【脱毛の危険性】医療レーザーのリスク/顔・首・VIO脱毛は危険?安全な脱毛方法

【脱毛の危険性】医療レーザーのリスク/顔・首・VIO脱毛は危険?安全な脱毛方法

脱毛の危険性/脱毛によるリスクや起こりえる肌トラブルについて

脱毛の危険性 width=

脱毛の危険性1・照射による熱反射で火傷(炎症)を起こす可能性がある

脱毛処理をするのであれば、美容専門外科で医療レーザー脱毛の施術や美容サロンで光照射による脱毛が、とてもきれいに処置できて効果的です。

しかし、ここで注意しなくはならないことは、皮膚の炎症です。
すなわち火傷ですが、レーザーや光を皮膚に照射することで、その熱反射で皮膚に火傷を起こしてしまうのです。

特にレーザー脱毛はレーザー照射によって毛根を破壊していく方法ですが、軽い火傷の状態になります。
サロンの光脱毛より出力が強いために、しっかりとした技術レベルがないと、皮膚に炎症を起こしかねないのです。

脱毛のフラッシュやレーザーはメラニンに反応すると熱反応を起こし毛根にダメージを与える

脱毛サロンのフラッシュ脱毛や美容クリニックの医療レーザーの脱毛のメカニズムを見ると、これらの光が皮膚に照射させることで、メラニン色素に反応させて、体毛を作る毛母細胞などを破壊していきます。
メラニン色素を持つ細胞は黒い部分であり、まさに体毛になります。
ここにフラッシュ光やレーザーが当たることで、メラニン色素に熱反応を起こして、育毛の機能を無くしてしまうのです。
これがサロンや美容外科クリニックでの脱毛方法の基本的なメカニズムです。

火傷の炎症が起こるとまれに色素沈着が残ることがある

医療脱毛クリニックや美容サロンで脱毛の施術を受けている時は細心の注意を払われていますが、万が一、火傷になった場合は、適切なケアができるような体制が整えられています。

しかし、それでも火傷を負った場合に、ごくまれにレーザーを照射した部分に、表皮にある色素細胞からメラニン色素が過剰に分泌されて、皮膚が色素沈着が残ってしまうことがあります。

この原因の1つとしては、レーザー脱毛に使われる冷却ガスが皮膚に触れ過ぎたことで、凍傷になったり、日焼け肌体質の場合になるケースが見られます。

脱毛の危険性2・毛穴の奥に細菌が入り込むことで毛嚢炎を起こす可能性がある

また、光脱毛やレーザー照射による脱毛でのリスクは、火傷だけではありません。
「毛嚢炎(もうのうえん)」という炎症を引き起こしてしまうリスクの可能性もあります。
これは毛穴に細菌が侵入して発生する炎症で、特にパワーが強いレーザー光が皮膚に照射された際に、毛根の回りにある毛包や皮膚を傷つけてしまった特に、肌が持っている菌のブドウ球菌に細菌が感染してしまうのです。
このように、火傷と合わせて毛嚢炎もレーザー照射などによる脱毛処置の中でリスクがあることを忘れてはなりません。

毛嚢炎とは?どのような症状?

もう少し、毛嚢炎について見ていくことにしましょう。
毛嚢炎は細菌感染症の1つなのですが、毛根の辺りに小さなニキビに近い状態が見られます。
しかし、その症状は様々で、毛穴の中にある体毛の周りの組織細胞で出てくるケースもあれば、もっと深い皮膚下で毛嚢炎を発症させてしまうことがあります。

レーザー脱毛や光脱毛の処置を受けた後に、ニキビのようなプツプツができてしまったなら、毛嚢炎になった可能性がありますので、覚えておくようにしておきましょう。

毛嚢炎は自然治癒することが多いがまれにニキビ跡のように残ってしまうことがある

前述の通り毛嚢炎はブドウ球菌に雑菌が付いてしまうことで起ってしまうのですが、通常は特にケアをしなくても、そのまま治ることがほとんどです。

しかし、中にはニキビの跡のような状態で残ってしまうこともあります。
そのために、自覚症状があった時に、適切な処置をすることが大切です。
ケアする方法は、炎症を起こした部分を液体せっけんや消毒薬で清潔を保つことです。
また、程度がひどい場合や専門医の指示にもとづうて抗生物質の薬を服用することも必要になってきます。

脱毛の危険性3・脱毛により毛が硬く太くなる硬毛化・増毛化を起こす可能性がある

脱毛処置の危険性の中には、信じられないようなケースもあります。
それは脱毛処理によって、ますます体毛が太くて硬くなる硬毛化です。

また、人によっては処置前より、体毛が増えてしまうケースも否定できません。
火傷や毛嚢炎だけでなく、このようなケースが想定されることは、意外に思われるかもしれませんが、逆にこのようなケースもあり得るのです。

硬毛化・増毛化の仕組みははっきりと解明されているわけではありませんが、このようなケースが出てきた人がいることも事実です。

産毛や細い毛はメラニン量が少なくフラッシュやレーザーが反応しにくいため硬毛化が起こりやすくなる

このような硬毛化・増毛化はどのような場合に起こるのでしょうか?
既に濃い体毛や太い毛が硬くなったり、ますます太くなっていくというより、元々、薄く細い産毛や細い毛が硬くなったり、太くなったりしていきます。

明確にメカニズムが解明されているわけではありませんが、メラニン色素に反応させて脱毛を促すフラッシュやレーザー脱毛処置の場合は、元々、メラニンが少ない産毛などが毛根へのダメージ反応が少ないために、このような症状が起きてしまうと考えられています。

硬毛化が起きている毛にフラッシュやレーザーを照射すると改善することが多い

本来、ムダ毛をきれい取り除きスベスベ肌にしたいのに、むしろ硬毛化になってしまうのは、本末転倒と思われてしまうことでしょう。
しかし、実際には硬毛化が起きている部分に、改めてフラッシュやレーザーを照射することで、改善されることがほとんどです。

通常、脱毛サロンや美容クリニックで脱毛処置を受ける場合は、1回の施術で済むことはありません。
2、3か月に1回のペースで、数回~10数回と継続的な施術を必要としますので、その中で解決していくようにしていきましょう。

脱毛サロンと脱毛クリニックはどちらが安全?サロンとクリニックの危険性を検証

脱毛は医療行為であるため医師法17条により取り扱いが定められている

脱毛行為は医療行為であり医師法17条により以下のように取り扱いが定められています。

(1) 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

引用元:厚生労働省

脱毛は医療行為であり医師免許を有しないものが業として行うと医師法違反となります。

脱毛サロンで使用される光(フラッシュ)脱毛器では、脱毛行為をすることができません。

脱毛サロンで行われているのは、脱毛ではなく除毛や減毛です。

しかし、光脱毛によるフラッシュも毛根にダメージを与える強いエネルギーを持つため、リスクのある行為であることには変わりありません。

サロン脱毛は照射パワーが弱いから安全で、医療レーザーは照射パワーが強いから危険というワケではありません。

行為自体はサロンでもクリニックでも変わりはなく、誰がどのように行うのかによって危険性が異なります。

脱毛サロンは気軽に通うことができますが、万が一のリスクに不安がある場合は脱毛クリニックを選んだ方が安心かもしれませんね。

脱毛による肌トラブルのリスクは脱毛サロン・脱毛クリニックのどちらも大差はない

脱毛処置を効果的に行うなら、フラッシュを使った施術を行う脱毛サロンや、医療レーザーを使う脱毛クリニックに通うことです。

しかし、火傷や毛嚢炎などの肌トラブルのリスクが全くゼロとは言い切れません。
但し、ここで誤解されがちな点は、これらのスキントラブルは、第毛サロンより、美容脱毛クリニックの方が多いのではないかという誤解です。

それは、脱毛サロンが用いているフラッシュより、美容クリニックの医療レ-ザーの方が出出力が強いためです。
しかし、実際には、美容サロンも脱毛クリニックも、この手のトラブルの可能性は、決して大きな開きはありません。

医療レーザーは集中的にピンポイントで作用するため広範囲に肌ダメージを与えるリスクが少ない

脱毛サロンと比べて光の出力が強い医療レーザーを使う脱毛クリニックでは、レーザーが週集中的に脱毛箇所にピンポイント的に照射して、その作用を及ぼす面積が限定されので、広い範囲で肌を痛めてしまう危険性は、むしろ低いと言えます。

どうしてのパワーが強い分だけ肌のトラブルが起きてしまった場合は、かなりの重度の火傷を負ってしまう印象があるのですが、限定的な施術となるので、大きな損傷は起にくいのです。

また、医療脱毛クリニックは万が一の場合でも、万全の体制を敷いているので、アフターケアも心配は要りません。

サロンのフラッシュ脱毛は広範囲に優しく作用するため広範囲の肌に負担をかけるリスクがある

脱毛クリニックと異なり、脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、医療レーザーよりパワーが弱い光なので、火傷などの肌トラブルが少ない印象があります。
しかし、実際には決して楽観視できないケースもあることを認識しておくことが必要です。

フラッシュ脱毛の場合は、医療レーザーのよりも照射範囲が広範囲に及び、優しく作用していうために、むしろ肌にジワリジワリと負担をかけていく可能性があるのです。

皮膚のトラブルには、人の体質によってかなり異なってくるので、一概には言えませんが、医療レーザーと異なった形で肌トラブルを起こしてしまうことがあるのです。

硬毛化の原因はレーザーやフラッシュの熱が十分に届かずに毛細胞が熱刺激を受けて活性化することで起こると言われている

きれいな肌を手に入れるために受ける脱毛処置には、前述の通り医療レーザーやフラッシュの光がメラニン色素に影響を与え、毛細胞を破壊することで脱毛を促す方法でした。

しかし、光の熱が十分に届かず毛細胞がにわかに届いた熱エネルギーに刺激されて活性化してしまうことがあります。
その結果、体毛が硬くなったり、濃い毛になることが起こると言われています。

本来、取り除くきれいにしたいはずの肌が、逆に硬い毛になってしまうわけです。

医療用レーザーは照射パワーが強いため発毛組織に十分な熱を届け毛細胞を破壊することができるため硬毛化は起きにくいと言われている

肌トラブルで大きな負荷をかけてしまうような印象がある医療用レーザーは、照射範囲は津分的になるために、むしろ大きな火傷などを負うリスクが低いことを述べてきました。

また、照射の出力が強いことは発毛組織にしっかりと、熱を送ることができるので、育毛を司る猛細胞をしっかりと破壊することができます。
その結果、ムダ毛の硬毛化は、比較的に少ないと言われているのです。
しかも、前項でも触れたように硬毛処置はレーザー脱毛でも、数回に渡る処置を行うので、硬くなってしまった体毛でも、しっかりと取り除くことが可能です。

サロンのフラッシュ脱毛は照射パワーが弱く発毛組織に十分な熱を届けることができず毛細胞を破壊することができないため硬毛化が起こるリスクがある

サロンのフラッシュ脱毛は照射パワーが弱いために、施術に伴う痛みが少なく肌への負荷もそんなに小さなイメージがあります。

しかし、その一方で医療用レーザーより出力が低いために、実際は発毛組織に脱毛に必要な熱エネルギーが届かずに、育毛の細胞に大きなダメージを与えることができません。

これが硬毛化を引き起こす予要因になっている場合もあるのです。
そのために、フラッシュによる脱毛処理を、完全に終わらせるためには、医療用レーザーによる処置より施術回数が多くなってしまう傾向があります。

蓄熱式レーザー脱毛器やSHR式脱毛器はメラニンをターゲットとしないため熱反射が弱く硬毛化を起こす可能性はほとんどない

しかし、美容脱毛サロンの光脱毛の全てが硬毛化を引き起こしてしまうのでしょうか?
いいえ、決してそのようなことはありません。

光脱毛をメインとしている脱毛サロンの中には、メラニン色素の作用による光脱毛意外の方法を採用しているサロンもあるからです。
具体的には、蓄熱式レーザー脱毛器やSHR式脱毛器を使っている店舗が挙げられますが、メラニン色素に対する影響がないために、硬毛化を引き起こす可能性がほとんどないのです。

脱毛クリニックの施術は国家資格を持った者が行うため技術力や専門性が高い

脱毛処置の背蔚を受けるのあれば、選択肢として、脱毛クリニックと脱毛サロンの2つがあります。
ここでどちらを選択すべきかと迷われる方も少なくないでしょう。

しかし、実際には脱毛クリニックを選択される方もかなり多くいらっしゃいます。
それは、クリニックで施術を行うスタッフは、しっかりとした国家資格を持っているからです。

その結果、脱毛処理に関する技術力や専門知識を有しており、しかも、肌のトラブルが起きてしまった時の対処法もしっかりと習得していますので、安心して施術を受けることができます。

脱毛サロンの施術は資格は必要がなくスタッフ間の技術力や専門性に差があることが多い

一方の脱毛サロンはどうでしょうか?
最近では、光脱毛の方式がいくつも登場してきたことで、痛みが少ないたけでなく、抑毛効果を発揮する方法をあります。
それだけに脱毛効果が高くなってきているのですが、医療脱毛のような国家視覚がありません。

その結果、スタッフによっては、技術力や専門知識に開きが生まれてくることが目図ライクありません。

そのために、スキルが低いスタッフが担当になってしまうと、思ったような脱毛効果が得られず、不満が残ってしまうことになります。

脱毛クリニックでは複数の脱毛器を導入しどのような毛質・肌質にも対応することができるため肌トラブルのリスクが低い

脱毛に関する国家資格を有するスタッフがいる脱毛クリニックは、それだけで信頼性・安全性が高いことが理解できます。

これに加えて、脱毛クリニックが、1つの脱毛器に縛られずに、何種類もの脱毛器を導入している所が増えています。
そのおかげで、施術の受ける人の毛質や肌質に合わせて、フレキシブルに対応することができます。
その結果、肌トラブルになるリスクもかなり低くなっていくのです。
1種類の脱毛器しか活用していない脱毛サロンだど、施術後に自分に合わなかったというトラブルもありますが、医療脱毛クリニックでは、そのような心配が少なくなります。

脱毛サロンでは複数の脱毛器を導入しているケースが多い対応できない毛質や肌質がある

脱毛サロンでも、いくつかの脱毛器を導入している所が増えています。
IPL脱毛、SSC式脱毛、SHR式脱毛など様々な光脱毛方式が挙げられます。
今までは1つの光脱毛方式に特化していた脱毛サロンも、人によって、様々な毛質た肌の特性があるので、従来のメラニン色素に負荷をかけて脱毛を促進させる方式だけでは、様々なパターンに対応することができません。

そのために、美容クリニックが取っているように、脱毛サロンでも、複数の脱毛器を取り入れているケースが多くなっているのです。

医療脱毛は医師や看護師がいるため肌トラブルなどがあった際にすぐに受診・診察・治療を行うことができる

医療レーザーを使って脱毛処置を施す脱毛クリニックは、一般的に脱毛サロンと比べて、肌トラブルなどに対する対処の安心度が高いと言われています。
それは、本来医療機関のために、専門のドクターや看護師が常駐しており、万が一の時でも
受診・診察・治療を行うことができるのです。

これは光脱毛を行う脱毛サロンとは、決定的に異なる点です、
最近では、医療機関を提携しているサロンもありますが、肌トラブルが起きた後の対処のスピードが全く違うので、とても安心です。

医療レーザーで肌トラブルが起こった時は診察料・受診料・お薬代などが無料になる

何事においてもトラブルはあってはならないことですが、トラブルを完全に無くしてしまうことも難しいことです。

医療レーザーによる脱毛処置でも火傷などの肌トラブルにならないように、細心の注意が払われていますが、もし、トラブルになった時は医療機関でもあるのて、診察から治療、薬の処方まで、全く一般的な病院と何ら変わりがありません。

しかも、この時に発生した診察料や受診料・お薬代などは全て無料になるので、万が一、トラブルに遇ってしまっても、治療にかかる費用を心配することはありません。

脱毛サロンは医師や看護師がいないため肌トラブルなどがあった際にすぐに受診・診察・治療を行うことはできない

その点、脱毛サロンを選んで、施術を受ける人は注意しなくてはなりません。
脱毛クリニックはれっきとしたクリニックです。
すなわち病院そのものなので、専門の医者や看護師が常駐してます。
そのおかげで万が一のトラブルに遭っても、心配なく治療を受けることができるのですが、脱毛サロンでは、このようなことがありません。

もし、火傷などを負ってしまっても、脱毛サロンには医師や看護師がいないためにトラブどがあった時に、すぐに受診・診察・治療ができないのです。

脱毛による危険性を軽減するためにできること/顔・首・VIOなど肌トラブルが起こりやすい部位と対策

脱毛による危険性を軽減する方法1・肌は乾燥によりバリア機能が低下すると、照射によるダメージを受けやいため保湿を心がけましょう

脱毛処理の施術を受けるには、肌トラブルが起きた時にしっかりとアフターケアを施してくれる脱毛クリニックの方が安心です。

しかし、その前に自分自身で身を守ることも大切です。

まず始めに心がけで起きたい点は、肌が乾燥してバリア機能が低下することです。
このような状態のままで照射を受けると、肌へのダメージが受けやすくなるので。常に保湿を心がけておくようにしてください。

脱毛後は特に乾燥しやすくなるのでアフターケアはしっかり行いましょう

脱毛による危険性を軽減する方法2・紫外線によりバリア機能が低下すると照射によるダメージを受けやすいため紫外線対策を心がけましょう

次に意識しておきたい点は、紫外線対策です。
皮膚のバリア機能は肌の感想だけでなく、紫外線にいるバリア機能の低下もあります。
そのままでレーザー照射を受けてしまうと、乾燥肌の状態と同じように大きなダメージを負ってしまうのです。

せっかく高い脱毛効果を得ることができる医療レーザーでも、肌の状態が悪いと思わぬところで、トラブルを引き起こしてしまいます。

そのために、乾燥対策と同様に紫外線対策もしっかりと行っておくことが大切なのです。

レーザーやフラッシュはメラニンに強く反応するため日焼け肌はトラブルを起こしやすい

しかし、医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛にも、根本的なデメリットがあることを認識しておかなければなりません。
それはメラニン色素に反応して脱毛処理を促すメカニズムのために、どうしても日焼け肌の人は、火傷などのトラブルを招きやすいのです。

メラニン色素は、黒い部分に反応して毛根の細胞を破壊することで、脱毛効果を得る方式なので、日焼けして肌が黒くなっている人や、元々、黒い肌質の人も含めて、メラニン色素に影響を与える施術はリスクが高いということを忘れないでくたさい。

顔脱毛の危険性/顔脱毛で起こりえるリスクと対策方法について

脱毛処理の中で、注意したい箇所の1つに顔脱毛があります。
時に顔や神経質な部分なのですが、下手をすると雑菌が毛穴に入り込んで毛嚢炎になってしまうことがあります。
見た目が白ニキビのようなことになってしまいます。
こにょうなような皮膚の炎症を引きおこなさいためには、施術を受ける前に、顔の皮膚の部分を清潔にしておくことが大切です。

顔に常にある状況菌に雑菌が付いてしまい、炎症を起こすのですから、清潔な状態に保っておくことが重要です。

首脱毛の危険性/首脱毛で起こりえるリスクと対策方法について

首脱毛で送りやすいリスクでは、やはり火傷が想定されます。
と言うのも、首回りも日焼けをしやすいためですが、メラニン色素の作用を与える黒い部分が反応していることから、どうしてもレーザー照射で火傷を負ってしまうリスクがあると思われます。

そのために首回りなどでは自分でも気付かないうちに日焼けをしているケースがあります。
そこにレーザー照射をしてしまうことで、思わぬ肌トラブルになるので、注意が必要です、
特に施術を受ける前のカウンセリングでも、スタッフに相談することが大切です。

VIO脱毛の危険性/VIO脱毛で起こりえるリスクと対策方法について

脱毛処置でシビアな箇所がVIOです。
いわゆるデリケートな部分なので、レーザー照射後の痛みがかなりひどくなる人もいます。
繊細で敏感な箇所のために、肌トラブルになるリスクも少なくないので、日焼け対策や乾燥を防ぐ対策が重要になってきます。

レーザー脱毛で起こり得るスキントラブルの要因となる乾燥肌や日焼け肌なども、このVIOでも当てはまりますので、しっかりと保湿対策等を取っておくようにすることです。
神経質な部分だけに入念なケアが求められます。

脱毛の危険性について

ここまで脱毛における危険性について説明してきました。
美容脱毛をするには、脱毛サロンや医療レーザーを使う脱毛クリニックがあります。
そのどちらも施術のリスクとして、火傷や毛嚢炎等の肌トラブルがあります。

しかし、美容クリニックは施術に必要な国家資格を持った専門性の高いスタッフがいるだけでなく、本来病院でもあるために専門医や看護師も常駐しています。
そのために、万が一脱毛の施術中にトラブルになっても、対処してくれるので安心です。

それでも実際に肌にダメージを負ってしまうことは、嫌なことです。
せっかくきれいになるための施術なのですが、逆に思わぬトラブルで辛くならないように、医療レーザー脱毛、フラッシュ式光脱毛の内容や、脱毛の危険性もちゃんと理解しつつ、施術に臨むようにしたいものです。