【埋没毛の取り出し方】髭や脇の毛が埋もれる原因/対処法や予防法について解説します

【埋没毛の取り出し方】髭や脇の毛が埋もれる原因/対処法や予防法について解説します

埋没毛の取り出し方/髭や脇などに埋没毛ができる原因と対策

埋没毛の取り出し方

埋没毛ってどんな状態の毛なの?

埋没毛という言葉、ムダ毛の自己処理を行っている時に検索したりすると、よくでてくる言葉ですね。でもどういった状態の毛のことなのでしょう。
埋没毛というのはその名の通り、皮膚の下に埋没している毛のことです。
自己処理している時にちょっとしたことで皮膚に傷がついたことなどが原因で、皮膚再生の時に毛穴が塞がれることで起こります。
皮膚の中で毛が成長してしまうので、外から見ると黒いポツポツが皮膚の下に見えるという、見場のよくないことになります。

埋没毛が引き起こす毛嚢炎って何?

埋没毛が単に、見馬が良くないだけならまあ放置しても構わないのですが、時に毛嚢炎を引き起こすことがあります。これはちょっと問題です。
毛嚢炎というのは、毛根を包んでいる部分に発症する、感染症です。皮膚の表面や内部に膿ができ、ちょっと見にはニキビに見えますが全く別のものです。
痛みやかゆみはあまりありませんが、感染症という時点であまり歓迎されるものではありません。黄色ブドウ球菌が原因でできることが多いです。

毛嚢炎により色素沈着する可能性がある

まあそれでも特に大きな皮膚トラブルではないので、特に継承の時には放置しておいても自然治癒してくれます。
しかし痒みが広がった時には、皮膚科への相談がおすすめです。
それに加えてこの毛嚢炎は、時に色素沈着の原因にもなります。これは避けたいことですね。
自己処理してきれいになるはずが、色素が皮膚に沈着してしまっては元も子もありません。
それを避けるためにも、毛嚢炎を起こすような埋没毛ができないようにする必要があります。

埋没毛ができやすい部位は?/シェービングなど自己処理を行う部位にできやすい

埋没毛ができる原因になりやすいのは、安易な自己処理によるものです。つまり、自己処理できやすい場所には埋没毛もできやすいということです。
手の届かない範囲の脱毛は、もうこれはサロンとかクリニックに任せるしかありません。しかしなまじ手が届く場所は、出来たら自分でと思ってしまいます。
脇の下とか脚のスネなどは、その代表ですね。でも手が届くと言っても完全にではありませんし、シェーバーやカミソリの皮膚に対する角度も一定ではありません。
結果、そうした手の届きやすい部位に、埋没毛はできやすいということになります。

埋没毛ができる原因1・毛抜きやカミソリなどの自己処理

では埋没毛ができやすい自己処理とは何でしょう。まず上げられるのが、毛抜とかカミソリによる自己処理です。
カミソリの場合肌を傷つけやすいのと、何度も同じ場所を行ったり来たりしての摩擦で、肌を傷つけやすくなります。結果、埋没毛ができやすくなるのです。
毛抜の場合は、毛根ごと毛を引き抜きますね。なので皮膚の再生の時に毛穴を塞ぎやすい状態になるのです。
身体の自己再生能力が、仇になって埋没毛を引き起こしてしまうのです。

埋没毛ができる原因2・ブラジリアンワックスでの自己処理

他に自己処理でよく使われるものに、ブラジリアンワックスがあります。特にVIOなどに使用している人が多い、自己処理方法ですね。
何よりも、塗って剥がすだけという手軽さもあり、利用者は多いです。しかも使用後はツルツルになるので、脱毛効果も高いのです。
しかしこれもまた、ある意味無理に毛を引っこ抜く、と言う脱毛方法でもあります。毛抜と原理は似ているのです。
毛根ごとの脱毛ですので、これもまた皮膚再生段階で埋没毛を作りやすい自己処理方法なのです。

埋没毛ができる原因3・肌の乾燥によるターンオーバーの乱れ

そしてまた自己処理というものには摩擦がつきものです。カミソリはその代表ですね。皮膚表面を行ったり来たりして沿っていくので、摩擦を大きく起こします。
摩擦の結果として、肌の乾燥が生まれます。もちろん肌の状態は乾燥によって低下します。また傷つきやすくもなります。
それだけでなくターンオーバーの乱れも、引き起こしてしまうのです。新しい皮膚細胞が生まれるサイクルを乱してしまうのですね。
これが起きるともちろん、埋没毛もできやすくなってしまいます。ターンオーバーが乱れれば、毛の埋没も起きるということです。

埋没毛の正しい取り出し方・治し方1・肌のターンオーバーを待つ、自然な排出を待つ

でも気がついたら埋没毛が出来ていた、そんな時にはまずどうしたらいいでしょう。まずは落ち着いて、自然な排出を待つことです。
埋没毛の場合そのまま皮膚の下で成長し続けるということはありません。時間が経てば自然排出されていきます。
皮膚のターンオーバーは約6週間のさオクルで行われます。このタイミングでの自然排出を待ちましょう。これが最も安全な埋没毛の治し方になります。
時間は少々かかりますが、自然で肌への傷などの心配のない治癒方法なのです。

埋没毛の正しい取り出し方・治し方2・ピーリングやスクラブなどで古い角質を除去する

埋没毛の場合、皮膚の下に毛が埋もれてしまっている状態です。毛穴がふさがってしまっているので、毛が出てこれない状態ですね。
ではその毛穴を開けてあげることで、埋没毛も外に出てくることが可能です。
なのでピーリングやスクラブなども、埋没毛に対して有効に働いてくれます。古い角質を除去することで、毛穴も健康に開いてくれます。
埋没毛もこれでやっと息ができる状態になるわけです。ただやりすぎて逆に肌に傷をつけないよう、注意してください。

埋没毛の間違った取り出し方・治し方1・毛抜きで無理に引き抜くと肌が傷つき炎症を起こすリスクがある

やはり見た目が良くないし、さっさと無くすに越したことはない、つい短気に考えてしまいがちな埋没毛です。
なので多くの人が、埋もれているのだからちょっと引っ掻いて先の方を出して、毛抜で引っこ抜いてしまおう、などと考えるものです。
でもこれは非常に危険なので、止めておきましょう。毛抜で無理に埋没毛を引き出し、引っこ抜いたりすれば肌が傷つく危険性があります。
そこから炎症を引き起こすことも、またあるのです。短気は損気、ですよ。

埋没毛の間違った取り出し方・治し方2・除毛クリームは埋没毛に効果はない

埋没毛ということは、これやはりムダ毛だよね、じゃあ除毛クリームで何とかならないだろうか、とも考えてしまうかもしれません。
しかしこれは、効き目はありません。というのも、皮膚の下で伸びてしまっている毛です。皮膚の上にはでていません。
除毛クリームは皮膚表面に生えている毛を除去するための、脱毛用の製品です。ムダ毛に塗って、除去していくのです。
皮膚科になる埋没毛には、効果がないのは当然のことです。正直、皮膚の下まで効果があったら、それはそれで怖いですね。

埋没毛の間違った取り出し方・治し方3・針や爪で傷つけて取り出すと感染などのリスクがある

どうしても気になるし、見ていると簡単イン取れそうな感じもする埋没毛です。なのでつい、ちょっと爪で引っ掻いて外に出してしまおうなどとも考えます。
針で、トゲを取り出す要領で、埋没毛も取り出せそうな気もしますね。
しかしこれ、非常に危険ですので止めてください。なぜなら消毒もしていない爪とか針を使用すれば、感染症のリスクも生まれるのです。
特に気になって習慣のように爪で擦ったりする人、要注意ですよ。自分の爪で無意識にこすったりしないように、コントロールしてくださいね。

受診が必要な埋没毛の症状/赤み・腫れ・痛みなど炎症症状がある場合は皮膚科を受診しましょう

埋没毛は殆どの場合、痛みとか痒みなどの症状はありません。しかしも毛嚢炎を引き起こすこともあるので、一応注意しておきましょう。
特に赤みや腫れ、痛みなどの炎症症状が出たら、自己判断ではなく皮膚科の医師に相談してください。
ただの埋没毛が感染によって炎症を起こしている場合もあるのです。大事な肌に関することでもありますので、炎症を感じたら皮膚科の受診をしてください。
綺麗になりたくて脱毛しているのに、肌にトラブルを起こしては元も子もないので、その点十分に注意しましょう。

髭や脇・VIOなど部位ごとの埋没毛の原因と対策/予防はできる?

髭に埋没毛ができやすい原因と対策1・髭剃りのT字カミソリによる肌への負担

男性にとっては毎日のお手入れ必須なのが、髭です。伸ばしている人も、それなりのお手入れが必要ですね。
この髭のお手入れ、今でもT字カミソリを愛用している人が多いのは事実です。実はこれ、埋没毛の原因になってもいるのです。
T字カミソリの場合、皮膚に直接傷がつかないように設計されてはいますが、その分剃っている時の摩擦も大きくなります。
何度も行ったり来たりして剃るのですから、当然ですね。結果摩擦の強さで肌の乾燥と負担が大きくなり、埋没毛ができやすくなるのです。

髭に埋没毛ができやすい原因と対策2・髭剃り用のシェービングフォームを使っていない

特に、肌は強いから大丈夫と安心してカミソリを無防備に使用していると、乾燥もひどくなります。
男性は結構自分の肌の強さに自身を持っている人も多く、カミソリをそのまま当ててしまう人も少なくありません。
これが埋没毛の原因の1つ、乾燥を引き起こすのです。
これを避けるにはシェービングクリームを髭剃り用のシェービングクリームをきちんと使うことが必須です。
塗る時間が惜しいとか時短を狙ったら、埋没もが出来たというのは、洒落にもなりませんよ。

髭に埋没毛ができやすい原因と対策3・カミソリの刃を定期的に交換していない

非常に当たり前のことですが、刃物というもの、それが包丁であってもカミソリであっても、新しいものは切れ味が違います。
サクッと、切り口もきれいに切れるものです。まあ包丁は研ぎに出して、切れ味の確保をするものですが、カミソリは刃を変えて新しいものにしていきます。
この刃の交換を怠っていると切れ味が悪くなり、肌への摩擦も強くなります。埋没毛ができやすい下地を作っていくことになるのですね。
定期的にカミソリの刃を交換、これを自分の習慣にしてしまうことで、埋没毛のできる確率も激減していきますよ。

髭に埋没毛ができやすい原因と対策4・化粧水など保湿が不十分

化粧水というのは女性が使うもの、つい決めつけがちですね。でも保湿という面から見て、男性にも使用をおすすめしたいです。
特に髭の処理をT字カミソリで行っている人の場合、シェービングクリームに加えてひげそり後、化粧水の使用をしてみてください。
ひげそり後はどうしても、肌は乾燥しています。それを保湿することで、埋没毛のできる確率を下げることができるのです。
無臭の保湿化粧水などもありますので、ぜひ利用してみてください。

VIOに埋没毛ができやすい原因と対策1・カミソリなど自己処理による肌への刺激

自分ではあまり見えない部分ですが、VIOにも埋没毛はできやすいのです。Vの部分は自分でも見えるので、ああまたと思う人もいるでしょう。
これもやはりカミソリなどでの自己処理が原因となっている事が多いのです。
なんと言っても非常に繊細な部分で、肌もデリケートな部分です。カミソリなどでの自己処理だと、刺激を強く乾燥しやすいですね。
埋没毛ができる原因が揃っている部分、と言ってもいいでしょう。自己処理では本当に気をつけて行っていきたい部分です。

 

関連記事:【医療脱毛】VIOが完了する回数・効果は?/ツルツル・ハイジニーナは何回必要?

関連記事では医療脱毛前の事前処理の方法について詳しく紹介しています。VIOの事前処理方法をぜひ参考にしてくださいね。

 

 

VIOに埋没毛ができやすい原因と対策2・下着などによる蒸れや肌への刺激

VIOにもに埋没毛ができるのは、脱毛の自己処理を行っているからだけではありません。サロンなどで、埋没毛がありますねと言われてびっくりする人もいるでしょう。
特に自己処理などもしていないし、心当たりもないしと不思議に思うかもしれません。
しかしこのVIOの部分、下着などが擦れたりまた下着のせいで蒸れがあったりする部分なのです。
結果肌が乾燥したり敏感になりすぎたりして、埋没毛ができることもあつのです。擦れやすい蒸れやすい下着にも注意ですね。

生理の時は特に汚れやすく蒸れやすいため注意が必要

女性の場合、一生の大部分悩まされるのが生理です。加えてこの生理中は、どうしてもVIOの部分は蒸れやすくなります。
また汚れやすく、感染症の危険なども無いとは言えません。もちろん生理中のVIOの脱毛は、サロンなどでも不可とされています。
脱毛の自己処理は、もってのほかです。というよりも、脱毛などの行為がなくてもこの時期、VIOの部分は肌は弱って埋没毛などもできやすくなっているのです。
生理の時の下着にも注意をはらい、清潔に保つことを心がけましょう。

脱毛クリニックや脱毛サロンで埋没毛の脱毛はできる?/医療脱毛で埋没毛を予防・改善する

医療レーザーは埋没毛に効果はある?/レーザー脱毛は照射パワーが強いため皮膚の中にある毛にも反応する

ではプロ中のプロ、医療脱毛の場合この埋没毛に対する事情はどうなっているでしょう。
医療レーザー元々、毛根の奥まで届くパワーを持っています。毛根自体を破壊して、脱毛効果を引き出しているのですから、当然のことです。
なので埋没毛にはもちろん、充分に効果を発揮します。
皮膚の内側にある埋没毛のメラニンにも反応しますので、埋没毛の除去にも効果があるのです。これは、埋没毛の処理には大きな味方となってくれますよね。

 

 

皮膚の中に埋まっている毛はレーザーが届きにくいため改善には数回の施術が必要になる

ただ実際問題としては、毛穴から毛根にレーザー照射するのではなく、皮膚下に埋まっている毛に照射するのですから、ちょっと勝手は違います。
皮膚の下の毛に対しての照射の届き具合は、いささかよくないというしかありません。
なので埋没毛の改善には多少の時間がかかります。1回ですぐ、というわけにはなかなか行きません。
これも個人差がありますが、大体数回の施術が必要になってきます。医療用レーザーでも数回、意外と埋没毛、手強い敵なのですね。

光脱毛は埋没毛に効果はある?/光脱毛は照射パワーが弱いため皮膚の中にある毛には反応しない

ではサロンの光脱毛器ではどうでしょう。光脱毛器はレーザー脱毛機と違って、医療機器ではありません。もちろんパワーも低くなっています。
あくまでも美容のために脱毛機器なのです。
なので残念ながら、その照射パワーでは皮膚の中にある毛に反応は出来ません。
レーザー脱毛機が数回の施術は必要でも処理できるのに対して、光脱毛器ではやはり照射パワー自体が足りない、弱いので無理ということなのです。
医療と美容、大きな差が実感できますね。

脱毛サロンでは埋没毛の改善や予防はできない

ということは、脱毛サロンでは埋没毛の改善などは出来ないのでしょうか。端的に言うと、出来ません。
今現在ある埋没毛を、サロンで施術の時に改善というのは、不可能なのです。一緒にできたら言うことはないのですが、無理なんですね。
加えて埋没毛の予防も、脱毛サロンでは出来ません。施術前の自己処理で埋没毛が出来てしまっても、予防も改善もサロンでは出来ないということです。
ちょっと悲しいかもしれませんが、この前提のもとに脱毛サロンを利用してください。

医療脱毛クリニックなら埋没毛の改善・予防ができる

幸いなことにレーザー脱毛機を使用して、医療行為として脱毛を行っているクリニックなら、埋没毛の改善や予防もできます。
同じく、施術前に自己処理をと思って、もしくは次の施術までに何回か自己処理をして、出来てしまった埋没毛も処理してもらえます。
また予防もできますので、医療脱毛をしていると埋没毛というものに縁がなくなっていくのです。
埋没毛という問題1つからしても、医療脱毛は効果が大きいということがよくわかりますね。

 

 

 

 

埋没毛の取り出し方まとめ

 

埋没毛というのは、見た目もよくないですしまた肌トラブルの原因ともなりえます。できるだけ作らないに越したことはありません。
しかし自己処理などしていると、縁がなかなか切れないのも事実です。
自己処理方法など間違っていないか、処理前後の肌ケアなどは充分にしているのか、そのあたりにも注意を払う必要があります。
男性の場合毎日のひげ剃りは要チェックですし、女性の場合VIOに関しては脱毛だけでなく普段の着るものにも注意を払う必要があります。
こうした埋没毛、出来たあとの処理も、出来ないようにするのも面倒だと感じたら、医療脱毛での脱毛をおすすめしたいです。
今ある埋没毛も、その後埋没毛の面倒もなくきれいに脱毛処理できるのが、医療脱毛なのです。