【脱毛の事前処理】自己処理はいつ・どのくらい?シェーバーなど正しい自己処理方法

【脱毛の事前処理】自己処理はいつ・どのくらい?シェーバーなど正しい自己処理方法

脱毛前に事前処理が必要な理由

脱毛の仕組みについて/フラッシュやレーザーは毛のメラニンに反応し毛根にダメージを与えることで脱毛効果を発揮する

脱毛というと、とにかく毛が無くなって生えてこなくなるんでしょ?と、大まかなイメージを持っている方が多いと思います。
これから初めて脱毛をされる方なら、一体どんな機械を使って、どんな格好で施術をされるのか不安に感じている方もきっといますよね。
脱毛は、フラッシュやレーザーを使用することによって、毛の黒い部分のメラニン色素に反応することによって、毛をだんだんと薄くさせていきます。
正しい知識を持っておくことで、スムーズな脱毛を行うことにつながるので、脱毛を行うには、その仕組みについてしっかりと理解しておくことが必要です。

脱毛前の事前処理を行っていないとフラッシュやレーザーがムダ毛のメラニンに反応してしまい脱毛効果が低下する

脱毛を行う際には、毛は生えていないといけないの?それとも処理をしていても大丈夫なの?と疑問に思っている方もいますよね。
フラッシュやレーザーを使った場合の脱毛は、施術前に毛の処理をしておく必要があります。
事前処理が行われていない状態だと、表面に出ている毛に対して光が反応してしまい、毛根まで反応しないためです。
しっかりと毛を無くしていくように、光の熱を毛根にまで行きわたらせることによって、毛を作り出している組織にダメージを与え、脱毛効果が出せるようになります。

ムダ毛毛長いままだとフラッシュやレーザーの熱エネルギーが毛に反応し痛みを伴うことがある

事前処理をしておらず、ムダ毛が長いままだと、脱毛効果が低下する以外にもデメリットがあります。
フラッシュやレーザーを使った脱毛は、かなり高温な光の熱の処理になります。
ムダ毛が長い状態で脱毛の器械を当ててしまうと、表面のムダ毛にその熱が加わわってしまうので、かなり熱い体感になります。
基本的に、フラッシュやレーザーの脱毛の体感は、輪ゴムでパチンとされたようなチクッとするような感覚と表現されることが多いですが、それとは比にならない位、暑くて痛い体感になります。

脱毛前の事前処理を行わないと火傷や肌トラブルのリスクがある

事前処理を行っていない、毛が長い状態での施術は、痛みを伴うだけでなく、肌トラブルを起こすこともあります。
お客さんとして施術を受ける場合、毛が長い状態のままでの施術は絶対にないですが、もし自己処理の漏れがあって、そこを施術してしまった場合、わかりやすく焦げた臭いがしてきます。
これは、光の熱によって、表面に出ている毛が燃えてしまったということです。
光は毛だけでなく、同時に肌にも照射しているので、その熱が肌にも伝わることによって、火傷などの肌トラブルを起こすこともあります。

脱毛前に事前処理を行っていないと施術ができないサロンやクリニックもある

脱毛クリニックやサロンでは基本的に、脱毛で来店する前の事前処理をお願いしている場合がほとんどです。
そのため、処理がされていない状態のままでは、施術をお断りされてしまうこともあります。
施術直前の処理では、肌トラブルを起こしてしまう場合があります。
さらに、施術者が代わりに毛の処理を行う事によって、予約時間を大幅に超えてしまい、次の予約のお客様に迷惑をかけてしまう理由もあります。
サロンによって対応が違う場合があるので、自己処理を忘れてしまった場合は、事前に確認をしておく方が良いと思います。

背中やOラインなど手の届かない部位はシェービングサービスが受けられることもある

脇や足などの自己処理に関しては、自分で届くから処理ができるけど、背中などの手が届かない部分はどうしたらいいの?という疑問もありますよね。
基本的には、自分でできる部分は自分で処理を行い、どうしても処理ができない部分はシェービングをしてもらえることが多いです。
家族がいる場合は、お願いできますが、1人暮らしの方だと背中の処理などは無理がありますよね。
大体のクリニックやサロンでは、シェービングサービスを受けられる事の方が多いですが、事前に確認を取っておく方が安心できますよね。

シェービングサービスは追加料金が必要なこともある

ほとんどのクリニックやサロンでは、自分で届かない部分の毛の処理に関して、シェービングサービスを受けられることが多いですが、中にはシェービングサービス自体が有料なこともあります。
シェービングサービスを無料にしていることによって、中には自己処理を毎回しないで来店するお客様がいる場合もあり、箇所が全身ともなると、毛の処理だけでかなりの時間がかかってしまいます。
そのためお店によっては、シェービングサービスを有料にすることによって、基本的には自分で行って頂くものとしているところが多いです。
もし、利用を考えている場合は、料金設定などの確認をしておくと良いでしょう。

脱毛前の正しい事前処理/自己処理を行うタイミングはいつ?どのくらい剃る?

脱毛前の事前処理は1~2mmを目安に剃りましょう

脱毛をせっかく行うなら、効率よく減らしたい!と思う方もきっと多いと思います。
お店から言われた通りに自己処理をしているけど、より毛が減りやすい処理方法があるなら、そのように処理したいですよね。
脱毛前に行う自己処理は、1~2㎜を目安に剃るのが1番効果的と言われています。
少しでも生えていたらダメ!と思って、しっかり根元の方まで処理をしている方も中にはいますが、あまりにも毛が出ていない状態だと、光の熱が反応しにくくなってしまうため、脱毛効果を得られにくくなってしまいます。

脱毛前の事前処理はいつ行う?/予約日の1~2日前までに済ませておきましょう

脱毛をスムーズに効果的に行うためには、自己処理を行うタイミングもとても大切です。
クリニックやサロンでは、基本的に自己処理は1~2日前までに済ませておくようにお願いしているところが多いです。
シェービングでの自己処理をオススメしている所が多いと思いますが、その場合だと、1~2㎜を残しての処理ってとても難しいですよね。
1~2日前に自己処理をしておくことによって、施術日当日に、脱毛効果が得やすい長さになっているのです。
当日処理を忘れていた!なんてことを避ける為にも、1~2前までの処理をすることが大切です。

ワキやVIOは毛が伸びるペースが早いため1日前の事前処理がおすすめ

脱毛をしたいと考えているかたなら、今まで自己処理をしてきた人が多いはずだと思うので想像できると思いますが、脇やVIOなどの毛がしっかりしている箇所は、他の部分と比べても、毛が生えてくるペースが早いなと感じたことはありませんか?
毛の生えてくるペースは、箇所によって周期が違っているので、ばらつきがあります。
特に脇やVIOなどは、毛が伸びる周期が早いので、特に気になっているという方も多いですよね。
毛が伸びるペースが早い箇所に関しては、1日前の自己処理にしておくことによって、施術日当日の毛の長さを丁度いい長さにすることができます。

事前処理後は肌が乾燥しやすいため施術当日の自己処理はおすすめしない

毛の自己処理って結構面倒くさい作業ですよね。
服から出人目につく箇所なら毎日でも処理をしたい方も多いと思いますが、普段は見えない箇所なら直前に自己処理をしている方も多いと思います。
ですが、脱毛を予定している箇所の場合は、施術当日に自己処理することによって、肌が乾燥してしまい、場合によっては施術ができないこともあります。
光の熱処理は、毛だけでなく肌にも一緒に反応するので、特に乾燥している敏感な肌状態では、肌トラブルが起こってしまうリスクが高いのです。
乾燥状態での脱毛は、体感もかなり痛いので、当日の自己処理は避けましょう。

当日予約やキャンセル待ちで施術を行う場合は事前に自己処理を行いしっかり保湿してから出かけましょう

脱毛クリニックやサロンによっては、予約が取りずらいところもありますよね。
特に夏前などの繁忙期になると、キャンセル待ちをしてでも脱毛を進めたいというかたは多いと思います。
その場合は、事前に自己処理を行い、しっかりと保湿をしておくことが大切です。
当日突然サロンに行くことが決まって、慌てて自己処理をしてしまうと、カミソリ負けやヒドイ乾燥状態になることがあります。
脱毛は、出血していた後がある部分には施術ができないので、そこを避けての脱毛処理になってしまいますし、乾燥状態では肌トラブルの原因になってしまいます。
キャンセル待ちや当日予約をして、ひょっとしたら脱毛に行くかもしれないのならば、事前に自己処理や肌状態に気を付けるようにしましょう。

脱毛前の正しい事前処理方法/VIO以外の部位の自己処理について

脱毛の正しい事前処理1・カミソリではなく電気シェーバーを使いましょう

電気シェーバーのメリット・肌への刺激や負担が少ない

脱毛クリニックやサロンで、シェービングサービスをしている場合、ほとんどの所で電気シェーバーを使用しています。
まず、脱毛サロンではカミソリが使用できない決まりがあります。
カミソリは理容師資格が必要だからです。
その他、カミソリの場合は一緒に肌を削いでいくような処理方法になるため、肌の乾燥を引き起こしてしまうことが多いからです。
男性と違い、女性の場合はカミソリを使うのに慣れていない為、変に力が入り過ぎてしまうことがあるので、脱毛前の自己処理は肌負担の少ない電気シェーバーで行うのがオススメです。

電気シェーバーのメリット・短時間で処理できる

電気シェーバーとカミソリの違いは、短時間で毛の処理ができることです。
脇や手などの狭い範囲の脱毛なら、カミソリでも気にならないという方もいると思います。
ですが、足などの範囲の広い箇所をカミソリで処理するには、かなり時間が掛かってしまうのと、肌を傷つけないかを注意して行うのも大変な作業です。
二の腕の後ろ側など、多少自分から見えない部分だとしても、肌を傷めることなく処理ができるのはとても良いですよね。
電気シェーバーを使う事によって、安全かつ早い自己処理ができるので、とてもオススメな方法です。

電気シェーバーのメリット・専用フォームなどが必要なく手軽

女性の方の場合、カミソリ自体使い慣れていないと、専用のフォームを使うことなく、直接毛の処理をしてしまう方も中にはいます。
専用のフォーム自体の存在を知らない方が意外と多いんですよね。
その場合、余計に肌を傷つけてしまうので、とても危険です。
電気シェーバーであれば、準備の手間もなく、あとの片付けなどの面倒くささもないので、とてもオススメです。
専用のフォームを買いに行く必要もないので、ランニングコストがかからないのもメリットです。

カミソリのデメリット・角質をそぎ落とすためバリア機能が低下し照射による肌トラブルのリスクがある

電気シェーバーの場合、軽く肌に滑らせれば毛の処理ができますが、カミソリの場合はそうはいきません。
しっかりと毛をつかんで処理するために、肌に沿わせながらの処理になるので、肌に与えるダメージは大きいです。
カミソリの自己処理をしたことがある方は想像できるかと思いますが、肌を削ぐようにしてカミソリを当てるので、肌の大事な角質も一緒にそぎ落としてしまう事になり、バリア機能が低下してしまうのです。
バリア機能が低下した状態の肌はかなり敏感になっているので、光の照射によって肌トラブルを引き起こしてしまうリスクが高くなってしまいます。

カミソリのデメリット・角質をそぎ落とすため乾燥しやすくなる

カミソリで自己処理をした肌は、大事な角質も一緒にそぎ落とされている状態なので、必要な水分を保持する力が弱くなっています。
本来肌は、自分の力である程度の水分や油分を作り出すことができ、それを保つ力もあるのですが、カミソリを当てることによって、強制的に角質をはぎ取られている状態なので、水分がかなり失われていることになります。
光の照射を当てていくには、十分な保湿がされた肌でないとトラブルを引き起こしてしまうので、カミソリ後の乾燥した肌状態では脱毛の施術はできません。

脱毛の正しい事前処理2・毛抜き、ワックスの使用はNG

毛抜きのデメリット・毛抜きは毛根ごと毛を抜くため毛のメラニンが消失し脱毛効果が得られなくなる

脇や眉毛などの自己処理では、今までずっと毛抜きの処理をしていたという方は多いのではないでしょうか。
毛抜きの処理は、根元からごっそりと毛がなくなるので、見た目も黒く見える部分もなく、自己処理は絶対毛抜きという方も多いでしょう。
ですが、脱毛をする場合は、毛抜き処理は脱毛効果を得られなくなってしまうため、やめて頂くようにお願いされます。
光の照射による脱毛は、毛の黒い部分のメラニンに反応をさせて処理をしていくものなので、根元の方まで黒い部分が見えない状態で光の照射をしても反応できないのです。

毛抜きのデメリット・肌への刺激や負担が大きい

毛抜きによる自己処理は、なんといっても処理の際の痛みや、肌への刺激がデメリットになります。
毛の生えてくる流れを理解している場合は、なるべく肌への負担を少なくした抜き方ができるかもしれませんが、そんなことを理解して自己処理している人はまずいません。
無理矢理に引っ張って毛を抜いている方がほとんどですよね。
なんでも無理に行えば必ず負担が出る物です。
脱毛前の肌には、刺激や負担をかけるような自己処理は、肌トラブルを起こすリスクもあり、オススメできません。

毛抜きのデメリット・埋没毛のリスクがある

毛抜きを何年もしてきた人の肌には。共通していることがあります。
それは、埋没毛です。
毛が見えてるのに触れないという事を経験した方は多いはずです。
それは、毛が生えてきたのに、厚くなった肌の角質によって出てこれなくなってしまった状態なのです。
無理に引っ張って処理をしたせいで、肌に刺激が加わり、乾燥を引き起こした結果、肌が正常なターンオーバーができなくなってしまったことでおこります。
放っておくと、炎症を起こして赤くなることもあります。
それよりも、その部分の毛の処理ができなくなってしまうのは大きいデメリットです。

脱毛ワックスのデメリット・1㎝程度のムダ毛の長さが必要

毛抜きの自己処理をしてきた方の中には、今までにワックス脱毛を経験されたことがあるという方もいるかもしれません。
毛抜きだと1本ずつの処理なので、手間に感じますが、ワックス脱毛だと一気に処理ができて時短になる上に、根元から毛の処理ができるので好んでする方も多くいます。
ですが、脱毛をする場合は、最低でも1㎜程度の毛の長さがないと、光の照射をしても反応ができません。
1㎜でも伸びているのが気になるから脱毛をしようと思ったと思いますが、しっかりと毛を無くしていくためにもそこは我慢しましょう。

脱毛ワックスのデメリット・無理にワックスシートを剥がすため痛みがある

ワックス脱毛は、専用のクリームを塗布した後、一気に剥がして毛を処理する方法です。
ガムテープを毛が生えている部分に貼って剥がすような痛みなので、ものすごく痛いのが特徴です。
広範囲に生えている毛の処理を一気に抜くことができるので、時間の短縮になるのと、しっかりと根元からキレイになるのがメリットの脱毛方法ですが、痛みに弱い方にとってはかなり辛い方法です。
痛みがあるという事は、それだけ肌負担もあるという事なので、脱毛を考えている場合はオススメできない方法です。

脱毛ワックスのデメリット・肌の角質も一緒に剥がすため乾燥しやすくなる

ワックス脱毛の場合、カミソリなどの処理と比べて、肌に与えるダメージがかなり高いのが特徴になります。
専用のクリームを毛が生えている部分全体に馴染ませていくので、もちろんしっかりと肌にまで密着します。
それを勢いよくビリっと剥がして行う処理方法なので、肌表面の正常な角質までも一緒に剥いでいく事になります。
その為、ワックス脱毛の後は、かなり肌が敏感な状態になり、乾燥しやすくなってしまいます。
脱毛には乾燥が大敵なので、オススメできない処理方法です。

VIO脱毛の事前処理方法について

VIO脱毛の事前処理手順1・お肌を温めると皮膚が柔らかくなり肌が傷つきにくくなります

VIOの脱毛をしたいけど、自分でどう処理をしたらいいかわからないという方もきっと多いですよね。
他の箇所と比べても特に敏感な肌のVIOの処理は、肌を温めてからがオススメです。
お風呂後の肌が柔らかくなっているタイミングで処理をすることにより、肌が傷つきにくくなるのでオススメです。

VIO脱毛の事前処理手順2・長い毛をハサミでカットする

VIOの毛は、長さもあるため、いきなり電気シェーバーを当てると毛が絡んでしまい、処理するのに痛みを伴うこともあります。
毛が長い部分は、最初にハサミでカットしておくことによって、電気シェーバーをスムーズに当てられるようになります。

VIOの毛のカットには化粧用はさみ(眉用)が使いやすい

電気シェーバーを当てる前にハサミでカットするなら、化粧用のはさみを使うのがオススメです。
普段眉毛のお手入れで使用しているような、小さいハサミのことです。
VIO自体があまり広範囲な箇所ではないので、大きいハサミだと処理がしずらいのと、小さいハサミの方が自分の処理したい毛までを切れるなどの調整がしやすいのもメリットです。

VIOの毛をハサミでカットする時は1~1.5㎝の長さを目安にカットする

ハサミでカットする場合は、長さに注意しましましょう。
光の熱処理による脱毛は、毛の黒い部分が残っていないと反応ができないので、しっかり根元までの処理をせず、1~1.5㎜の長さを目安に処理をするようにしましょう。

VIO用のヒートカッターで処理をしてもよい

VIOの自己処理の際に使えるものとして、ヒートカッターという方法もあります。
その名の通り、熱で毛を処理できるものです。
毛自体熱に弱い性質を持っており、その性質を活かした処理方法なのです。
この方法なら、皮膚にダメージが加わることなく毛の処理ができます。

VIO脱毛の事前処理手順3・電気シェーバーで処理をする

VIOの自己処理に使えるグッズがわかっても、いざ処理をしようとすると案外難しいものです。
ここからは、VIOの毛の処理方法で1番オーソドックスな電気シェーバーの処理方法の手順をご紹介していきます。

Vラインは外側から内側に向かって剃ると剃りやすい

足や腕などの自己処理の場合、毛に逆らって電気シェーバーを当てていくと思いますが、Vラインの場合は違います。
同じように毛に逆らって当てていくと、毛が引っ掛かりやすく、痛みがでてしまうのです。
外側から内側に向かって処理をすると剃りやすいです。

Iラインは見にくいため鏡を使いましょう

Iラインの自己処理も、とても難しいですが、できれば自分で処理をして、お店の方にやっていただくのは避けたいですよね。
自分から見える位置からのみだと、剃り残しが出てしまうので、しっかりと鏡を使って肌に優しく当てて処理をしましょう。

Iラインは凹凸があり傷つけるリスクがあるため皮膚をピンと張った状態で剃りましょう

Iラインは、粘膜が近い事もあり、特に自己処理は慎重に行いたい部分です。
ですが、凹凸があったりで、なかなか処理がしずらい箇所でもあります。
しっかりと皮膚をピンと張った状態で電気シェーバーを当てて処理をしましょう。

Oラインは凹凸があるため肌をピンと張って毛の生えている方向に沿って剃りましょう

Oラインの自己処理は、ほとんど自分で目で見て確認が取れないままに自己処理をすることになると思います。
Oラインもシワが寄りやすい箇所になるので、しっかりと皮膚をピンと張って毛が生えている方向に沿って電気シェーバーを当てていきましょう。

VIO脱毛の事前処理手順4・剃毛部の保湿

VIOの自己処理後は、特に気を使って保湿をするのが大切です。
VIOも乾燥するの?と思う方も多いかもしれませんが、自己処理後は肌が敏感になっており、VIOと言えども乾燥をします。
しっかりと保湿をしておきましょう。

VIOは皮膚が薄く剃毛により乾燥しやすいためしっかりと保湿をしましょう

VIOの自己処理は、自分からなかなかしっかりと見えない状態での処理になる分、変に力が入ってしまっている場合も多いです。
元々皮膚が薄い部分の処理なので、他の箇所よりも保湿は気を付ける必要があります。

VIO脱毛の事前処理/デザインを作る場合は最初の2~3回は毛を全処理しましょう

VIO脱毛の場合、他の箇所の脱毛と違って、全部の毛を無くすのは嫌という方も多くいます。
その場合は、どの部分までの毛を残したいかを最初に希望を伝えておくことが必要です。
キレイなグラデーションを作ると自然な仕上がりになるので、初めの2~3回は毛を全部処理するのがオススメです。

デザインを作る場合は自己処理用の型に剃れば簡単に処理できます

VIOの脱毛の場合、少し毛を残したい方や、デザインを決めて処理をしたい方もいます。
その際の事前処理が難しいという場合は、自己処理用の型を使って電気シェーバーを当てていく事によって、簡単に処理をすることができます。

VIO脱毛の事前処理/ハイジニーナの場合は全処理をしましょう

VIOのすべてに毛をなくしたいというハイジニーナを希望される場合は、脱毛の事前処理は全ての毛を処理するようにしましょう。
人によっては粘膜にまで毛が生えている方もいるので、処理を希望している部分までは自分で処理をしておきましょう。

脱毛の事前処理の方法についてまとめ

脱毛の事前処理について詳しくお話してきました。
フラッシュやレーザーは毛のメラニンに反応し毛根にダメージを与えることで脱毛効果を発揮するため、脱毛クリニックやサロンでは、基本的に来店前に自己処理をするようにお願いしている所が多いです。

脱毛前の自己処理の必要性
・毛が生えていると根元にまで反応しずらく脱毛効果が下がる
・フラッシュやレーザーの熱が肌に反応していまいトラブルを起こす為

クリニックやサロンによっては、有料でシェービングサービスをしているところもあります。

自己処理の注意点
・脱毛の1~2日前までに処理を済ましておく
・脱毛箇所の保湿をしっかりとしておく

自己処理は基本的に電気シェーバーを使いましょう。

電気シェーバーのメリット
・肌への負担が少ない
・時短になる
・専用フォームが必要ない

毛抜きやワックス脱毛は、フラッシュやレーザーの反応が出来ない上に肌負担も大きいためオススメしません。

VIOの脱毛前の自己処理の注意点
・肌を温めた後の自己処理で負担を減らす
・長めの毛は最初に小さなハサミでカットしておく
・皮膚に凹凸がある部分はしっかりと皮膚を伸ばしながら処理をする
・自己処理後はしっかりめに保湿をしておく

脱毛クリニックやサロンで、フラッシュやレーザーを使った脱毛をこれから検討している方は、事前に脱毛の特徴や注意点をよく理解した上で行いましょう。