【脱毛後に毛が抜けない!】脱毛効果がない原因と対策/脱毛後はどれくらいで毛が抜ける?

【脱毛後に毛が抜けない!】脱毛効果がない原因と対策/脱毛後はどれくらいで毛が抜ける?

脱毛後に毛が抜けない原因と対策方法/医療脱毛とサロン脱毛のそれぞの原因と対策

脱毛後に毛が抜けない

脱毛クリニックで脱毛後に毛が抜けない原因1・毛周期に合っていない/毛の成長期に合わせて脱毛していない

脱毛クリニックでは脱毛サロンに比べて高い脱毛効果に期待することができるため、いつでも好きな時に脱毛をすることができるというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
ですがそんなことはなく、脱毛クリニックの施術後に毛が抜けないという人の原因は脱毛をするタイミングにある場合もあります。
脱毛クリニックで行っている医療レーザー脱毛では基本的に毛の成長期に合わせて施術を行わなければ効果は得られないので注意しましょう。

脱毛クリニックで脱毛後に毛が抜けない原因2・レーザーの出力が弱い

脱毛クリニックで施術を受けたけれども毛が抜けないという人は、レーザーの出力が弱いために効果が出ないという可能性もあります。
脱毛クリニックの医療レーザーでは脱毛サロンのフラッシュに比べて出力が高いので、痛みが出やすいという弊害があります。そのため肌質によっては痛みを強く感じてしまい、出力を下げて施術を行うことがあります。
ですが出力を下げてしまうとその分効果も弱まってしまうので、十分な効果が得られていないかもしれません。

レーザーの出力を下げるケース/痛みが強いとき

脱毛クリニックでどんな時に出力を下げているのかが分からないという人もいるかもしれません。
脱毛クリニックで出力を下げる場面として最も多いのが、脱毛中に痛みを感じてしまった時です。医療レーザーは高い出力のレーザーを照射することで脱毛を行っているため、どうしても痛みが出てしまいやすいです。
肌質によっては耐えられないような強い痛みが出てしまうこともあるので、痛みを感じた時に出力を下げて、施術を続けることができるように調節しているのです。

レーザーの出力を下げるケース/肌トラブル(乾燥など)があるとき

脱毛クリニックの医療レーザー脱毛でレーザーの出力を下げるのは、感想などの肌トラブルの症状が出てしまった時もあります。
医療レーザー脱毛は脱毛効果が高い分肌へのダメージも大きいため、脱毛サロンで行われている光脱毛に比べて肌トラブルなどの症状が出てしまいやすいです。
肌トラブルが起きてしまった人はその後同じ出力で脱毛尾を続けてしまうと、余計にダメージが大きくなってしまい肌トラブルが悪化してしまう可能性が高くなるので出力を下げているのです。

脱毛クリニックで脱毛後に毛が抜けない原因3・日焼けや肌の色素沈着がある

脱毛クリニックで脱毛をしても毛が抜けなかったという人の原因の1つに日焼けや肌の色素沈着も挙げられます。
日焼け肌は脱毛をすることができないと聞いたことがあるかもしれませんが、これは日焼けや色素沈着では肌のメラニンの量が多くなってしまっているためです。
医療レーザーやフラッシュは毛の黒い色素であるメラニンに反応するため、脱毛効果が落ちてしまい、十分な効果を得ることができなくなり、毛が抜けずに残ってしまうのです。

日焼けや色素沈着があるとメラニン量が増えるためレーザーが反応してしまい脱毛効果が低下する

日焼け肌や色素沈着があるとなぜ脱毛効果が落ちてしまうのかが気になるという人もいることでしょう。これはメラニンが大きく関係しています。
日焼けをしたり色素沈着をすると、その部分にはメラニンが発生します。このメラニンは毛の黒い色素でもあり、脱毛クリニックで行われている医療レーザー脱毛ではこのメラニンに反応するレーザーを照射することで脱毛を行っています。
ですが日焼けや色素沈着があると家以外の部分にもレーザーが反応してしまい、分散してしまいます。その結果十分な効果が得られなくなるのです。

脇やVIOなどは自己処理を繰り返すことで黒ずみや色素沈着を起こしているケースが多い

脱毛を何度もしている人の中には、最初は黒ずみや色素沈着は見られなかったのに、施術を重ねるにつれてこれらが見られるようになってしまい、十分な効果が得られなくなったという人も少なくありません。
これは自己処理を繰り返していることが原因になっています。自己処理を何度も行っていると、それが原因で黒ずみや色素沈着が見られるようになります。特にカミソリなどを使ってじょこ処理をしていると、黒ずみや色素沈着ができやすくなってしまうので注意が必要です。

黒ずみや色素沈着は肌のターンオーバーを正常化することで改善するため保湿をしっかりと行いましょう

すでに肌に黒ずみや色素沈着があるという人は、今後脱毛をすることができない、脱毛をしても十分な効果を得ることができないと不安に感じている人もいるかもしれません。
ですが決してあきらめる必要はありません。
黒ずみや色素沈着は肌のターンオーバーを正常にすることで改善することができるのです。そのためには保湿を入念に行う必要があるので、黒ずみや色素沈着があるという人はその部分の保湿に普段以上に気を使うようにしましょう。

脱毛クリニックで脱毛後に毛が抜けない原因4・肌のターンオーバーの乱れ

脱毛クリニックで施術を受けたにもかかわらず毛が抜けなかったという人は、ターンオーバーの乱れが原因となっていることもあります。
このような原因の場合は、脱毛をするタイミングなどに関係なくターンオーバーの乱れを解消しない限り十分な脱毛効果を得るのは難しくなってしまいます。
ターンオーバーになる原因には様々なものがあり、それぞれで適切な対処法も違うので、自分のターンオーバーの乱れの原因を確認して対応するようにしましょう。

肌のターンオーバーが乱れるケース/老化によるもの

肌のターンオーバーが乱れてしまう原因の1つに、老化があります。人の肌は老化をするにつれてだんだんと細胞の働きが弱まってしまいます。そのため徐々にターンオーバーをする周期が長くなってしまい、なかなか肌が新しくならなくなってしまうのです。
ターンオーバーに大きな影響を与える女性ホルモンであるエストロゲンは25歳から30歳前後をピークにしてどんどん減少してしまい、それに合わせてターンオーバーも乱れてしまうのです。

肌のターンオーバーが乱れるケース/乾燥などに肌のバリア機能低下によるもの

肌のターンオーバーが乱れてしまう理由の1つに乾燥などによって肌のバリア機能が低下してしまうというものがあります。
肌が乾燥してしまうと、ターンオーバーが乱れてしまいどんどんと未熟な角質が作られてしまいます。この未熟な角質は成熟したものに比べてバリア機能も不十分なため、感想をしやすくなっています。その結果どんどんと肌のバリア機能が弱まって乾燥しやすくなるという悪循環に陥ってしまうのです。
そのため乾燥が原因でターンオーバーが乱れてしまうと、どんどん悪化してしまう恐れもあるのです。

脱毛後は乾燥しやすくなるため普段以上に保湿を心がけましょう

前述の通り感想などが起きてしまうとターンオーバーが乱れてしまうことがあります。この乾燥によるターンオーバーの乱れは、普段は起こらないという人でも脱毛後には起きてしまう可能性が高くなってしまいます。
脱毛後の肌は出力の高いレーザーの照射を受けたことによってダメージを受けているため、普段よりも乾燥しやすい状態になっています。そのため普段以上に保湿を心がけるようにしなければ、脱毛後に急に乾燥してターンオーバーの乱れが起きてしまう可能性もあるので注意しましょう。

脱毛サロンで脱毛後に毛が抜けない原因1・フラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べて照射パワーが弱いため脱毛効果を実感できるまで時間がかかるケースが多い

脱毛サロンで施術を受けた後に毛が抜けなかったという人もいます。このような人の場合は脱毛クリニックで毛が抜けなかったのとはまた違った原因があります。
脱毛サロンで毛が抜けなかったのは、脱毛クリニックのレーザー脱毛と脱毛サロンのフラッシュ脱毛の出力の違いが関係しています。脱毛サロンのフラッシュ脱毛でははレーザー脱毛に比べて照射パワーが弱いため脱毛効果を実感できるまで時間がかかってしまうのです。そのため単純にまだ効果が表れていないという可能性があります。

レーザー脱毛は1回の照射で全体の20~30%の成長期の毛に脱毛効果を発揮する

前述の通り脱毛クリニックで行われているレーザー脱毛は脱毛サロンのフラッシュ脱毛に比べると出力が高いのでより高い効果に期待することができます。ではどれだけの効果があるのかが気になるという人もいるのではないでしょうか。
レーザー脱毛では1回の照射で全体の20~30%の成長期の毛に脱毛効果を発揮すると言われています。そのため1度の施術でもある程度の効果を得ることができ、初めての施術後でも毛が抜けるのが確認できるのです。

フラッシュ脱毛では毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えることはできるが破壊することはできないため何度か施術をしないと脱毛効果を実感できない

脱毛クリニックのレーザー脱毛では1度の照射でも高い効果に期待することができます。一方脱毛サロンのフラッシュ脱毛では毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えることはできるのですが、レーザー脱毛のように毛母細胞や毛乳頭を破壊することはできません。そのため1度の施術で脱毛効果が表れるというわけではなく、何度か施術を繰り返さなければいけません。
そのためどうしても脱毛効果を実感できるまでに時間がかかってしまうのです。

フラッシュ脱毛では毛が抜けた後に再び生えてくるケースが多い/照射を繰り返すと毛量や毛質が変化してくる

脱毛クリニックのレーザー脱毛では毛根を破壊することができるので、脱毛を終えた部分からは毛が生えてくることはありません。ですがその一方で脱毛サロンのフラッシュ脱毛では毛根にダメージを与えることで発毛効果を抑制しているだけなので、毛が抜けた後に再び生えてくることも少なくありません。
これは照射を繰り返すことで少しずつ毛量や毛質が変化していき、だんだんと毛が生えにくい状態にすることができます。そのため脱毛サロンでは施術を繰り返し受ける必要があります。

脱毛サロンで脱毛後に毛が抜けない原因2・照射漏れ

脱毛サロンで施術後に毛が抜けない原因の1つには、照射漏れがあります。脱毛サロンで行われていることが多いフラッシュ脱毛では脱毛器を肌に当てることで光を照射して脱毛を行っています。そのため光を照射していない部分は脱毛ができていないので、一部分だけ毛が抜けてないということが起きてしまうのです。
これはスタッフの技量によって大きく左右されてしまうので絶対に起こるわけではありませんが、サロンやスタッフによっては起きてしまうこともあります。

脱毛サロンの施術には国家資格が不要なためスタッフ間の技術力に差があるケースがある

脱毛サロンでは打ち漏らしなどが起こることがあると聞いて、なぜなのかが気になるという人もいるのではないでしょうか。
実は脱毛サロンで行われている脱毛は脱毛クリニックのように医療行為ではないので、施術を行うのに国家資格などが必要ありません。そのため中には技術が未熟なスタッフがいる場合もあり、打ち漏らしが起きてしまうのです。
もちろん基本的にはきちんとした技術を身に付けたスタッフが施術をしてくれるのですが、一部そういったことがあることを理解しておきましょう。

脱毛クリニックの施術は国家資格を持ったスタッフが行うため技術力が高い

脱毛サロンでは国家資格などが必要ないので、打ち漏らしなどが起きてしまうことがあると説明しました。
それに対して脱毛クリニックで行われている医療レーザー脱毛は医療という言葉が入っているように、医療行為として認められています。そのため施術を行うためには国家資格が必要になってきます。
脱毛クリニックで施術をしてくれるスタッフは必ず資格を持っていて、高い技術や知識を持っているので、打ち漏らしなどが起こることもほとんどありません。

部分的にまとまって毛が抜けていない場合は照射漏れの可能性があり多くのサロンでは無料で再照射をしてもらえる

脱毛サロンで施術をしてもらった後に毛が抜けなかった時に、打ち漏らしが原因なのかそれ以外の原因なのかがわからなくて対応することができないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。
これはどのように毛が残っているかで大まかにですが見分けることができます。部分的にまとまって毛が抜けていない場合は照射漏れの可能性があります。
このような場合には脱毛サロンに連絡をすれば、無料で再度照射をしてもらえることが多いので、一度連絡をしてみましょう。

照射漏れは技術力の問題なので実績が多く評判の良い脱毛サロンを選ぶことで防ぐことができる

これまでに紹介してきたように脱毛サロンでは照射漏れが起きてしまうこともあります。それを聞いて、脱毛サロンを利用するのは不安に感じてしまうという人もいるのではないでしょうか。
ですが全てのサロンで打ち漏らしが起きてしまうわけではないので、正しい知識を持ってサロンを選ぶことができれば打ち漏らしは避けることができます。
打ち漏らしが起こるのはスタッフの技量の問題なので、実績が多く評判の良い脱毛サロンを選ぶことで防ぐこと可能です。

脱毛サロンで脱毛後に毛が抜けない原因3・サロンの掛け持ちなどで毛周期がずれてしまった

脱毛サロンに通っていて毛が抜けなかったという人の原因には、複数の脱毛サロンに通っているということもあります。
複数の脱毛サロンに通っていると、毛周期がずれてしまうことがあります。脱毛サロンで行われてるフラッシュ脱毛では、成長期の毛に対して鹿効果を得ることができません。そのため施術の予約も毛周期に合わせて行われています。
ですが複数のサロンに通ってしまうと、脱毛のタイミングがくるってしまうので毛周期に合わせて施術ができなくなり、効果が得られなくなるのです。

脱毛後はどのくらいで毛が抜ける?/脱毛効果を高めるためにできること

脱毛クリニックの医療用レーザーの毛が抜ける仕組みについて

脱毛クリニックで行われている医療レーザー脱毛は、肌にレーザーを照射することによって脱毛を行っています。
この方法では毛の黒い色素であるメラニンに反応するレーザーを皮膚に照射します。すると毛穴に残っている毛にレーザーが反応して熱が吸収されます。
その吸収された熱が毛穴の奥にある毛根などの毛を生やす役割を持つ細胞を破壊することで脱毛を行っています。その後破壊された部分に生えている毛が抜けおち、その後は毛が生えてこなくなります。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛の毛が抜ける仕組みについて

脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛では、毛の黒い色素であるメラニンに反応する光を照射することで脱毛を行っています。
光を照射すると黒色の毛に光が吸収されることで発熱し、根元の部分にある毛を生やす役割を持つ細胞のタンパク質が変異することでダメージを受けます。
その後ダメージを受けた部分の毛が抜け落ちることで脱毛が行われます。ですがレーザー脱毛のように細胞が破壊されたわけではなく、あくまでダメージを受けているだけなのでそれが回復すれば再度毛が生えてくるようになります。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も照射後は1~2週間かけて自然と毛が抜ける

脱毛では施術後すぐに毛が抜けるわけではなく、ある程度期間が経ってから効果が表れて毛が抜けるようになります。
その期間はレーザー脱毛でもフラッシュ脱毛でも特に違いが無く、施術後から1~2週間程度かけて自然と毛が抜けるようになります。
レーザー脱毛とフラッシュ脱毛では照射する光やレーザーの出力が異なるので、毛が抜け落ちるまでに期間も違うのではないかと思う人もいますが、抜ける期間には特に違いが無いので覚えておきましょう。

医療用レーザーは体表に出ている20~30%の成長期の毛は一度の照射で抜け落ちる

脱毛をしたいという人の中には、脱毛クリニックで行われている医療レーザー脱毛はサロンの光脱毛に比べて照射するレーザーの出力高いので効果が高いと聞いたことがある人もいることでしょう。そのためどれだけ高い効果に期待できるのかが気になるという人もいるのではないでしょうか。
医療用レーザーでは一度の照射で体表に出ている20~30%の成長期の毛が抜け落ちると言われています。そのため数回の照射を行えば全身の脱毛を完了させることができるのです。

フラッシュ脱毛は照射パワーが弱いため一度の照射では成長期の全ての毛が抜けることはない

フラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛に比べると照射する光の出力がどうしても弱くなってしまいます。そのためフラッシュ脱毛を考えている人の中には、どの程度の効果があるのかが気になるという人もいることでしょう。
フラッシュ脱毛では照射パワーが弱い分医療レーザーのように1度の照射で全身の毛を全て脱毛することができず、何度も施術を重ねる必要があります。そのため脱毛が完了するまでの施術回数も多くなってしまうので覚えておきましょう。

脱毛効果を高める方法1・保湿を十分に行い肌のターンオーバーを整えましょう

脱毛をしようとしている人の中には、できるだけ高い脱毛効果を得たいという人もいることでしょう。そんな人は肌のターンオーバーを整えることを意識しましょう。
先にも紹介したように脱毛後に毛が抜けない原因には肌のターンオーバーが崩れているということが挙げられます。特に脱毛の時には肌がダメージを受けて乾燥しやすくなってしまうので、より入念なケアを行わなければいけません。
そのため高い脱毛効果を得るために、入念に保湿をして肌のターンオーバーを整えておきましょう。

脱毛効果を高める方法2・紫外線対策を十分に行いましょう

脱毛効果をできるだけ高めたいという人は、紫外線対策を行うようにしましょう。
紫外線を肌に浴びてしまうと、肌が日焼けをしてしまいます。日焼けをした肌は黒い色素であるメラニンを発生させて肌を守ろうとしてしまいますが、そのメラニンが脱毛の施術時に反応してしまい、脱毛効率が落ちてしまいます。その結果十分な脱毛効果が得られないのです。
それを避けるために脱毛をしている間は紫外線対策を行うようにしましょう。特に夏場には注意が必要です。

脱毛当日の日焼け止めは脱毛効果が低下するためNG

前述のように脱毛効果を高めるためには紫外線を避けて日焼けを予防しなければいけません。そのための方法として日焼け止めを体に塗るという人は非常に多いです。
ですがこの日焼け止めは紫外線対策には非常に高い効果を発揮するのですが、脱毛中には注意が必要です。それは、脱毛当日の日焼け止めの使用です。
脱毛当日に日焼け止めを使ってしまうと、毛穴が日焼け止めの成分で埋まってしまい、光やレーザーが十分に当たらなくなってしまい、脱毛効果が落ちてしまいます。

脱毛効果を高める方法3・自己処理は毛抜きではなく電気シェーバーで行いましょう

脱毛効果を高めたいという場合には、脱毛前に自分で行うことになる事前処理も非常に大切になります。
事前処理の方法は様々なものがありますが、脱毛効率を高めるためには毛抜きやカミソリを使うのではなく電気シェーバーを使うようにしましょう。
毛抜きやカミソリを使って自己処理を行うと、埋没毛が出てしまったり、毛穴や皮膚に傷がついてしまうことがあり、脱毛効果にも影響が出てしまうことがあります。
それに対して電気シェーバーならば肌に傷をつけることなく自己処理を行うことができます。

毛抜きでの自己処理は毛根ごと抜けてしまうため脱毛効果を発揮することができなくなる

自己処理の方法として毛抜きを選んでいる人もいることでしょう。ですが毛抜きでの自己処理はせっかくの脱毛効果を得られなくなってしまいます。
毛抜きを使って自己処理を行うと、毛が毛根ごと抜けてしまいます。すると脱毛の施術を行っても毛を生やす役割を持つ部分に影響を与えることができなくなってしまい、脱毛効果が全くなくなってしまうのです。
すると施術も無駄になってしまうので、自己処理には毛抜きは使わないようにしましょう。

脱毛効果を高める方法4・事前処理は施術日の1~2日前に丁寧に行いましょう

脱毛効果を高めるためには、事前処理を行うタイミングも非常に重要です。事前処理をする人の中には、脱毛日の前日などに時間が取れないので少し前に事前処理をしてしまうという人もいます。
ですが事前処理を前にしすぎてしまうと事前処理をしてから施術を受けるまでの間に毛が伸びてしまい、脱毛効果が落ちてしまいます。
また事前処理を適当にしてしまうとその分脱毛効果も得にくくなってしまいます。
そのため事前処理は施術日の1~2日前に丁寧に行うことを心がけましょう。

脱毛後に毛が抜けない原因と対策まとめ

脱毛の施術を受けたにもかかわらず毛が抜けないという人には、いくつかの理由が考えられます。その理由は人によっても異なりますし、脱毛サロンと脱毛クリニックのどちらで脱毛をしているかによっても変わってきます。そのため自分がどの理由で毛が抜けないのかを確認して対処しなければいけません。
またどの方法で脱毛をしたとしても施術後すぐに毛がすべて抜けるというわけではないので、仕組みなども理解しておきましょう。
もし少しでも脱毛効果を高めたいという場合には、ちょっとしたことを意識するだけでもより高い効果に期待することができるので、今回紹介したような方法を実践してみましょう。
脱毛に関する正しい知識を身に付けて、効果の高い脱毛をしてください。