【医療脱毛】VIOが完了する回数・効果は?/ツルツル・ハイジニーナは何回必要?

【医療脱毛】VIOが完了する回数・効果は?/ツルツル・ハイジニーナは何回必要?

医療レーザーでVIO脱毛を完了するまでの期間・回数は?

医療脱毛のVIOの回数

医療レーザーでVIO脱毛を完了するまでの期間・回数は?

医療脱毛のVIO脱毛は5~6回コースが多い理由は?

医療脱毛は5~6回の施術で自己処理が楽になるレベルになると言われている

永久脱毛可能な医療脱毛でVIOの処理を始めた場合、どの程度の回数が目安となるのか、これは知っておきたいものです。
まず自己処理が楽になる、これを目標にしましょう。VIOは繊細な部分でもあり、自己処理が難しく感じる部位です。
なのでその自己処理がまず、楽になった、と思える状態にするのが最初の目標ですね。医療脱毛だとこの程度になるには、平均的に5から6回の施術が必要だとされています。
ただあくまでも平均なので、その点は留意してくださいね。

脱毛する部位、毛質、肌質によって必要な回数は異なる

ではなぜ個人差というものが出てくるのでしょうか。これは本当に百人百様、毛の太さも違えば毛質も違うからです。
案外薄いふわふわの毛のほうが、メラニンが少ないということもあって回数がかかる、ということもあるんです。
またこの部分はなんと言っても肌も繊細で、それも人によって肌質にも違いがあります。その点にも注意して施術を行うので、どうしても回数に違いが出るのです。
自己処理が楽になるのに、5回かからない人もいるのですよ。

医療脱毛でVIO脱毛するときの回数目安について

量を減らす、形を整えるなら3~5回の施術が必要

医療脱毛で脱毛をと言っても、全ての人が完全にツルツルにつまり無毛になるまで脱毛、というわけではありません。
そこまでしなくてもせめて下着からはみ出ない程度に、とか水着の時に気にしないでいられる程度に、と言う人も多数なのです。
こうした場合には、形を整えたり毛の量を減らすことで対応ができます。また施術回数も全体をというよりは少なく済むのが普通ですね。
大体、3から5回程度の施術で完了すると見ていいでしょう。

ツルツル、ハイジニーナなら最低5回以上は必要

でもやるなら徹底的にツルツルにしたい、つまりハイジニーナまでと言う場合、流石に回数はかかります。
何しろVIOすべての毛を処理するのですから、どうしても回数がかかるのは仕方ありません。
こちらの平均値としては、少なくとも5回以上という数字が出ています。特に全部の毛の処理ですので、個人差は大きく出てきます。
8回でも足りないという場合もありますので、その点にはちょっと覚悟は必要になりますね。忍耐力も必要になるということです。

 

 

関連記事:【医療脱毛の回数と期間】脱毛効果が現れる回数は平均5~8回が目安/VIOなど部位別の回数を検証

関連記事では医療脱毛で全身脱毛が完了するまでの回数・期間について詳しく紹介しています。顔やワキ、VIOなど部位別の必要回数や期間についても詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

VIO脱毛は何回で完了する?医療脱毛とサロン脱毛を比較

項目 医療脱毛 サロン脱毛
VIO脱毛(自己処理が楽になる)の回数 3~5回 8~12回
VIO脱毛(ツルツル、ハイジニーナ) 5~8回 18回以上
効果 永久 抑毛
期間(自己処理が楽なる) 約1年 約2年
期間(ツルツル、ハイジニーナ) 約1年半 約3年

医療脱毛ならVIOの自己処理が楽になるまで約1年、ツルツル・ハイジニーナは約1年半の期間が必要

回数でいうと5回とか少ないじゃない、と思うかもしれません。そんな少ない回数だったら、もしそこで終わらなくても8回とか10回でも楽勝と思うかもしれませんね。
でもこの脱毛の施術、毎日できるわけではありません。毛周期に合わせて施術していく必要があるのです。
この毛周期にも多少の個人差がありますが、大体2ヶ月から3ヶ月となっています。ということは、自己処理が楽になるまででも、約1年はかかるということですね。
ハイジニーナまでなら、1年半くらいは覚悟しなくてはなりません。期間的にはそれなりに掛かるのが現状です。

医療脱毛は永久脱毛の効果があるがサロン脱毛は一時的な抑毛効果しかない

さてサロンでももちろんVIOの脱毛はやってくれます。しかしこの脱毛という言葉、実はサロンの場合は脱毛というよりも抑毛といったほうが正しいのですね。
医療脱毛が永久に毛を生えなくする処理を行うのに対して、サロン脱毛の場合は一時的に抑毛する効果しかないのです。
もちろん施術を進めていくうちに、段々と毛が細くなったり薄くなったししてきます。それでもまた生えることに変わりはなく、施術を続ける必要があるのです。
対して医療脱毛は永久脱毛です。一旦脱毛が完了すれば、その部分の気はその後生えてこなくなるのです。

医療脱毛のVIO脱毛はどうして短期間で完了するの?/医療レーザー脱毛の効果

医療レーザーでのVIO脱毛が短期間で完了する理由/成長期の毛は1回の施術で再び生えてくることがないから

サロンでの脱毛に比べて、医療脱毛でのVIOの脱毛はやってくれますの処理はかなり早く進んでいきます。なぜなのでしょうか。
なんと言っても永久脱毛が可能なレーザー脱毛機を使用しているのが、医療脱毛です。成長期に合わせて施術すれば、1回脱毛した部分にはその後毛は生えなくなります。
1回の施術で、その部分の脱毛が完了してしまうのですね。2度同じ部分を施術しなくて済むのですから、結果的に回数も減るというわけです。

医療レーザーでのVIO脱毛が短期間で完了する理由/毛周期に合わせて5回程度の施術でほぼ100%の毛に効果を発揮するから

サロンで使用しているフラッシュ脱毛器のパワーに比べて、医療脱毛器で使用のレーザー脱毛機のパワーは段違いに大きいものです。
なので永久脱毛が可能ですし、手早く脱毛ができます。
そして毛周期をしっかりと把握して、それに合わせて施術を行っていけば、1回の施術で完全に脱毛が可能になります。
毛周期にうまく合わせて処理ができていけば、5回程度の施術でほぼ100%の毛に効果が与えられるのです。これなら早い完了が見込めるというものです。

医療脱毛でVIOの永久脱毛ができる理由/太くて濃い毛には肌の奥まで届く波長のレーザーが必要

VIOの部分の毛は太くて硬いしかも濃いという人が多いですね。時に薄い毛の人もいますが、濃い毛のほうが多いのです。
そして濃くて太い毛に対しては、肌の奥まで届く波長のレーザーが有効なのです。サロンでのフラッシュ脱毛器だと、そこまでは届かないのです。
しかし医療用のレーザーを使用している医療脱毛なら、VIOの太い毛も奥の方まで届くレーザーで処理ができるのです。
パワーが大きく奥まで波長の届くレーザー脱毛器ならではのことですね。

医療脱毛でVIOの永久脱毛ができる理由/毛を生やす毛包・毛母細胞を破壊するから

でもどうしてレーザー脱毛器なら永久脱毛が可能なんでしょう。
それは何よりも、毛を生やしてくれる毛包、毛母細胞を破壊してくれるからなんですね。
頭髪等だと歓迎できるこの細胞も、ムダ毛についてはできればご遠慮願えると大変ありがたいと、わがままを言ってしまうのが人間というものです。
この細胞を、レーザー脱毛器は破壊してくれるのです。なのでその後毛は生えなくなるということです。
毛の生える、ムダ毛の原因を破壊してしまう結果、永久の脱毛が可能になるのです。

蓄熱式レーザー脱毛器は毛を生やす指令を送るバルジ領域を破壊する

レーサー脱毛器にも種類がありますが、中でも蓄熱式のレーザー脱毛器は効果が高いので有名です。
というのもこの蓄熱式のレーザー脱毛器の場合、毛を生やす部分だけでなく、毛を生やす指令を送るバルジ領域の破壊をしてくれるのです。
そこの毛生えなさい、と命令する部分を破壊するのですから、命令されなくては生えませんね。
軍隊で言えば、突撃命令を下すはずの司令部が先に敵に攻撃されてしまうようなものです。これは効果的で効果的な脱毛方法と言えますよね。

サロン脱毛ではVIOの永久脱毛ができない理由/肌の奥まで届く波長のレーザーは医療機関でしか使用できないから

ところでサロンではなぜ永久脱毛が出来ないのでしょう。ちょっと不便ですよね。
でもそれは美容行為としての脱毛をするサロンと、医療行為としての脱毛ができる医療脱毛の違いなのです。
肌の奥まで届くようなレーザーを搭載している機器は、医療用のものです。医療の部類に入るものは、それ以外の機関では使用はできません。
レーザー脱毛器がクリニックでしか使用できないのは、医療用の機材だからなのです。
美容と医療の差は、こう言ったところにも現れるのです。

サロン脱毛ではVIOの永久脱毛ができない理由/毛包・毛母細胞にダメージを与えることはできるが破壊はできないため

もちろんサロンで使用されているフラッシュ脱毛器も、毛包、毛母細胞に届くことは事実です。
ある程度のダメージはしっかりと与えられます。サロンでの施術でも毛が薄くなったり、少なくなるのはだからなのですね。
しかし細胞自体にダメージは与えられても、破壊するところまでは行かないのです。そこまでのパワーは、光脱毛器にはありません。
なので永久脱毛は、サロンでは不可能ということになります。これはもう、仕方のないことだと思ってください。

サロン脱毛ではVIOの永久脱毛ができない理由/ドクターや看護師が常にいる事なく、技術力に差があったり、肌トラブルが起きても診察・治療ができないため

医療用の脱毛器であるレーザー脱毛器は、サロンなどの医療関係者のいないところでの使用はできません。
ドクターや看護師を言う、医療のプロのいない場所では使えないのですね。
それに加えて、医療の技術を全員が持っているクリニックと、スタッフによって技術力に差が出てしまうサロンでは肌トラブルが起きた時の対処も全く違ってしまいます。
クリニックならすぐに診察治療に移れます。
すぐにトラブルに対処できる医療従事者がいるからこそ、レーザー脱毛器のような機械で永久脱毛できる、それが医療脱毛なのです。

医療脱毛の必要回数/部位ごとの毛周期や必要回数の比較

毛周期は部位ごとに異なる/VIOの毛周期に合わせて施術すると効果的

部位 毛周期 成長期の毛の割合
1~2か月 20%
ワキ 2~3か月 30%
VIOライン 1か月半~2か月 30%
1か月半~2か月 20%

引用元:池袋フェミークリニック

全身の毛の毛周期が一緒だったら、これ面倒がありませんね。でもそううまくいくわけはありません。部位によっても毛周期は違ってきます。
VIOの脱毛というもの、痛みも強くまたいささか恥ずかしく感じる部分でもあります。なのでできるだけ手早く終えたい、これは誰でも同じ考えですよね。
なので特にVIO部分の毛周期には気を配りましょう。毛周期に合わせれば効果的に脱毛ができるので、しっかりと把握しておきたいですね。
もし効果がいまいちと思ったら、毛周期をもう1度見直してみるのがおすすめです。

医療レーザーの脱毛効果の仕組み/成長期の毛はメラニンが豊富に含まれているためレーザーに反応しやすい

毛周期にそこまで脱毛効果がなぜ関係してくるのでしょうか。
レーザー脱毛はメラニン色素に反応して、脱毛を進めていきます。メラニン色素の多い毛のほうが、レーザー脱毛では脱毛効果が高いということです。
成長期の毛にはメラニン色素が多く含まれています。なのでレーザーが効きやすということです。
毛周期を把握していればもちろん、毛の成長期に合わせての施術が可能です。レーザーが反応しやすい成長期に合わせて施術を効果的にしていきましょう。

成長期の毛とは/レーザーによる脱毛効果は?

成長期の毛のメラニンを多く含んだ毛には、レーザー脱毛器のレーザーはよく反応してくれます。
なのでこの時期に施術することは、医療脱毛をする上で非常に大事なことです。
毛周期がわかっていればこの成長期についてももちろん把握できますので、この時期に施術してもらうように調整していきましょう。
成長期というのは文字通り、毛の成長している状態です。メラニン色素も豊富です。ここを狙って効率的に効果的に脱毛を進めていきましょう。

退行期の毛とは/レーザーによる脱毛効果は?

退行期の毛、つまり元気がなくなっていく状態ですね。まだ抜けてはいませんが、毛の根も浅くなっていきます。
毛の根が浅いというと、何となく脱毛に効果がありそうに感じますよね。しかしこの時期、メラニン色素は薄くなっています。
なので普通レーザーを使用した医療脱毛の場合、効果が現れにくい状態と言えるのです。
ただこの状態の毛に効果がある医療レーザーもあるんですよ。本当にこうした技術や機械、日々進んでいっていますね。

休止期の毛とは/レーザーによる脱毛効果は?

さて休止期です。完全に自然に毛が抜け落ちて行った状態です。この時期はもちろん、レーザーでの脱毛は無意味です。
大体毛がすでに根の部分にないのですから、ここに施術をしても無意味という鋳物です。
またメラニンに反応するレーザーなので、毛根部分にそのメラニン、つまり毛がない状態ではいくら照射しても効果ありません。
それこそ施術自体も休止期間ですね。毛と一緒に脱毛も、ちょっと一休みしてください。成長期は直ぐ側です。そこまで待ちましょう。

医療脱毛は2~3か月のサイクルで行うと脱毛効果が高い

この毛周期は、個人差もありますが大体2ヶ月から3ヶ月のサイクルで回ってきます。なので成長期もまた、そのサイクルで巡ってくるというわけです。
その時期に合わせての施術が効率的なのですから、クリニックに通うのも大体同じく2ヶ月から3ヶ月おきという計算になりますね。
この毛周期で脱毛を行うために、どうしても回数は少なくても機関は結構長くなるという問題も出てくるのです。
とは言え、毛の成長期以外だと効果が見込めないので、このサイクルは大事にしてください。

脱毛サロンでは2週間に1回の施術が可能な脱毛器もあるが脱毛効果は期待できない

でも脱毛サロンだと2週間に1回の施術してくれるところがあるって聞いたけど、と言う意見もあります。
実際、2週間に1回の施術をしているサロンもあるのです。しかし2週間に1回だと、これ毛周期を無視しての施術になりますね。
結果としては、大した脱毛効果は見込めないと言うしかありません。エステ代わりに利用するならともかく、脱毛を2週間に1回のペースは役立つとは言えないのです。
脱毛は急がず慌てずゆったりと、そのほうが結果的に早く仕上がるということ忘れないでください。

医療レーザーのVIO脱毛は何回で終わった?口コミを紹介します

医療脱毛のVIOの回数は?/ハイジニーナ希望でクリニックに通っていました。5回コースでは足りなくて全部で12回施術しました。終わってからも生えてくることもなくツルツルになりました。

何が何でもツルツルに、と思ってVIO脱毛を医療脱毛でやりました。痛いだろうとかよりも、永久脱毛したかったのと、できるだけきれいにしたかったんです。
一応最初は5回のコースで始めました。でも足りなくて、結局12回通いましたね。これ実はカウンセリングの時に、5回では無理だと思うって言われていたんです。
なので追加になった時も、特に気にはしませんでしたね。何よりもツルツルになったのが嬉しいし、その後本当に毛が生えなくなったのも最高です。
医療脱毛でやって良かったです。

医療脱毛のVIOの回数は?/サロンの無制限コースに通っていました。18回通ったけどVIOはツルツルとはほど遠いです。毛は薄く柔らかくなったけどもっとツルツルにしたかったです。

実は最初サロンでVIO脱毛してたんです。頑張って通って、通って通って、まあ無制限コースだったんでその点は問題なかったんですが。
18回通った結果、ツルツルにはまだまだ遠いって感じです。確かに毛は薄くなったし、前よりずっと柔らかくなりました。
でも理想通りというわけには行きませんね。これなら永久脱毛の医療脱毛でVIO脱毛したほうが良かったのでは、ってちょっと後悔してます。
多くての8回くらいですむというし、今から乗り換えてみようかなと、思ったりしてます。

医療脱毛のVIOの回数は?/痛みが強くて照射を弱くしてもらっていました。かなり弱く当ててもらっていたので12回くらいでやっと自己処理が不要なレベルになりました。無毛にはまだかかりそうです。

きれいに無毛にしたくて、医療脱毛でVIOも処理を始めました。痛みにはそれほど弱いと思っていなかったんですが、でもやっぱり痛くて。
なので頼んで照射を弱くしてもらったんです。お陰で我慢できるようにはなったんですが、回数がかかっています。
自己処理不要までに12回通ったかなあ。実際に看護師さんにも、照射を弱くしたら回数かかりますよ、って言われていたんです。
なので仕方ないと思いますけど、先は長いなあ。無毛まで後どの位かかるんだろう。

医療脱毛のVIOの回数は?/Vラインは3回終わったころには生えてこなくなりました。Iラインも粘膜までしっかり照射してもらえました。Iライン、Oラインは8回くらいでツルツルになりましたい。

痛いんじゃないかって最初心配してたんですが、特にすごく痛いってこともなくて、どんどん施術してもらっちゃいました。
結果、Vラインなんて3回終わった頃には生えてこなくなって、看護師さんも早く済んで良かったですね、って言ってくれました。
この分ならIやOラインも早く済むだろうと期待してたら、8回くらいかなツルツルに仕上がりました。
Iラインなんて粘膜までしっかりと照射してもらって、もう大満足です。聞いたらかなり早く終わったほうだって言うので、ラッキーだったなあって思ってます。

医療脱毛のVIOの回数は?/蓄熱式レーザーだから効果が出るのに時間がかかると説明を受けました。最初の3回はほとんど効果を実感できませんでしたが、10回終わるころにはほとんど毛がない状態になりました。

蓄熱式のレーザーで施術受けました。聞いたところでは、毛を生やす司令塔であるバルジ領域を破壊するので、ということでした。
痛みも少なく済むし、また私結構日焼けしているので、こちらのほうが良いだろうと言われたんです。ただ時間がちょっとかかるかも、とも言われました。
毛根自体よりも指令を出すところにダメージ与えるんで、実際に毛が抜けるまでちょっと時間がかかるということでした。
本当に最初の3回、これ本当に効き目あるんだろうかって思ったものです。でも1回終わる頃には、ほとんど毛のない状態になったんです。

医療脱毛のVIOに必要な回数のまとめ

医療脱毛の回数自体、サロン脱毛よりも少なく済むのが特徴です。また永久脱毛ができるので、その点でもメリットが大きいですね。
特に繊細でしかも痛みを強く感じるVIO部分の脱毛は、永久に脱毛が出来てしかも少ない回数で完了できる医療脱毛がおすすめです。
ハイジニーナでも12回程度で済みますし、自己処理不要の状態でいいなら5回程度での施術で終わることが出来ます。
ただ痛みに関しては、どうしてもサロン脱毛よりも大きくなってしまうのがデメリットです。
でもこの部分になにかトラブルがあったら大変ですね。クリニックならもしそうした事があった場合にも、すぐに医師の診察を受けることが可能です。
また処方もすぐにしてもらうことができるのです。
回数やそうしたトラブル時の対応なども考えた場合、VIOの脱毛は医療脱毛ですることをおすすめしたいですね。