【脱毛器はほくろがあっても使える?】ほくろやほくろ周りのムダ毛の施術方法・効果について

【脱毛器はほくろがあっても使える?】ほくろやほくろ周りのムダ毛の施術方法・効果について

脱毛器はほくろがあっても使える?/ほくろを脱毛するリスクについて

 

ほくろ毛の脱毛

ほくろとは?/ほくろにはメラニンが高密度で存在している

皮膚の中でも特別黒くなってしまっているほくろですが、ほくろが一体どんなものなのかをご存知ですか。
このほくろは黒い色素であるメラニンが他の部分よりも高密度で存在してできています。メラニン色素を他の細胞よりも多く含んでいる細胞のことをメラニサイトと呼んでいるのですが、ほくろにはこのメラニサイトが集中してメラニンが色素沈着しています。
ほくろの形も人それぞれで、皮膚の表面が黒くなっているだけのものもあれば、少し盛り上がっているようなものもあります。

ほくろの部分はレーザー脱毛・フラッシュ脱毛をすることはできない

ほくろの部分に毛が生えてしまうことも少なくないため、ほくろを脱毛したいという人もいるのではないでしょうか。
ですが残念ながらほくろの脱毛はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では行うことができません。そのため一部の脱毛サロンや脱毛クリニックを除いて脱毛をしてもらえないのです。
特に脱毛サロンではほくろの脱毛はまずしてもらうことができないので、ほくろを脱毛してほしいと考えている人はどこで脱毛をしてもらうかを決める時には注意しましょう。

ほくろ脱毛の危険性/ほくろはメラニン量が多くレーザーやフラッシュに強く反応するため火傷などの肌トラブルの危険がある

ほくろの脱毛がなぜできないのかが不思議という人もいるのではないでしょうか。実はほくろの脱毛には様々な危険が潜んでいます。
その1つに、ほくろにはメラニンが高密度で存在していることが関係しています。
脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛や脱毛クリニックで行われるレーザー脱毛ではメラニンに反応する光やレーザーを照射しています。そのためほくろに照射をしてしまうと、強く反応してしまうので火傷などの肌トラブルの危険が高くなってしまいます。そのためほくろは脱毛をすることができないのです。

ほくろ脱毛の危険性/レーザーやフラッシュ照射によりメラニンが活性化しほくろの色が濃くなることがある

ほくろはレーザーによって消すこともできるため、同じレーザーである医療レーザーならば危険はないのではないかと思う人もいるかもしれません。
ですがほくろを消すのに使われるレーザーと脱毛に使われるレーザーは出力が異なるため同じように利用することはできません。
逆に脱毛に使われるレーザーやフラッシュをほくろに照射してしまうと、ほくろのメラニンが活性化してしまい、余計に色が濃くなってしまうこともあるので注意しましょう。

ほくろ脱毛の危険性/レーザーやフラッシュが集中的に照射されることで熱ダメージを受けほくろが腫れることがある

ほくろを脱毛してしまうと、腫れてしまうこともあります。
脱毛をするためにはレーザーやフラッシュを照射することになるのですが、これらはメラニンに反応するようにできています。そのためほくろに照射をしてしまうと、メラニンが集中しているほくろに照射も集中してしまい、熱ダメージを受けてしまいます。
するとほくろがダメージを受けることで腫れてしまうことがあるのです。場合によっては痛みを感じてしまうこともあるので、ほくろの脱毛は危険なのです。

レーザーやフラッシュ脱毛でほくろが増える?

先にも紹介したように、ほくろの部分にフラッシュやレーザーを照射してしまうと色が濃くなってしまうことがあるので、脱毛によってほくろが増えてしまうこともあるのではないかと不安に感じている人もいることでしょう。ですが脱毛をしてもほくろが増えることはありません。
脱毛後に皮膚が黒くなっているという人もいるでしょうが、それはメラニンが沈着してできたくすみであることがほとんどです。これはあくまでメラニンが増えて沈着したくすみであってほくろではないので注意しましょう。

レーザーやフラッシュ脱毛でほくろが消える?

脱毛に使われるレーザーやフラッシュを照射すればほくろが消えるのではないかと思っている人もいるかもしれません。ですが残念ながら脱毛用のフラッシュやレーザーにはほくろを消し去る効果は一切ありません。
確かにほくろを消すためにレーザーは使われているのですが、このレーザーは脱毛用に使われているレーザーとは出力などが異なるので同じような効果は期待できません。
脱毛で使用されているレーザーやフラッシュはあくまで脱毛用に調整されたものなので注意しましょう。

レーザーやフラッシュ脱毛でほくろが大きくなる?

脱毛をしたらほくろが大きくなってしまったという人もいるのではないでしょうか。実はこれはほくろが本当に大きくなったわけではないのです。
先にも紹介したように、脱毛中にほくろにフラッシュやレーザーを照射してしまうと、ほくろに熱ダメージが集中してしまいほくろが腫れあがってしまうことがあります。この腫れによってほくろが膨らんで見えたのです。
このような症状が見られた時には、医師に相談することで対処をしてもらうことができるでしょう。

ほくろやほくろから生えた毛の脱毛方法・脱毛器の照射/肌トラブルを起こさないための施術方法

ほくろ脱毛の施術方法/ほくろ保護シールを貼って保護する

ほくろの周囲に毛が生えていて脱毛をしたいと思っていた人は、ほくろは脱毛することができないことから周囲の毛も脱毛することができないのではないかと不安に感じている人もいることでしょう。
ですがそのような心配は不要です。脱毛をする際にはほくろ保護シールを貼ってくれるのでその周辺を脱毛することもでき、また脱毛をしたからといってほくろに影響があるわけでもありません。
ほくろがある場合は施術前にスタッフに伝えるようにしましょう。

白い保護シールを貼ることでレーザーやフラッシュがメラニンに反応することを防ぐ

ほくろ保護シールはどんなものかが気になるという人もいることでしょう。このほくろ保護シールは白いシールになっています。
シールを白色にすることで、レーザーやフラッシュがシーツを通過してほくろに影響を与えることを防いでいます。
そのためほくろ保護シールの上からレーザーやフラッシュを照射してもほくろのメラニンにレーザーなどが反応することが無いので、ダメージを受けることもないため、安心して脱毛をしてもらうことができます。

ほくろ周りの毛は照射できるがほくろから生えている毛は処理できない

前述の通り、脱毛をする時にはほくろ保護シールを貼ってもらうことができるので、ほくろの周辺にもレーザーやフラッシュを照射することができ、ほくろ周辺に毛があるという人も安心して施術をしてもらうことができます。
ですがほくろ自体にはレーザーやフラッシュの効果が得られないので脱毛をすることはできません。そのためほくろから毛が生えているという人は脱毛サロンやクリニックでは脱毛をしてもらうことができないことも少なくないので注意しましょう。

ほくろ脱毛の施術方法/ほくろやほくろ毛は避けて照射する

これまでに紹介してきたようにほくろがあるという人は、その部分は毛が生えていたとしても施術をしてもらうことは基本的に出来ません。
ですが中には小さいほくろがたくさんあるなどの理由で施術をしてもらうことができるかが不安という人もいるかもしれません。
脱毛サロンやクリニックではほくろがある人に対してはほくろ保護シールを貼るか、ほくろやほくろ毛は避けて照射をしています。そのためほくろがあるからといって施術を断られる可能性は非常に低いので安心しましょう。

シミやそばかすが多い顔は肌トラブルを避けるため範囲を狭く設定しているケースが多い

これまでにほくろは脱毛をすることができないと紹介してきましたが、それ以外にも照射を避けている部分があります。それはシミやそばかすです。
シミやそばかすにレーザーやフラッシュを照射することでも肌トラブルが起きてしまうリスクが高くなってしまうのです。そのため脱毛サロンやクリニックではシミやそばかすが多い肌に対しては肌トラブルを避けるために、照射範囲を狭く設定していることが多いです。
シミやそばかすが多いという人も安心して施術を受けることができるでしょう。

ほくろ脱毛の施術方法/レーザーやフラッシュの照射パワーを下げる

脱毛サロンやクリニックの中には、ほくろにほくろ保護シールを貼らずに照射をしてくれることもあります。その場合は、照射するフラッシュやレーザーの出力を下げることでダメージを少なくすることで対応してくれています。
脱毛サロンやクリニックで利用されている業務用の脱毛器では照射する出力を細かく調整できることが多いので、最低限の出力で照射をすることでほくろへの照射も可能としているのです。
出力を下げてもほくろの腫れなどのリスクがなくなるわけではありませんが、そのリスクを下げることは可能です。

照射パワーを下げるとメラニンへの反応は弱くなるが脱毛効果が低下する

前述の通り脱毛サロンやクリニックによってはほくろやその周辺にフラッシュやレーザーを照射する時には、シールを貼るのではなく出力を下げて対応してくれることもあります。
ですが出力を下げて照射を行うということは、メラニンへの反応を弱くすることはできるのですが、その分脱毛効果は減少してしまうため、満足いく脱毛効果を得られない可能性も高くなってしまいます。
そのことも理解した上で施術をしてもらうようにしましょう。

照射パワーを下げると脱毛効果が低下するため脱毛完了までの期間が長くなる

ほくろやその周辺の脱毛をする時には出力を下げて対応してくれるサロンやクリニックがあり、その場合は脱毛効果が弱くなってしまうと紹介しました。ですが注意しなければいけないのはそれだけではありません。
それは脱毛効果が弱くなってしまうと、その分脱毛が完了するまでに必要な施術の回数も多くなってしまうため、脱毛が完了するまでに時間がかかってしまうという点です。
そのためできるだけ早く脱毛を完了させたいと思っている人は注意しましょう。

照射パワーを下げると施術回数が増えるため脱毛料金が高くなってしまうことがある

照射パワーを下げることは脱毛が完了するまでに時間や施術回数が増えてしまうことに繋がります。また脱毛の回数が増えるということは、回数無制限のプランに契約していない限りは施術の追加などが必要になってしまうこともあり、結果必要な料金も高額になってしまうので注意が必要です。
特に脱毛サロンでは完全に自己処理が不要になるレベルまで脱毛をするためにはそれなりの回数の追加が必要になりますが、そこにさらに追加しなければいけないので注意しましょう。

ほくろの周りやほくろから生えている毛を脱毛する方法/脱毛器や施術方法

医療レーザー脱毛や光脱毛ではほくろから生えている毛を脱毛することはできない

脱毛サロンやクリニックに通いたいと思っている人の中には、できるならばほくろから生えている毛も脱毛してほしいと思っている人もいるのではないでしょうか。
ですが残念ながら脱毛サロンやクリニックで行われているフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛ではほくろの脱毛をすることはできません。そのためフラッシュ脱毛を行っている脱毛サロンと医療レーザーによる脱毛を行っている脱毛クリニックでは脱毛をしてもらうことができないので覚えておきましょう。

ほくろから生えている毛はメラニンの影響が強く太くて濃い毛が生えていることが多い

ほくろから毛が生えているという人の中には、ほくろから生えている毛が他の部分の毛よりも太く感じたことはありませんか。実はこれは良く怒ることです。
ほくろはこれまでにも紹介してきたように、メラニンが高密度で集中することでできています。そんなほくろから生えてくる毛は、ほくろのメラニンが影響してしまい太くて濃い毛が生えてくることが多いです。
そのためほくろから太い毛が生えているというのは異常が起きているわけではありません。

ほくろに生えている毛を脱毛できるのはニードル脱毛

これまでに紹介してきたようにフラッシュ脱毛やレーザー脱毛ではほくろの脱毛をすることができません。そのためほくろから毛が生えていても脱毛を諦めているという人もいるかもしれません。
ですがほくろの脱毛は実は可能です。それは一部の脱毛クリニックが実施しているニードル脱毛による脱毛です。
ニードル脱毛では1つ1つの毛穴に対してアプローチを行うので、ほくろがあっても施術をすることができ、ほくろの毛の脱毛を可能にしています。

ニードル脱毛はメラニンの有無にかかわらず施術できるので、ほくろから生えている毛でも脱毛できる

ニードル脱毛だけは他の脱毛方法ではすることができないほくろの脱毛をすることができるのですが、それがなぜかと疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
これは毛に対するアプローチの仕方が関係しています。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では毛のメラニンに反応する光などを照射することで毛根にアプローチしているのに対し、ニードル脱毛では1つ1つの毛穴に対して電気などを流すことで脱毛をしています。
そのためメラニンに関係なく脱毛をすることができるので、ほくろの脱毛も可能なのです。

ニードル脱毛は4種類/電気分解法・フラッシュ法・ブレンド法・絶縁針脱毛について

脱毛サロンで行われるニードル脱毛(フラッシュ法・ブレンド法)の特徴について

脱毛サロンで行われているニードル脱毛は、フラッシュ法やブレンド法と呼ばれる方法で脱毛を行っています。
これらの方法では高周波電流を使用することで脱毛をしています。この高周波電流を毛穴に流すことでたんぱく質を凝固させることができ、発毛ができない状態にしているのです。
なお高周波電流の身を利用しているのがフラッシュ法、高周波電流と直流電流を併用して脱毛を行っている方法がブレンド法になります。
どちらも通電時間が短いので短時間で脱毛をしてもらうことができるでしょう。

脱毛クリニックで行われるニードル脱毛(電気分解法・絶縁針脱毛)の特徴について

前述したように脱毛サロンではフラッシュ法とブレンド法という2つの方法でニードル脱毛が行われているのに対して、脱毛クリニックでは電気分解法と絶縁針脱毛という2種類の方法でニードル脱毛がおこわ慣れています。
こちらの方法では直流電流を毛穴に流すことによって毛穴に含まれている水分をアルカリ性に変質させることで永久脱毛を可能にしています。
レーザー脱毛に比べると効果が高い分痛みを感じてしまう可能性もあるので覚えておきましょう。

ほくろのニードル脱毛のメリット・肌色や肌質を問わないため、ほくろやシミなどが多い人も安心して脱毛できる

ほくろをニードル脱毛で脱毛したいという人の中には、本当に安全に脱毛をすることができるかが不安な人もいるのではないでしょうか。
ニードル脱毛でほくろを脱毛すると肌トラブルなどのリスクは下がります。
これはニードル脱毛では毛に対してアプローチをするのではなく毛穴に針を差し込むことで毛根に直接アプローチをすることができるためです。そのため肌色や肌質を問わずに脱毛することができ、ほくろやシミなどが多い人も安心して脱毛することができます。

ほくろのニードル脱毛のデメリット・毛穴に直接ニードルを刺すため痛みが激しい

ニードル脱毛はほくろやシミのある部分の脱毛もすることができるので利用したいという人も多いかも知れません。ですがこれらの部位を脱毛する時には注意も必要です。
ニードル脱毛はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛のように肌に光などを照射するのではなく、毛穴に直接ニードルを差し込むことで施術を行っています。そのためどうしても強い痛みが出てしまうので、痛みに耐えながら施術を受けなければいけません。
痛みに弱いという人には辛いかもしれません。

ほくろのニードル脱毛のデメリット・1本1本にニードルを刺すため施術時間がかかる

ニードル脱毛は痛みが強いこと以外にもデメリットがあります。それは時間がかかってしまうというものです。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では1度に広範囲に照射をすることができるので、短時間で広範囲の脱毛をすることができます。
それに対してニードル脱毛では1つ1つの毛穴に対して針を差し込んでいくので、どうしても施術に時間がかかってしまいます。
特に全身の脱毛を希望する場合には、かなりの時間が必要になってしまいます。

ほくろのニードル脱毛のデメリット・レーザー脱毛やフラッシュ脱毛と比べて高額

ニードル脱毛はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛に比べて非常に高い効果に期待することができます。またほくろなどの脱毛もすることができます。
ですがその分料金も高額になってしまうので、金銭的な負担がどうしても大きくなってしまいます。
特に痛みに弱いという人にとっては、痛みに耐えながら施術を受けることになるので、料金に見合わないと感じてしまう可能性もあります。
そのためニードル脱毛は費用の面でも人を選んでしまうので覚えておきましょう。

ほくろ周りの毛の脱毛はレーザー脱毛またはフラッシュ脱毛がおすすめ

これまでに紹介してきたようにレーザー脱毛やフラッシュ脱毛ではほくろの毛の脱毛はすることができません。ですがあくまでメラニンが集まっているほくろの脱毛ができないだけであって、ほくろの周辺の毛に関しては脱毛をすることができます。
そのためほくろの周辺の毛を脱毛したい場合にはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛を利用することをおすすめします。
これらの方法の方が料金も安く済み、短時間で施術をしてもらうことができるのでおすすめです。

ほくろから生えている毛のみニードル脱毛を行えば料金の心配もなく脱毛効果を得ることができる

ほくろの周辺はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛でも脱毛をすることができるのですが、ほくろから生えている毛に関してはこれらの方法では脱毛をしてもらうことができません。
そのためほくろから生えている毛だけはニードル脱毛を利用するようにしましょう。
ほくろとその周辺で脱毛方法を変えることで、ニードル脱毛のデメリットである費用の高さや時間がかかってしまうことをカバーすることができるので、より便利な脱毛方法にすることができます。

脱毛器はほくろがあっても使える?についてまとめ

ほくろが身体にあるという人やほくろから毛が生えているとお悩みの方も少なくありません。ですがほくろの毛は脱毛サロンで利用されていることが多いフラッシュ脱毛や脱毛クリニックで利用されていることが多いレーザー脱毛では脱毛をすることができないので注意が必要です。
もしどうしてもほくろの脱毛をしたい時には、ニードル脱毛を利用しなければいけません。ですがこれらの方法はデメリットもいくつかあるため、全身をニードル脱毛で脱毛するのではなく、ほくろ以外の部分はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛で、ほくろの部分のみをニードル脱毛にすることでデメリットの影響を減らすことができます。
ほくろの毛でお悩みの方は、ぜひニードル脱毛も活用してみてください。