【髭におすすめの脱毛器】男性におすすめの家庭用脱毛器/レーザー・光の脱毛効果

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器の種類/脱毛器の選び方

髭におすすめの脱毛器

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器の種類・フラッシュ式(IPL)脱毛器の特徴

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器の種類の1つに、フラッシュ式(IPL)の脱毛器があげられます。

フラッシュ式(IPL)脱毛器の特徴を簡単に紹介すると、

・幅広い波長の光を採用しているため、太く濃い髭にもしっかりアプローチできる
・広範囲に光を照射することができるため、髭の脱毛が簡単に終わる
・脱毛時に感じる痛みが少ない
・IPLは美顔器にも採用されている光なので、脱毛と同時に美肌効果も得られる

といった点があげられます。

フラッシュ式(IPL)脱毛器は毛のメラニンに反応して光を照射し、毛を成長させる組織にダメージを与えることができます。

光の照射を繰り返すことで髭の成長力・毛の再生能力が衰え、毛が細くなり、手入れがほとんど必要ないほどのツルスベ肌を手に入れることができるでしょう。

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器の種類・レーザー式脱毛器の特徴

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器の種類の1つとして、レーザー式の脱毛器もあげられます。

レーザー式脱毛器の特徴を簡単に紹介すると、

・照射できる光の出力が強いため、高い脱毛効果が期待できる
・満足いく効果を得られるまでの回数が少なくて済む
・ピンポイントで狙った場所の脱毛を行える一方、広範囲の脱毛ではじかんがかかる
・出力が高いため痛みが強く出る可能性がある

といった点があげられます。

レーザー式脱毛器は毛のメラニンに反応してレーザーが照射され、毛を成長させる組織を破壊することができます。

ダメージを与えるフラッシュ式に対してレーザーは破壊することができるため、比較的早く満足できる脱毛効果を得ることができるでしょう。

髭は毛が太く濃いため痛みが強いパーツ・冷却機能がある脱毛器を選ぼう!

髭を効果的に脱毛できる家庭用脱毛器としてフラッシュ式とレーザー式がある点を紹介してきましたが、どちらかを選ぶ材料として「冷却装置がある」という点も見逃せないポイントです。

重視する理由は、髭は毛が太く濃いという特徴があるためです。

毛が太く濃いことで懸念されるのが、脱毛時に伴う痛みの強さです。効果を重視してレーザー式を選んだ場合は、より強い痛みを感じる恐れがあります。

懸念される点はもう1点、太く濃い毛は脱毛に時間がかかることから肌への負担が大きくなることです。

出力の高い光を繰り返し当てる必要があるため、その都度のケアにも力を入れる必要があります。

そう、この痛みと肌へのダメージをケアしてくれる機能が冷却装置なのです。

脱毛前後の冷却だけでは十分とは言い切れないため、冷却装置のついている家庭用脱毛器を選ぶと良いでしょう。

髭は脱毛完了までに時間がかかるパーツ・照射の出力が高い脱毛器を選ぼう!

髭を脱毛する家庭用脱毛器の選び方として、「冷却装置がある」という条件を紹介しましたが、さらにもう1点「高い出力を出せる」という点にも注目すると良いでしょう。

高い出力が出せる点にこだわる理由は、髭は満足いく脱毛効果を得られるまでに時間がかかる部位であるためです。

脱毛の効果を少しでも高くする方法として”施術回数を増やせばいい”と思う方も多いようですが、毛周期を無視した施術は効果がなく、肌へのダメージが大きくなるばかりです。

ではどのようにして効果を高めるのかというと、脱毛するタイミングで出力の高い光やレーザーをあてることです。

家庭用脱毛器を選ぶ際、出力調整を柔軟に行えるタイプ・高い出力を出すことができる点もチェックすることをおすすめします。

メンズ髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器を紹介します

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディションは冷却機能がついているため痛みを抑えて髭脱毛ができる

脱毛ラボホームエディションの魅力の1つは、冷却クーリング機能が搭載されている点です。

冷却クーリング機能とは、脱毛に効果的な光を照射すると同時に肌を氷冷5度に冷やすことができる機能で、照射時の痛みを軽減するとともに肌の炎症を防ぐことができます。

痛みが伴いやすい髭脱毛でも、安心して脱毛を繰り返すことができるでしょう。

脱毛ラボホームエディションは30万発の照射が可能なため繰り返し髭脱毛ができる

脱毛ラボホームエディションの魅力として、照射可能回数が多いという点もあげられます。

その数はなんと30万発で、全身のムダ毛を脱毛すると仮定すると300回分に相当する数です。

脱毛がある程度完了した後、期間があいたらちょっとムダ毛が生えてきた…なんて場合でも、問題なく追加照射をすることができるでしょう。

最初から十分な回数を照射できるカートリッジが付属しているため、買い替えで追加費用がかからない点も嬉しいポイントです。

脱毛ラボホームエディションは高機能タッチセンサーがついているため顎などの凹凸部分もきれいに処理できる

脱毛ラボホームエディションには、高機能タッチセンサーがついている点も見逃せないポイントです。

一般的な家庭用脱毛器は肌に凹凸があると反応せず、角度を変えるなど接地面を調節する必要がありましたが、脱毛ラボホームエディションはその必要がありません。

高機能タッチセンサーが凹凸を認識して照射し続けてくれるため、サクサク脱毛をすすめることができます。

特に凹凸の多い口回りの髭脱毛でも、高機能タッチセンサーがついている脱毛ラボホームエディションであればスムーズに行うことができるでしょう。

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・ケノン

ケノンのストロングカートリッジは照射出力が高く髭脱毛に効果的

家庭用脱毛ケノンの魅力は、身体の部位や毛の質に応じてカートリッジを付け替えることができる点です。

中でも髭脱毛におすすめなのが、ストロングカートリッジです。

ストロングカートリッジの特徴は、ケノンで使用できるカートリッジの中でも最も高い出力の光を出すことができる点です。

脱毛効果が表れにくい太く濃い毛へのアプローチを得意としているため、髭脱毛やVIO脱毛におすすめなカートリッジとなっています。

できるだけ少ない回数で、できるだけ短期間で髭脱毛をしたい!という方は、特化しているストロングカートリッジのケノンで脱毛し始めるのもおすすめです。

ケノンは10段階の照射出力の調整ができるため痛みや肌状態に合わせた脱毛ができる

ケノンはさまざまなタイプのカートリッジを付け替えることができる魅力に加えて、照射出力を10段階も調節できるという点も見逃せないポイントとなっています。

ストロングカートリッジを使う際も出力を調節できるので、体調が悪く今回は痛みを強く感じるな…と思ったら出力を弱くする、肌の調子がいい日は出力を少し上げるといったことも可能です。

肌の強さや痛みの感じ方には個人差があるため、使う人によって出力を調節できるのも嬉しいポイントでしょう。

ケノンは照射範囲が広く顎など短時間で脱毛できる

ケノンのストロングカートリッジの照射面積は4.5㎠です。

家庭用脱毛器の照射面積の中では比較的広く、面積の広い顎やほほ回りも短時間で脱毛することができます。

また、ケノンにはさまざまなカートリッジがあり、標準で7.0㎠の照射面を持つカートリッジから9.25㎠とさらに広範囲を照射できるカートリッジも用意されています。

広範囲を照射できれば脱毛にかかる時間をグッと減らすことができ、ストレスなく脱毛を継続していくことができるでしょう。

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・トリア パーソナルレーザー脱毛器4X

トリア パーソナルレーザー脱毛器4Xはレーザー脱毛器のため脱毛効果が高い

家庭用脱毛器の中で、トリア パーソナルレーザー脱毛器4Xは唯一レーザーを採用している脱毛器です。

最大22ジュール/㎠のダイオードレーザーを照射できる脱毛器となっています。

その魅力は何といっても、家にいながら自分で「レーザーで脱毛できる」ことです。

フラッシュ式(IPL)の脱毛器に比べて高い出力を出すことができるため、髭でも高い脱毛効果を期待することができます。

さらに2週間に1回のペースで使用することができるため、フラッシュ式より早く満足いく脱毛効果を得ることができるでしょう。

トリア パーソナルレーザー脱毛器4Xは照射口が小さくピンポイントの脱毛に向いている

トリア パーソナルレーザー脱毛器4Xの特徴の1つとして、照射口が小さいという点があげられます。

照射面が小さいというと、デメリットと捉えられることが多いのですが、髭脱毛には適しています。

例えば小鼻周りや鼻下の凹み、口下の凹みにあるムダ毛もピンポイントでレーザーを当てることができます。

また、男性であれば髭を部分的に残すなどデザインしながらの脱毛でも重宝することでしょう。

照射面が小さいため、無駄な場所にレーザーが当たって肌にダメージを与えてしまう心配も少なくなります。

家庭用脱毛器は痛い?髭脱毛の痛みを軽減する方法

家庭用脱毛器の髭脱毛は痛い?髭脱毛が痛い理由は?

家庭用脱毛器で髭の脱毛を行う場合、避けて通ることができないのが脱毛時の痛みです。

他の部位のムダ毛より痛みが強いと言われている部位の1つで、適した脱毛器を選ぶ・出力を調整する・脱毛前後のケアなどで痛みを和らげながら脱毛する必要があります。

髭脱毛が痛いと言われる理由をあげると、

・髭は太く濃い毛であるため
・髭が生えている部位は皮膚が薄いため
・出力の高い光、レーザーで脱毛する必要があるため

この他にも、顔には神経がたくさん通っており、痛みに敏感な部位である点もあげられるでしょう。

家庭用脱毛器の痛みを軽減する方法・使用の前後は保冷剤を使って照射部を冷やす

家庭用脱毛器を使って髭脱毛を行う際は、できるだけ痛みを抑えられる工夫をする必要があります。

痛みを抑えられる工夫の1つが、肌を十分に冷やすことです。

髭脱毛を行う前に、脱毛したい部位を保冷材で感覚がなくなるほど十分に冷やしてあげましょう。(低温やけどに注意しながら行いましょう)

さらに、脱毛後の冷却も忘れてはいけません。

光は毛を成長させる組織にダメージを与え、レーザーは組織を破壊するため、脱毛直後は肌が炎症を起こしている状態です。

保冷剤を使い十分に冷やし、痛みを和らげてあげましょう。

家庭用脱毛器の痛みを軽減する方法・照射の出力を弱くする

家庭用脱毛器で髭脱毛を行う際の痛みを抑えられる工夫として、照射の出力を弱くするのもポイントの1つです。

脱毛器を始めて使う際は1番低い照射出力から始め、徐々に出力を高くしていくと良いでしょう。

痛みを感じ始めた出力でストップし、肌の調子をみながら出力を調節してあげてください。

ちなみに、脱毛を継続するうちに毛が細くなり、痛みが弱くなる可能性があります。

その場合は再度出力を調整し、効果的に脱毛を進めていくと良いでしょう。

痛みを我慢して高い出力で脱毛を継続するのは、決しておすすめできません。

家庭用脱毛器の痛みを軽減する方法・使用後は乾燥しやすいため保湿をしっかりする

家庭用脱毛器で髭の脱毛をする際の痛みを抑えられる工夫として、肌の調子を整えてあげるというのもポイントの1つです。

脱毛時に痛みを伴う理由の1つとして、肌の水分不足があげられます。
肌の水分量が少ない=乾燥している状態は肌のバリア機能が衰えている状態であり、光やレーザーによって大きな負担がかかってしまい普段以上に痛みが強く出てしまうのです。

脱毛をする際はもちろん、普段から肌の保湿を心がけ、肌の調子を整えてから脱毛をおこなうようにしましょう。

また、脱毛後の肌は非常に乾燥しやすい特徴もあります。アフターケアの保湿もしっかり行いましょう。

家庭用脱毛器を使うときの注意点

脱毛前日にシェービングを済ませておく

家庭用脱毛器を使って髭脱毛を行うなら、脱毛をする前日に毛のシェービングを済ませておきましょう。

前日までに済ませておく理由は、シェービングによって少なからず肌にダメージを与えてしまうためです。

シェービングでダメージを受けてしまっている肌で脱毛を始めると、肌トラブルを引き起こすリスクがさらに高くなり、脱毛効果も下がってしまう可能性があります。

シェービングは必ず脱毛とは別の日に行い、シェービングをする日はシェービングに適したケアをおこなって肌のコンディションを整えてあげるようにしましょう。

また、脱毛器はメラニンに反応するため、毛を剃った後1~2㎜程度伸びてきた状態で行うのがベストと言われています。

肌トラブル軽減、効果的な脱毛を行うために、シェービングは前日までに済ませてください。

シェービングはカミソリではなく電気シェーバーがおすすめ

髭を剃る際におすすめしたいポイントの1つが、電気シェーバーを使って髭を剃ることです。

ムダ毛の自己処理といえば、シェービング後の触り心地の良いカミソリを利用する人が多いのですが、気になるのは肌へのダメージが大きいという点です。

脱毛前のシェービングなので、剃り心地や仕上がりを重視する必要はありません。

最優先したいのは、肌へのダメージをいかに少なくできるかです。

脱毛前のシェービングは、電気シェーバーを使って行いましょう。

毛抜きを使用すると脱毛効果が得られないためNG

家庭用脱毛器で髭の脱毛を行う際、絶対にしてはいけないのが毛抜きによる脱毛です。

毛抜きを使っていけない最大の理由は、脱毛効果を得ることができないためです。

毛抜きで毛根から毛を抜いてしまうと、脱毛器が反応するメラニンがない状態になります。

反応するものがないため光は照射されず、毛を成長させる組織にダメージを与えることはできません。

脱毛ができるようになるのは、再び成長期の毛が生えてからになります。

さらに、毛抜きを使って抜いた部分は炎症を起こしたり、埋没毛になるリスクも高くなってしまいます。

日焼け肌は脱毛効果が得られないためUV対策をしよう

家庭用脱毛器を使って髭脱毛を行うなら、日焼けをしないよう対策しておくのも注意したいポイントです。

日焼けをしないよう注意する理由は、日焼け肌では脱毛することができないためです。

日焼けをした肌は炎症を起こしている状態になるため、さらに脱毛で出力の高い光を当てると肌トラブルを起こしてしまいます。

また、日に焼けた黒い肌ではやけどのリスクが高くなるため、そもそも脱毛施術を行うことができません。

髭の脱毛を計画しているのであれば日焼け対策は必須です。

UV対策を入念に行いましょう。

髭におすすめの家庭用脱毛器のまとめ

家庭用脱毛器でも髭の脱毛をすることは可能で、痛みの少ない効果的な脱毛を実現することができます。

髭脱毛の痛みは、
・脱毛の前後は保冷剤でしっかり冷却する
・脱毛器の照射出力を弱くする
・肌を保湿しコンディションを整える
・冷却装置が搭載されている脱毛器を使用する
ことで軽減することが可能です。

髭脱毛の脱毛効果は、
・照射出力の高い脱毛器を選ぶ
・髭=太く濃い毛に効果的なカートリッジを使用する
・高い脱毛効果が期待できるレーザー脱毛を使用する
・凸凹も感知できる高性能脱毛器を使用する
ことで高い脱毛効果を期待でき、少しでも早く満足いく脱毛効果を得ることができるでしょう。

紹介した家庭用脱毛器、家庭用脱毛器で髭脱毛を行う注意点も参考に、痛みの少ない効果的な髭脱毛に挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました