【脱毛前後の運動はNG!】運動後に脱毛するとどうなる?翌日はOK?運動NGはなぜ?

【脱毛前後の運動はNG!】運動後に脱毛するとどうなる?翌日はOK?運動NGはなぜ?

脱毛前後に運動がNGな理由/脱毛当日はどうして運動してはダメなの?

脱毛前後の運動

脱毛前後に運動がNGな理由/運動により体温が上昇すると赤みや炎症の原因となる

脱毛をした後に運動をする予定があるという人もいるでしょうが、脱毛後は運動を避けなければいけません。
その理由の1つに、赤みや炎症の原因となってしまうということがあります。
脱毛をすると肌が毛穴や皮膚ダメージを受けているため、普段以上に敏感な状態になっています。その状態で運動をして体温を高くしてしまうと、炎症が悪化してしまったり、皮膚が赤くなってしまうことがあります。
この炎症や赤みは脱毛をしただけでも起きてしまうこともありますが、運動をするとより悪化して症状が長期化してしまったり、症状が出ていない人にも症状が表れることになります。
そのため脱毛後は運動をするのではなく肌を休めるように心がけなければいけないのです。

脱毛前後に運動がNGな理由/照射により熱がこもっているためかゆみが出る原因となる

脱毛には肌トラブルがつきものなので、痛みなどが起こる可能性があることは分かっているという人も多いのではないでしょうか。実は肌トラブルには痛みだけでなく痒みが出てしまうこともあります。そしてこの痒みは脱毛後の運動で引き起こされてしまう可能性があるのです。
この脱毛後の痒みの原因は、脱毛後に体内に溜まっている熱を上手く輩出することができなくなることです。これは何もしなくても起きてしまうことがありますが、運動をすると熱を逃がすどころかさらに熱を溜めてしまうことになるので症状が出る可能性が高くなってしまいます。
人によって症状の程度は異なりますが、酷い人の場合は寝ることができないほどの痒みに襲われてしまうこともあるので注意しましょう。

脱毛前後に運動がNGな理由/施術後の肌はデリケートなため汗により毛穴に雑菌が繁殖し肌トラブルの原因となる

汗をかいた状態は湿り気があるため雑菌が繁殖しやすい状態になっています。そのため脱毛後に運動をして汗をかいてしまうと、雑菌が繁殖してしまい肌トラブルが起こるリスクが大幅に高まってしまうのです。
汗をかいた状態を放置してしまうと雑菌が繁殖してしまうのが脱毛後でなくても変わらないのですが、脱毛後には肌や毛穴がダメージを受けてしまっているためデリケートな状態になっていて、普段は影響を受けない雑菌に対しても肌が反応してしまい、肌トラブルの原因になってしまうのです。
これは運動そのものが原因というわけではなく、運動により汗をかいた状態を放置してしまうことが原因となっています。そのため脱毛後には運動をしたかどうかに関わらず、汗を書いたら放置しないようにも心がけましょう。

脱毛前に制汗剤を使用すると脱毛効果が低下します

運動をした時には制汗剤を使っているという人も多いのではないでしょうか。制汗剤を使うと汗をかくのを防ぐことができるので、汗が気になるという人は特に利用している人が多いです。
ですがこの制汗剤は脱毛の前には使わないようにしましょう。
制汗剤は成分が毛穴に付着することによって汗の分泌を抑えているのですが、この毛穴に付着した制汗剤が脱毛の際に邪魔をしてしまうのです。制汗剤を使った後に脱毛をすると、制汗剤がレーザーの邪魔をしてしまい、レーザーが毛穴に届かなくなってしまいます。その結果十分な脱毛効果を得ることができなくなってしまうのです。
そのため脱毛が近いという人は、運動をする時にも制汗剤は利用しないように気を付けましょう。

脱毛前後は体温が上昇する行為は全てNG/入浴・サウナ・飲酒など

これまでに述べてきたように、脱毛後には運動は避けなければいけません。中には運動以外ならばしてもいいのかと考えている人もいるかもしれません。
ですが脱毛前後には運動以外でも体温が上昇する行為は全て行わないようにしましょう。
これまでにも紹介してきたように脱毛をすると光やレーザーを肌に照射することになるので熱がこもってしまいます。その前後に熱がこもるようなことをしてしまうと、熱がよりこもりやすくなってしまい、肌トラブルが起こるリスクが大きく上昇してしまいます。
中には日常生活にも支障をきたしてしまうような症状が出てしまう人もいるので、脱毛を考えている人や施術を受けたという人は脱毛前後の行動にも注意するようにしましょう。

脱毛後はいつから運動しても良い?/運動が可能なタイミング・肌トラブルが起きた時の対応について

脱毛サロン・脱毛クリニックでは脱毛前日・当日・翌日の運動はNGとされている

脱毛をした後にはいつから運動をしていいのかが気になるという人も多いのではないでしょうか。特に部活などがあるという人は気にしていることが多いです。
脱毛サロンやクリニックでは基本的に、脱毛前日・当日・翌日の運動はNGとされています。そのため施術日の前日から翌日にかけては運動をする予定を入れないようにしましょう。
これは先に紹介してきたように、肌トラブルのリスクが高くなってしまうためです。
またこの期間はあくまで目安でしかないので、この期間の運動を避ければ絶対に肌トラブルが起こらないというわけではありません。肌が弱い人は特にリスクが高くなってしまうので、自分の肌質などに合わせて運動を控える期間を決めるようにしましょう。

施術の1~2日前は事前処理が必要なため運動をすると肌トラブルを起こす可能性があるため運動はNG

脱毛サロンやクリニックでは先に説明したように、脱毛前日・当日・翌日の運動はNGとされています。ですが実際にはその期間だけでなく、もう少し余裕を持って運動を控えておくことをおすすめします。
脱毛の施術を受ける前には、事前に自分で脱毛部位の自己処理をしておかなければいけません。この時に運動をしてしまうと、肌トラブルを起こすリスクが高くなってしまいます。そのため事前処理をする前から運動を控えるようにしましょう。
具体的には、施術の1~2日前に自己処理をすることになるので、それに合わせて運動を控えるようにしましょう。
脱毛の際には事前処理は必ず行わなければいけないので、肌トラブルのリスクを下げるために意識するようにしましょう。

脱毛後3日間は運動は控えた方が安心/脱毛後の肌は普段以上にデリケートで肌トラブルを起こしやすいため

脱毛した後にはいつから運動をしていいのかが気になるという人もいることでしょう。何時から運動をしていいのかによってその後の予定なども変わってくるので気にしている人も多いです。
脱毛後は可能ならば3日間は運動は控えることをおすすめします。脱毛後には肌が普段以上にデリケートで肌トラブルを起こしやすくなってしまいますが、この状態は脱毛直後だけでなく3日間程度は続いてしまうことがあります。そのため脱毛から1日程度時間が経っているからと運動をしてしまうと、肌トラブルが起きてしまう可能性があります。
もちろんこの期間は人によっても異なりますが、可能ならば脱毛をしてから3日間程度は運動を控えるように意識しましょう。

肌が弱い人や長時間の激しい運動をする人は脱毛後1週間は運動を控えた方が安心

これまでに紹介してきたように、脱毛の前には事前処理が必要なので1日~2日前から、脱毛後には3日間程度は運動を控えるのがおすすめです。
ですが中には肌が弱いという自覚があるという人もいて、そんな人はこの器官運動を控えるだけで大丈夫なのかが気になるかもしれません。
肌の弱い人はできるなら脱毛後1週間は運動を控えた方が肌トラブルのリスクが低く、安心することができるでしょう。肌が弱い人は他の人に肌トラブルが起きない刺激でも肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いので、より肌の状態に気を使わなければいけません。
もちろん肌の弱さの程度によっても変わってきますが、肌トラブルが起きた経験がある人や肌が弱いという人は1週間は運動を避けるように気を付けましょう。

脱毛後の運動で赤みが出た時の対応/保冷剤などで肌をクーリングしましょう

脱毛後に運動をしなければいけないという人や、運動をしてしまったという人もいることでしょう。そんな人にはこれまでにも紹介してきたように炎症が悪化してしまったり、赤みが出てしまう可能性があります。
そのような症状が出てしまった時には適切な対処をしなければいけません。それを怠ってしまうと、より悪化してしまったり、治るのに時間がかかってしまうかもしれません。
肌に赤みが出た時に一番簡単にできる処置は、保冷剤などで肌をクーリングすることです。肌の赤みは肌に熱がこもってしまっていることが原因となっているので、冷やすことで症状を改善することができます。
なお冷やす際には保冷材などを直接当てるのではなく、タオルなどにくるんで冷やすようにしましょう。

脱毛後の運動で赤みが出た時の対応/処方された炎症止めを塗りましょう

脱毛後に運動をしてしまい赤みが出たり痛みを感じたいという人は、処方された炎症止めを塗るというのもおすすめです。これは必ずもらえるわけではありませんが、炎症を和らげることができるので高い効果に期待することができます。
もちろんこの炎症止めがあることを前提にして脱毛後に運動をしてしまうと、肌の状態が悪くなってしまい、脱毛の後には炎症止めが欠かせない状態になってしまうので、運動を避けられないときなどに利用するようにしましょう。
また脱毛を依頼している場所によっては炎症止めなどの薬を処方してもらえないこともあるので、肌の炎症などが不安で炎症止めを処方してもらいたいという場合には通うクリニックを選ぶようにしましょう。

脱毛サロンでは薬の処方はできませんが脱毛クリニックでは炎症止めの軟膏が処方されることが多い

前述の通り脱毛後に運動をして肌の赤みなどの症状が出てしまった時には処方された炎症止めを塗るという対処法もあります。ですが中には炎症止めなどの薬を処方してもらえなかったという人もいるかもしれません。
炎症止めなどの薬は何処でも処方をすることができるというわけではありません。脱毛クリニックは医療機関として認められているので医療措置を行うことができ、薬の処方もすることができます。それに対して脱毛サロンの場合は医療機関ではないので薬の処方もしてもらうことができません。
実際に脱毛クリニックで脱毛をしてみると、炎症止めの軟膏が処方されることが多いです。
そのため脱毛後に運動をする可能性があるという人は、脱毛クリニックを利用して薬を処方してもらうのがおすすめです。

炎症止めの軟膏がない場合は市販の薬を塗るのはNG/サロンやクリニックに問い合わせましょう

前述の通り炎症止めの軟膏は脱毛クリニックでなければ処方をしてもらうことができません。また脱毛クリニックで施術を受けたからといって必ず受け取ることができるわけでもありません。そのため中には肌に赤みが出たけれども薬を処方されていないので、市販の炎症止めなどの薬を使おうと考える人もいるかもしれません。
ですが市販の薬を使うのは絶対にやめましょう。薬によっては脱毛後の炎症などの症状をより悪化させてしまう可能性があります。
そのため薬が無い状態で肌に赤みが出るなどの症状が出てしまった場合には、自分で判断をせずに自分が利用しているサロンやクリニックに問い合わせるようにしましょう。そこで最適な対応を教えてもらうことができます。

脱毛後の運動で赤みが出た時の対応/クリニックなら医師による診察・治療を受けましょう

脱毛をしたいという人の中には、部活動などをしていて運動を避けられないという人もいることでしょう。そんな人は脱毛後に運動をして赤味などの症状が出てしまった時に診察や治療をしてもらうことができる脱毛クリニックを利用するのがおすすめです。
前述の通り脱毛サロンは医療機関ではないので診察や治療、薬の処方などを行うことはできませんが、脱毛クリニックは医療機関なので診察などをしてもらうことができます。それにより症状を緩和することができたり、抑えることができる可能性があります。
脱毛クリニックは医療レーザー脱毛が可能なだけでなく、医療行為も行うことができるというメリットがあるので、肌トラブルなどが気になるという人や、脱毛後に運動をしなければいけないという人にはおすすめです。

脱毛前後の運動のまとめ

脱毛では肌トラブルは切り離すことができない問題の1つです。そのため日常生活で肌トラブルが起きたことが無いという人でも脱毛をすると肌トラブルが起きてしまう可能性は十分にあります。
また脱毛前後に運動をしてしまうと、肌トラブルのリスクは大きく上昇してしまうので脱毛をする際には運動は控えなければいけません。運動をしなければ肌トラブルが起こらないというわけではありませんが、そのリスクは下げることができます。
また肌トラブルが起きてしまった時には適切な対応をしなければいけません。対応をいい加減にしてしまうと、症状が長引いてしまったり、悪化してしまう可能性があります。
脱毛をお考えの方は、施術を受ける前後には運動を避けるように心がけるようにしましょう。