【銀座カラーの生理中の脱毛】生理中の脱毛はOK?当日キャンセルや振替など生理の時の対応

銀座カラーの生理中の対応/生理中でも脱毛できる?

銀座カラーの生理中の対応/生理中はVライン(上部・サイド)、Iライン、ヒップ、ヒップ奥(Oライン)の施術はできません

脱毛サロンの銀座カラーは、生理中でも脱毛の施術は可能です。ただもちろん、VIOとヒップについては脱毛不可能になります。
出血が完全に終わるまではこれらの部分の脱毛は不可ですので、もう終わりかけだから内緒で、などと考えないようにしましょう。

銀座カラーの生理中の対応/太ももやへそ下などの下半身は通常通りに施術できます

嬉しいことに、銀座カラーでの脱毛の施術は、生理中でもVIOとヒップ以外の下半身は可能です。
例えば太ももやへそ下なども通常通りに施術してもらえます。この部分はどうなのかなと疑問に思っ場合は、スタッフに確認してくださいね。

銀座カラーでは生理中の脱毛を推奨していない理由1・生理中は痛みを強く感じやすい

基本的には光脱毛は、レーザー脱毛よりも痛みが少なく、また今では痛みをより少なくするような方法を、サロン側も取ってくれます。
なので光脱毛器の使用においては、今ではほとんど痛みを感じないという人も多いはずです。
銀座カラーでも色々は手段を用いて、利用者の痛みを減じるような措置を取ってくれています。
しかし生理中というのは皮膚も敏感になるものです。普段は何も感じないほどの施術でも、痛みを大きく感じることもあります。
痛みに敏感な人はもちろん、生理中にはやめておくに越したことはありません。

銀座カラーでは生理中の脱毛を推奨していない理由2・生理中は肌が敏感となり炎症などのリスクがある

生理中というのは、ホルモンバランスも崩れる時期です。結果、肌荒れに悩まされる人も多いですね。
そんな皮膚の弱った、バリアーが低下した時の脱毛の施術は、フラッシュ脱毛の刺激でも肌の炎症を呼ぶことがあるのです。
炎症を起こした肌はもちろん痛みも大きく感じますし、後々の肌トラブルの原因にもなります。
またその炎症が元で雑菌が入ったりすると、毛嚢炎のリスクも高まります。
銀座カラーの場合非常に衛生には気を使っていますが、こうしたリスクからも生理中の脱毛はおすすめできないとしています。

銀座カラーでは生理中の脱毛を推奨していない理由3・生理中はホルモンバランスの影響で乾燥し脱毛効果が低くなる

生理中というのは何しろ、ホルモンバランスが狂ってしまっています。普段とは肌の調子も段違いなのです。
特に肌が乾燥しやすくなるので、肌荒れしてしまう人も多いですよね。生理中だけ肌が赤くなりやすい、など悩む人も多いことでしょう。
加えてフラッシュ脱毛器の威力も、届きにくくなるのです。肌が潤っている方が、フラッシュが毛根に届きやすいのですね。
そして痛みも大きく感じるので、どうしても出力を下げることになります。こうした結果、脱毛の効果が激減してしまうのです。

銀座カラーの生理時の対応/脱毛可能な範囲のみ脱毛するまたは予約の変更やキャンセルをする

生理と予約が重なってしまった場合、予約のキャンセルもしくは変更が必要です。
生理になった旨連絡をして、予約の変更やキャンセルを伝えてください。必ず予約の1時間前までに連絡をしてくださいね。
会員サイトからでもキャンセルや予約変更は可能です。

銀座カラーで生理時に脱毛する時は脱毛可能な範囲は通常通り施術を行い、VIO+ヒップの脱毛のみ振替をする

全身脱毛の場合、VIOやヒップ以外の脱毛は生理中でも可能です。なので生理になったことを伝えて、それ以外の部分を脱毛してもらうことはできます。
この時にVIOやヒップの部分の脱毛の振替をすることも可能ですので、忘れずに次の予約を入れるようにしてください。

生理中に施術を希望する場合は銀座カラーのコールセンターまたは店舗に生理になった旨を事前連絡する必要があります

VIOややヒップ以外の脱毛は生理中でも可能な銀座カラーですが、生理になったことは予め連絡する必要があります。
生理中であることを前提に施術しますので、この連絡は大切です。当日行ってから伝えた場合脱毛自体できないこともあるので、必ず連絡を入れてください。

生理中にVIOやヒップの施術を振替した場合は追加料金などは一切かからないので安心です

生理中なのでヒップとかVIOは別の日に振替、これは無料でできるのでしょうか。別料金発生したら、ちょっと悩んでしまいますね。
嬉しいことに銀座カラーでのこの手の振替は、無料で行なえます、追加料金なども発生しません。安心して振替してください。

銀座カラーは予約時間の1時間前までキャンセルができるため、生理時にはキャンセルを検討するのもアリ

予約のキャンセルなど、1日前までとか言うと結構きついものがあります。特に生理というもの、予定通りに来てくれるとは限りません。
当日級に始まることだってあるのです。
幸い銀座カラーの場合、予約1時間前まではキャンセル可能です。生がは急に始まったなどという時には、キャンセルもしやすいですね。

銀座カラーは予約時間の1時間前までのキャンセルならペナルティは発生しません 予約キャンセルなどのペナルティというもの、これも馬鹿にできません。下手にキャンセルした場合、1回分にカウントされるサロンだってあるのです。 また予約時間のどの程度前に連絡をという縛りもありますね。1日前までになどだと、生理の時には困りものです。 銀座カラーは予約1時間前までのキャンセルにはペナルティがありません。安心してキャンセルしてください。

銀座カラーのキャンセル・予約変更は電話または会員サイトから行う

銀座カラーコールセンター

電話番号:0120-360-286
受付時間:平日12時~21時 土日祝:10時~19時

銀座カラーの予約の変更やキャンセルを電話で行う場合は、予約日前日の19時までにコールセンターに電話をする必要があります。

期限を過ぎてしまうとペナルティ(1回分の脱毛消化)が発生してしまうので注意しましょう!

銀座カラー会員サイトから予約の変更やキャンセルを行う場合は、予約時間の1時間前までペナルティが発生しません。

もし、急に生理が来てしまっても、会員サイトなら予約時間の1時間前までペナルティなしでキャンセルができるので、ぜひ会員サイトに登録をしておきましょう☆

銀座カラーの生理時の脱毛で気を付けることは?

生理中に施術を希望する場合は事前に連絡をしないとペナルティとして1回分の脱毛が消化されます

生理中でも、VIOやヒップ外の施術は可能な銀座カラーです。なので他の部分だったら脱毛してもらえるしと、軽く考えてしまうことだってありますね。
しかし生理中であるということ、これは事前に銀座カラーのお店に連絡を入れる必要があるのです。
生理中の施術はやはり特殊なものです。スタッフもその点を心得て施術する必要があります。衛生に関しても、普段よりも気をつける必要もあるのです。
なので連絡をして、生理中であることを踏まえた施術をしてもらうことになるのです。
これを連絡していない場合、施術が受けられず加えて1回分の脱毛症かにもなってしまいます。気をつけてくださいね。

生理中に施術を希望する場合は自身のサニタリーショーツを着ける必要があります

脱毛の施術時には、銀座カラーでは紙のショーツとサロンのガウンに通常は着替えます。
しかし生理時の施術の場合、自分のサニタリーショーツを用意する必要があります。
出血のための準備ももちろんですが、自前のサニタリーショーツを身につけることを忘れないようにしてください。
しっかりと準備したはずなのにそれでも経血が、などという場合ももちろんあるのです。適当なショーツだと、恥ずかしい思いをすることもありますので、注意しましょう。

生理中に施術をするなら替えのショーツを持参すると安心です

生理の時というのは、身体も心も敏感になっています。そんな時に施術するのですから、緊張のあまり何時もよりも出血が多くなることもありますね。
なので替えのショーツを1枚持っていくことをおすすめしたいです。なにかあった時にも、替えのショーツがあれば帰途も安心ですよ。

生理中に鎮痛剤などを服用している場合はVIO・ヒップ以外の部位の施術もできない

生理というのは辛いものです。気分も落ち込みますし、何よりも生理痛というのは耐え難いものです。結果、鎮痛剤のお世話になる人も多いでしょう。
しかしこの鎮痛剤、脱毛の施術にはご法度です。薬の種類によってはフラッシュが過敏に反応、光線過敏症と言われる炎症を起こしたりもするのです。
それに加えて思わぬ副作用が出ることもあります。
痛みが酷くてどうしても鎮痛剤が必要、などという時には思い切ってキャンセルをすることが最もおすすめです。

生理時に限らず薬を服用している場合は施術ができないので注意が必要です

鎮痛剤以外の薬なら特に問題はないのか、と思ってしまいますがこちらも要注意です。
こうした施術には安全策がしっかりと取られていますが、それでも薬の中のどの成分かがフラッシュなどに過敏に反応を起こすかわからないからです。
常用薬とかの服用がある場合、事前に相談してください。

銀座カラーの生理中の脱毛についての疑問・Q&A

生理の終わりかけなら普段通りに脱毛を受けても大丈夫?

もう終わりかけているし、ほとんど出血もないからこれなら施術受けても大丈夫と考えるのは、これはご法度です。
完全に出血が終わるまでは生理中です。生理中であることを連絡の上、来店するようにしてください。もちろんVIOやヒップ部分の脱毛施術は不可能です。
終わりかけでもまだホルモンバランスは戻っていませんし、身体の敏感さも通常以上です。その点をしっかりと自分でも把握しておいてください。
銀座カラーでは、終わりかけはまだ生理中とみなしています。何も言わずに施術に行くと、ペナルティ発生の可能性もないではありません。

生理の際にVIO+ヒップの振替を行う場合は生理後7~10日経過した頃がおすすめ

生理というのは、出血が終われば全部身体も元通り、というわけではありません。もちろん出血がなくなれば、銀座カラーでは普通に脱毛も出来ます。
しかし身体自体はまだ、ホルモンバランスも元通りというわけには行かないのです。
なので特に肌もまた痛みに対して敏感なVIOやヒップの施術の振替は、1週間から10日経過したあたりがおすすめです。
この時期になるとホルモンも整い、肌の調子も良くなってきます。焦らずに時期を待って施術しましょう。

生理の際に事前に生理のことを伝え忘れてしまったらどうなるの?

生理であることを伝え忘れ、特に悪意とかではなく連絡のし忘れということもあります。そして店まで行って、実はとなること無いとは言えません。
こうした場合は施術は不可能になります。店によっては1回分の施術が消化されてしまうこともあります。
VIOとヒップ以外ならどうってこと無いかもと思うかもしれませんが、これも生理の時にはそれなりの用意が必要になるのです。
結果、その日の施術は諦めてもらうこととなります。忘れずに、生理であることを連絡してくださいね。

生理中はタンポンをつけて施術できる?

VIOとヒップ以外の生理中の施術は可能です。なのでナプキンやタンポンで処置して施術を受けるようにしてください。
ナプキンだけでは不安な人の場合、タンポンとセットで使用することをおすすめします。経血漏れなどが起きないように、充分に対策をとってくださいね。
サニタリーショーツの用意も、忘れないでください。
もちろん予め生理であることを連絡した上で、またスタッフさんにも施術前に改めて、生理中であることを伝えておきましょう。

生理が不定期の場合はどのように予約を取ればいいでしょうか?

生理が不順というのは、決して珍しいことではありません。なのでとりあえず予約を先行してとておきましょう。
生理が来てしまったら、予約時間1時間前まではキャンセルが可能ですので、ここで諦めてキャンセルという形を取るのが良いですね。
多分この辺りに生理が、と思っても予約とかぶってしまうことは誰にでもあるものです。
なのでキャンセル連絡だけ忘れないようにすれば、生理が不定期な人でも安心して施術が受けられる銀座カラーなのです。

銀座カラーの生理中の対応まとめ

銀座カラーの場合、生理中の施術自体はVIOとヒップ以外であれば行います。
なので全身脱毛コースなどの場合、生理になったらキャンセル、もしくはVIOとやヒップだけ振替という2つのコースが選べます。
また生理によるキャンセルも、予約時間の1時間前までに連絡すればノーペナルティなので、安心して予約することが出来ますね。
ただ心得ておかなくてはいけないのが、生理中に施術を受ける時にはかならず生理中だということを、これを事前に連絡しておくということです。
これを怠ると、施術不可能に加えて1回分の施術消化などのペナルティが発生することもあります。この点だけは充分に注意してください。
またVIOやヒップ以外は可能な生理中の施術ですが、それでも肌の敏感さや痛みに関する感覚の強さは、通常時よりも大きくなります。
生理中の脱毛のデメリットは結構大きいので、できれば生理のない身体と心のバランス乗っ取れている時の施術が、おすすめになります。

タイトルとURLをコピーしました