【自宅でできるワキ脱毛】セルフ脱毛のやり方・おすすめの家庭用脱毛器を紹介します

自宅でできるセルフ脱毛のやり方・家庭用脱毛器や除毛ワックスなどの脱毛方法

自宅でできるワキ脱毛

自宅でできる脱毛方法・家庭用脱毛器のメリットとデメリット

サロンに行かずに脱毛することができる家庭用の脱毛器は手軽で予約の時間を気にせずに済むため忙しい主婦にメリットとなります。
また、家庭脱毛器はいろいろなものがありますがだいたい5万円くらいで購入することができますが、サロンだと数十万かかってしまいます。
コスパを抑えるメリットも家庭脱毛器にはあります。

その一方でサロンの機械ではないため脱毛されているという実感を得ることはできません。
また脱毛器って一言に言ってもたくさんあるので選べないし、肌のトラブルがでてしまうデメリットもあります。

自宅でできる脱毛方法・除毛クリームのメリットとデメリット

ドラッグストアにおいてある除毛クリームは脱毛器と違い即効性のメリットがあります。
残念ながら除毛クリームなので永久脱毛はできませんが時間がない時におすすめの方法となっています。
毛を溶かして除毛するので濃い毛や太い毛でも除毛することができコスパも1000円前後とコスパも素晴らしいものがメリットになっています。

ただ、残念なことに除毛クリームは使い続けると肌に負担を抱えてしまうため肌荒れしてしまうことがあります。
また敏感肌の方は使うことができないので人を選んでしまうデメリットがあります。

自宅でできる脱毛方法・シェーバー(電気シェーバーまたはカミソリ)のメリットとデメリット

電気シェーバーだと、家庭用の脱毛器に比べて安く購入することができます。
またドラッグストアで購入することができるので気軽に試せるメリットがあります。
しかも深剃りができるのでツルツルとした肌を手に入れうことができます。

ただ、カミソリや電気シェーバーを使ったあと肌がヒリヒリしたり痒くなったりすることがあります。
またカミソリを使うことで出血してしまうこともあり自宅で行なうカミソリでの脱毛は肌のトラブルがデメリットです。

自宅でできる脱毛方法・毛抜きのメリットとデメリット

毛抜を利用した脱毛方法もあり、こちらもどこでも手に入れることができるメリットがあります。
小さいものなのでシェーバーなどで剃りにくい場所も処理しやすくなっています。
また持ち運びも簡単なので外出先毛が気になった場合処理するメリットもあります。

その一方でシェーバー見たく一気に何本も処理するわけではなく1本1本丁寧におこなていくので時間がものすごくかかるデメリットがあります。
また、無理やり抜くので痛みも肌へのトラブルも否定できません。
場合によっては出血してしまうこともあります。

自宅でできる脱毛方法の中で除毛や減毛ができるのは家庭用脱毛器だけ!

以上のことから自宅でできる脱毛方法の中で除毛や減毛ができるのは多少のリスクはありますが家庭用脱毛器のみなのです。
確かに家庭用の脱毛器でも肌トラブルは否定できません。

しかし、他の毛抜きやシェーバーそしてクリームの肌トラブルのリスクに比べると低いことがわかるのではないでしょうか。
確かにコスパは毛抜きやシェーバークリームだと安くすみます。
しかし安くて肌にトラブルを抱えてしまっては意味がありません。
以上のことから家庭で安全に除毛や減耗するのであれば家庭用脱毛器ですることをおすすめします。

脱毛サロンと家庭用脱毛器の比較/自宅で脇脱毛をするメリットはある?

料金の比較/脱毛サロンの脇脱毛は低料金プランが多くコスパがいい

サロンに通うよりも自宅で家庭用の脱毛器を利用したほうが安く済みそうな気がしますが実際はどうなんでしょうか。

サロンによりますが平均で月5000円でワキの脱毛することができます。
ちなみに全身脱毛なら結構なお金がかかりますがワキのみの脱毛なら安く済む事ができます。

家庭用の脱毛器は数万円最初に支払う必要があり、そこに電気代など見えないお金がかかってしまいます。

なのでコスパを比較してみるとサロンでへいきん5000円で脇脱毛できるのに対して家庭用だと数万円に電気代などがかかってくるということになります。

料金の比較/家庭用脱毛器は脱毛サロンの脇脱毛プランよりも高額なケースが多い

家庭用脱毛器は、機能がまったくないものであればそんなに高くないので気軽に購入できます。
しかし機能がついていないものは壊れやすかったり痛かったりすることがあります。
となるとある程度の機能がついているものを購入することになると数万円はどうしてもかだかってしまいます。

それに比べて脱毛サロンの脇脱毛プランは色々なプランがありますが、月数千円で通えるプランが多数あります。
予約必須ではありますが数千円で綺麗になれるならコスパはサロンのほうが良さそうですよね。

効果の比較/脱毛サロンは照射の出力が強く高い脱毛効果を得られる

脱毛サロンの照射は照射の機会によりますが出力が強く、すぐとはいきませんが脱毛の効果を実感することができます。

ただサロンでの脱毛は日焼けした肌には施術を受けることができません。
普段から日焼けしやすい人ではサロンで脱毛することが難しくなってしまいます。

脱毛サロンの照射であれば数回でワキの脱毛は終了します。
しかし、家庭用脱毛器は物によって数十回当てる必要があり時間もかかってしまいその分肌トラブルを招いてしまいます。

効果の比較/家庭用脱毛器はサロン級の脱毛効果を得られる商品もある

今までの話を聞くと断然サロンがお得に感じるかと思いますが、確かにサロンだと安く脱毛をすることができるのでサロンで脱毛するのも1つの手です。

しかし、最近ではエステ並に綺麗に脱毛をしてくれる家庭用脱毛もあります。
綺麗に脱毛してくれるのでその分お金がかかってしまいますが、1度買うと辞められないくらい綺麗に脱毛してくれるものもあります。

サロンに通う暇がない人であればサロン並の脱毛器を購入することをおすすめしますがコスパが気になるのであればサロンで脱毛してもらうといいですね。

脱毛期間の比較/脱毛サロンの脇脱毛は1~2年ほど必要

脱毛サロンの脇脱毛は1回で終わることは難しいとされています。

それは毛周期に関係していて、1回行ったとしてもまた生えてきてしまい、自己処理する必要があり自己処理しないようになるためには1年ほどかかってしまいます。

もちろんこれは人によって違うため一概には言えないんですが、数ヶ月で終了ということはないということを頭に入れておきましょう。

サロンによっては予約取れずなかなか終わらないところもあるのでもしサロンに通う場合は通いやすいところを選ぶことをおすすめします。

脱毛期間の比較/家庭用脱毛器はムダ毛が気になるときだけ気軽に使える

サロンでは気になっても予約しないと脱毛することができません。
サロンによっては予約できなくで脱毛もできないということがあります。

それに比べて家庭用脱毛器は気になったらいつでも処理することができます。
気軽にできる点ではサロンに比べると家庭用脱毛器がいいですね。

サロンで予約取れないとムダ毛が気になってブルーになることもありますが家庭用脱毛器であれば気になるから脱毛しちゃおうってなんてブルーになることはないのではないでしょうか。

安全性の比較/脱毛サロンは医療機関と提携しているケースが多いため安心感がある

サロンで脱毛する際に気になるのが何かあったときですよね。
サロンでどんなに細心の注意をはかってくれたとしても、予期せぬ肌トラブルが起こってしまうことがあります。
ひどくならないことが多いですが、まれに医療機関受診しないといけないくらいになってしまうことがあります。

そんなとき自宅なら病院を探して受診しなくてはいけなくなりますが、サロンの多くは提携先医療機関があるためなんかあったときも安心することができます。

安全性の比較/家庭用脱毛器は安全性は高いが肌トラブルなどは自己責任となる

家庭用脱毛器はサロンに比べて照射が低いため、安全性が高くなっています。
その反面家庭用脱毛器を利用して肌が何らかのトラブルを抱えてしまうことがあることが否定できません。

肌トラブルが起こってしまいそのまま放置してしまう人もいますがひどくなるとやはり医療機関へ行けなくてはいけません。
そうなると病院代がかかってしまい余計な出費になってしまいます。
また普段から皮膚科へ通わない人が皮膚科を探さないといけなくそれも結構な手間がかかってしまいますね。

脱毛サロンのデメリット/施術を止めると再び生えてきてしまうことが多い

脱毛サロンは通い続けてこそ脱毛の効果を得ることができます。
もう生えてきてないからと言って勝手に辞めてしまうとまた生えてきてしまいその結果また1から脱毛し直しになってしまいます。
通い続けてこそ効果を得ることができますので途中でやめてしまう可能性がある場合はサロンでの脱毛が向かない可能性があります。

いずれにせよ脱毛サロンに行く前に1年は通うことができるのかどうか自分で検討してみてから決めると安心ですよ。

脱毛サロンのデメリット/脱毛効果を持続するためには通い放題プラン(回数無制限)が必要になり高額になる

脱毛サロンには様々なプランがありますが、お得なプランの多くは回数が決められています。
その回数であればコスパ的にもいいのですが回数よりも多く通いたいとなれば当然プランの値段が高くなってしまい結局数万円~数十万円どうしてもかかってしまいます。

なるべく低コスパでサロンで通いたいのであれば回数が決められているプランを選ぶといいですが、それ以上に通うのであれば無制限プランで安いサロンを下がることをおすすめします。

家庭用脱毛器のデメリット/照射の出力が弱く脱毛効果を実感するのに時間がかかる

先程もご紹介したように家庭用脱毛器はサロンで使う脱毛器ほど照射が弱いです。
そのため初回は脱毛されて肌ツルツルだと実感されますが毛が生えてきてしまいます。
通常サロンで脱毛すると3回目くらいには自己処理で済むようになり6回目くらいになると自己処理が必要なくなります。
しかし、家庭用だとそうは行かず10回以上照射しないと実感できないことがあります。
なのですぐにでも実感が欲しい人であればサロンでの脱毛がいいですよ。

家庭用脱毛器のデメリット/手が届かない範囲の脱毛が難しい

家庭用脱毛は当たり前ですがセルフです。
誰かにやってもらうことがありますが大体は一人で行いますよね。
一人でやるとなると体のワキや腕や足などの前面であれば自分で全部できます。
しかし、背中やうなじは自分でできなくきれいなところと脱毛できていないところが別れてしまいます。
全身キレイに脱毛したいのであれば家庭用脱毛だと一人では限界がありますのでサロンも検討するか誰かに定期的にお願いしてみてはいかがでしょうか。

脱毛効果を維持したい方や、好きなタイミングでお手入れをしたい方は脱毛サロンよりも家庭用脱毛器の方がおすすめ!

脱毛サロンは予約しないと通うことができません。
予約していてもその日に予定ができたらまた先延ばしになってしまいます。
時間を作ることが特に問題がないなと思うのであればサロンでもいいと思います。

しかし、時間がなかったり好きなタイミングできれいになりたい、サロンを卒業してからの綺麗を継続したいのであれば家庭用脱毛器を使うことをおすすめします。

いずれにせよまずはサロンでどのくらいかかるのか家庭用脱毛器でどのくらいの料金がかかるのか検討してから決めることをおすすめします。

自宅での脇脱毛におすすめの家庭用脱毛器は?/選び方

脇脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方・痛みが少ないフラッシュ式がおすすめ

脱毛器にも色々ありますが、最初購入するのであれば痛みが少ないとされているフラッシュ式をおすすめします。
なぜフラッシュ式がいいのかというとフラッシュ式は紫外線を毛根に当てて毛根にダメージを与えます。
最新の家庭脱毛器ほどってわけには行きませんが、サロンと同じ方法で脱毛できて、ほとんど痛みを感じずしかも広範囲で一気に行なうことができるので初心者の方にもおすすめです。
ちなみに値段は1万円以下で購入可能となっています。

脇脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方・カーリッジ交換ができるものはコスパがいい

家庭用脱毛器にはフラッシュ式の他にカートリッジ交換タイプもあります。
通常家庭用の脱毛器は照射回数が決まっており、その回数が来たらもう使用することができません。
しかし、カートリッジ交換タイプだと照射回数が来たら交換することができるのでコスパを抑えるのであればカートリッジタイプをおすすめします。
ただカートリッジは安いですがショット数によっては高くなってしまうこともありますので買う前にショット数を確認するようにしましょう。
ちなみにカートリッジは3000円くらいで購入できます。

脇脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方・脇脱毛に適したアタッチメントがあるものがおすすめ

家庭用脱毛器をそれぞれの場所によって買い替えてしまうとものすごくお金がかかってしまいます。
下手したらサロンの全身脱毛の通い放題に通えるくらいになってしまいます。
もちろん1個でも特に問題はないと思いますが、ワキ専用のアタッチメントがあるとより綺麗に脱毛することができます。

脇脱毛におすすめな家庭用脱毛器・ケノン/ケノンが脇脱毛におすすめの理由は?

脇脱毛におすすめと言われているのがケノンの脇脱毛になります。
脇毛と言うと太い毛が多いため家庭用脱毛器だとなかなか綺麗にならない人もいます。
しかし、ケノンは太めの毛でも綺麗に脱毛できるため脇脱毛におすすめです。

またケノンはカートリッジですが4ヶ月使っても交換する必要がなく公式サイトだと通常価格が9万円のところ7万円で購入することができます。
カートリッジもしばらく交換する必要ないなんてコスパ最高ですね。

脇脱毛におすすめな家庭用脱毛器・脱毛ラボホームエディション/脱毛ラボホームエディションが脇脱毛におすすめの理由は?

脱毛ラボから出ている家庭用脱毛器でこちらの脱毛器はサロン同じパワーを家でエステ並みの脱毛を体感することができます。
こちらはカートリッジ交換する必要がないので交換がめんどくさいなと感じる人には向いていない脱毛器になっています。

15分で全身脱毛をすることができると言われていますが1回で毛がなくなることはありません。
脇に関しても個人差はありますが5回位で目立ちにくくなります。
とはいえケノンに比べると7万円くらいでカートリッジ不要で冷却ジェルもいらないなんてなかなかないのではないでしょうか。

脇脱毛におすすめな家庭用脱毛器・トリア パーソナルレーザー脱毛器4X/トリア パーソナルレーザー脱毛器4Xが脇脱毛におすすめの理由は?

見た目が脱毛器って感じがしないパーソナルレーザー脱毛機も脇の脱毛にいいと言われています。
こちらも先程の同様と全身に使用することができます。

ただこちらは毛根を直接破壊する脱毛機ではなくゆっくりゆっくり熱をバルジ領域に与えて破壊していきます。
なので1回目できれいになることが難しいですが回数を重ねていけば行くほどきれいになっていきます。
こちらはケノンや脱毛ラボに比べると低価格な4万円台で購入できます。

自宅での脇脱毛の方法やおすすめの家庭用脱毛器のまとめ

自宅での脇の脱毛方法をご紹介しましたが、一番はサロンで脱毛をしてもらうことが安心で安全となっていますが予約取れなかったり、忙しくて定期的に通うことが難しいということがあります。
そうなると電気シェーバーや毛抜き、脱毛クリームを利用するしか方法になってしまいますが正直肌トラブルを招いてしまう可能性があります。

家庭で行うのであれば家庭用の脱毛器を使用することで肌のトラブルを最小限に抑えることができます。
家庭用の脱毛器どれがいいのか悩んでしまいますが、今回ご紹介したものがたくさんある中でも肌に優しく、効果を感じることができる脱毛器となっています。
他にも沢山の家庭用脱毛器がありまずので自分にあった脱毛器を見つけてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました