の効果が出なかった場合の対処方法が必要です。そこで頼りになるのがヤグレーザーです。毛乳頭に作用できますから即効性が期待できます。

メディオスターNext PROで毛を薄くしてからヤグレーザーに切り替えると、痛みが少ない上に脱毛効果が高く効率的

医療脱毛でより効果を出すには複数の脱毛器を利用するのが望ましいと前述しましたが、メディオスターNext PROにも相性の良い脱毛器「ヤグレーザー」があります。ヤグレーザーは波長の異なるレーザーを照射できる柔軟性が高い脱毛器で、肌のシミそばかすからムダ毛まで作用します。メディオスターで対処できない太く濃い毛まで処理可能です。メディオスターで粗方ムダ毛を処理して、残った太くしぶといムダ毛をヤグレーザーで処理するような手法を取るとキレイに脱毛できます。

複数の波長の異なる脱毛器があれば肌や毛の状態を見ながら脱毛器の切り替えができるため効果的

ヤグレーザーなど複数の波長を扱える脱毛器は肌の調子や利用者の痛がり方を見ながら施術内容を変えられます。痛みが激しい所では時間をかけて脱毛する蓄熱式脱毛のスタイルを採用し、仕上がりをキレイにしたい部位ではメラニンに作用できる波長を選んで1本ずつムダ毛を処理することが可能です。利用者ごとにカスタマイズされた施術ができるため満足度が高いです。また、1つの脱毛器で2つ以上の役割をこなせるため、複数台のマシンを交換しながら施術する場合に比べて効率的に処理できるメリットもあります。

メディオスターNext PROの効果についてまとめ

メディオスターNext PROは蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器です。ムダ毛を直接処理する代わりにバルジ領域と呼ばれる発毛の司令塔を熱処理して発毛を止めます。

メリットは痛みがほとんど無く、肌に炎症が生じにくいところです。そのため敏感肌の方でも脱毛施術が可能になりました。また、施術時間が短いため予約が取りやすくなる利点もあります。

欠点は脱毛効果が実感できるまで時間がかかることです。毛が太く丈夫な方なら毛が抜けるまで最長で2ヵ月近くかかる場合もあります。また、ムダ毛の毛根部分が毛穴に残り肌をくすませることがあります。その場合はヤグレーザーと組み合わせて脱毛することで脱毛の仕上がりを改善できます。

脱毛の仕上がりの美しさで若干の問題はあるものの、多くの人に脱毛サービスを可能にしたメディオスターNext PROは歴史に残る素晴らしい脱毛器であると言えるでしょう。