【除毛クリームの仕組み】どうして毛が抜けるの?脱毛効果が得られる理由

除毛クリームの仕組みについて/どうして脱毛効果があるの?

除毛クリームの仕組み

除毛クリームは毛(タンパク質)を溶かす成分が配合されている

気になるムダ毛を処理する方法の1つに、除毛クリームを塗るという方法があります。

除毛クリームの特徴は、ムダ毛が気になっている部分に除毛クリームを塗り、しばらく時間を置きます。その後、タオルやティッシュなどでクリームを拭き取ると、ムダ毛も一緒にとれてくれるというものです。

この”毛がクリームと一緒にとれる”という仕組みのカギを握っているのが、除毛クリームに配合されている「毛を溶かす成分」です。

毛を溶かす成分をムダ毛の上に塗り、毛の奥までしっかり浸透させることで脱毛したようなムダ毛のないツルスベ肌を実現しているのです。

除毛クリームによる脱毛は”毛を溶かす仕組み”を用いているため、毛穴にムダ毛の断面(黒いブツブツ)が残らないという点も魅力の1つとなっています。

毛はケラチンというタンパク質を多く含む成分でできている

除毛クリームでムダ毛を脱毛できる仕組み=毛を溶かすという点について、少し踏み込んで紹介しましょう。

毛を溶かすという点で、まずポイントとなるのが毛を構成している成分です。

毛の科学的構成成分は、ケラチンというタンパク質(8割方を構成)、脂質、メラニン色素などでできています。

シスチンというアミノ酸がケラチンの繊維のつながりを結び、髪の毛のハリやしなやかさをだしています。

そして次にポイントとなるのが、除毛クリームに配合されている成分です。

除毛クリームに配合されているのが、タンパク質を分解する有効成分です。

ムダ毛の上に除毛クリームを塗る=タンパク質の上にタンパク質を溶かす成分を塗ることになるため、ムダ毛が溶けて毛のないツルスベ肌が実現するわけです。

除毛クリームの有効成分は肌表面で作用するため肌表面から出ている毛にしか効果がない

除毛クリームでムダ毛の処理をすると、とてもきれいな仕上がりになります。

カミソリで剃ったような毛の断面も残りませんし、触り心地もスベスベで、根元から脱毛できているような感覚になるほどです。

このように仕上がりに関しては申し分ないのですが、除毛クリームには肌の表面から出ている毛にしか効果がない、というデメリット点があります。

除毛クリームを使用する際に有効成分のチオグリコール酸カルシウムが根元まで浸透するよう時間を置くのですが、アプローチできるのは肌の表面から出ている毛のみなのです。

また、毛を成長させる組織にもダメージも与えられないため、一定期間がたつと気になっていたころと同じように毛は生えてきてしまいます。

除毛クリームの成分は肌の内側まで浸透できないため埋没毛には効果がない

除毛クリームは肌の表面から出ている毛にしか効果がないという点で残念なのは、毛の成長を促す成分にダメージを与えられないという点に加えて、埋没毛に効果がないという点もあげられます。

埋没毛とは、毛抜きやカミソリによるムダ毛の自己処理を繰り返すことにより毛穴がふさがり、皮膚の中で成長してしまった毛のことです。

太くて硬い毛が生えている部位や皮膚が柔らかい部位にできることが多く、腕や足、ワキの下、VIOなどで目立ちますが、残念ながら除毛クリームで処理することは不可能です。

スクラブやピーリング作用のあるスキンケアを行う・肌のターンオーバーを促すなどで埋没毛を改善し、皮膚の表面に出てきてくれれば除毛クリームでキレイにすることができるでしょう。

除毛クリームは指定の待ち時間を置くことで有効成分が毛の中まで浸透し脱毛効果が得られる

除毛クリームでムダ毛を処理したい場合、必ず守って欲しいポイントがクリームを塗った後に十分な時間を置くことです。

除毛クリームの使用方法に記載してありますが、除毛クリームを塗った後そのままの状態で5~10分放置するという注意書きがあります。

この5~10分という時間は、除毛クリームに含まれる有効成分が毛の内部まで浸透して分解するための時間です。

比較的毛が細く薄いタイプの人は5分を目安に部分的に拭き取って効果を確認し、毛が太く濃いタイプの人は10分を目安にすると良いでしょう。

放置時間に関しては、置けば置くほど効果があるわけではありません。

5~10分と記載してあった場合は10分以上放置しないよう気を付けてください。

除毛クリームの有効成分は?除毛クリームmoomoの配合成分で説明します

除毛クリームの代表的な成分・チオグリコール酸カルシウムはどんな成分?

エステ並みの脱毛を実現してくれるという人気除毛クリームが「moomo(ムーモ)」に配合されている有効成分は、除毛クリームと言えばコレ!という代表的な有効成分チオグリコール酸カルシウムです。

チオグリコール酸カルシウムは除毛クリームの定番成分であるほか、脱毛クリームやパーマ液などにも配合される成分です。

特徴は、毛の主成分であるタンパク質を分解できることです。

肌の表面に出ている毛はもちろんのこと、内部にしっかり浸透して毛を根こそぎ溶かしてくれます。

チオグリコール酸カルシウムには毛を結合するシオチンを切り離す働きがある

チオグリコール酸カルシウムがタンパク質を溶かすという点について、まず毛を構成している成分からおさらいし、どのようにチオグルコール酸カルシウムが関わってくるかを紹介しましょう。

毛を主に構成しているのはケラチンというタンパク質です。そしてケラチン繊維のつながりを結んでいるのはシスチンというアミノ酸です。

このケラチン繊維のつながりを結んでいるシスチンを切り離すことができるのが、チオグリコール酸カルシウムです。

チオグリコール酸カルシウムのシスチンを切り離すという働きが注目され、除毛クリームに配合されているのです。

moomoに含まれるチオグリコール酸カルシウムは毛穴の奥まで浸透するように泥の微粒子に抱え込む設計になっている

チオグリコール酸カルシウムという成分の効果を知ると、配合している除毛クリームなら何でもいいのでは…と思う方も多いことでしょう。

でもここで注目しておきたいのが、moomoだから実現する浸透力の高さです。

除毛クリームでムダ毛をしっかり取り除くためには、毛に浸透させる・毛穴の奥まで浸透させなくてはいけません。

そこでmoomoは浸透力を高めるために編み出したのが、除毛成分を微粒子に抱え込ませる方法です。

毛穴の中に入り込んだ微粒子から毛根に除毛成分を染み込ませることで、毛穴からごっそりと毛を抜き取ってくれるのです。

除毛クリームの代表的な成分・シアバター(保湿剤)ってどんな成分?

除毛クリームに配合される代表的な成分として、シアバターという成分もあげられます。

シアバターとは植物オイルのことで、食料や燃料に使われるほか、かゆみ止め、やけど治療といった万能薬としても利用されるオイルです。

保湿力が高い、美容成分が豊富に含まれている点が魅力となっており、毛髪のケア用品や美容クリームに配合されています。

除毛クリームの使用後は肌荒れが気になるものですが、シアバターが配合されている除毛クリームならダメージを最小限に抑えることができ、潤いある肌をキープしてくれるのです。

除毛クリームの代表的な成分・大豆エキス(イソフラボン)ってどんな成分?

除毛クリームに配合されている代表的な成分として、大豆エキス(イソフラボン)という成分もあげられます。

大豆エキス(イソフラボン)とは名前の通り大豆のエキスで、女性ホルモンに近い働きをしてくれる特徴が魅力となっています。

この女性ホルモンに近い働きの中でポイントとなるのが、肌のコンディションを整える効果と毛の成長を遅らせる・抑制する効果です。

目に見えている毛だけでなく脱毛後に生えてくる毛にもアプローチしたいなら、大豆エキス(イソフラボン)が配合されている除毛クリームを選ぶと良いでしょう。

moomoに含まれるダイズエキスは男性ホルモンの分泌を抑え抑毛効果を高めるために配合されている

肌のコンディションを整える効果、毛の成長を遅らせる・抑制する効果が期待できる大豆エキス(イソフラボン)は、もちろんmoomoにも配合されています。

配合している目的は、女性ホルモンに似た働きの成分を取り込むことで男性ホルモンの分泌を抑え、今後生えてくる毛を抑毛するためです。

大豆エキス(イソフラボン)は自然由来の成分ですが、除毛クリームだけでなく抑毛ローションがこぞって採用するほど抑制効果が注目されている成分です。

女性はもちろんのこと、男性の太く濃い毛にも効果が期待できます。

除毛クリームの仕組み/メリット・デメリット

除毛クリームのメリット・好きなタイミングでムダ毛処理ができる

ムダ毛の処理に除毛クリームを選ぶメリットの1つとして、自分の好きなタイミングでムダ毛処理ができる点があげられます。

除毛クリームでムダ毛を処理する工程は、「ムダ毛の上にクリームを塗る」→「5~10分待つ」→「クリームを拭き取る」だけなので、ものの15分あれば両足・両腕の除毛は完了してしまうでしょう。

また、自宅にいながらできるため、仕事前でも仕事で遅くなった深夜でも、空いた隙間時間にムダ毛のないツルスベ肌にすることができます。

除毛クリームのメリット・お金をかけずに脱毛できる

ムダ毛の処理に除毛クリームを選ぶメリットの2つ目に、お金をかけずに脱毛できる点があげられます。

例えば脱毛サロンやクリニックに通って脱毛する場合、数万円~十数万円といったまとまった費用が必要になりますし、通うための交通費なんかもかかってしまいます。

また、家庭用脱毛器を購入したとしても数万円はかかってしまいます。

その点、除毛クリームなら1,500円前後で身近なスーパーやドラッグストアで購入することができます。

すぐ手に入る、気軽に始められる、そしてお金をかけずに脱毛することができるでしょう。

除毛クリームのメリット・敏感肌用の除毛クリームなら肌負担がほとんどない

ムダ毛の処理に除毛クリームを選ぶメリットの3つ目に、敏感肌用の除毛クリームなら肌負担がほとんどない点があげられます。

除毛クリームの仕組みを知ると、肌が荒れる…、敏感肌の人は使えない…なんてイメージしてしまうものですが、除毛クリームには肌が弱い方のための敏感肌用も用意されています。

敏感肌用の除毛クリームには、肌へのダメージを最小限に抑えるための成分や脱毛後の肌を整える美容成分がたっぷり配合されています。

肌への負担がほとんどないため、敏感肌の方でも安心してムダ毛の処理が行えます。

除毛クリームのデメリット・毛根にダメージを与えられないため除毛してもすぐに生えてきてしまう

ムダ毛の処理に除毛クリームを選ぶデメリットには、除毛しても毛が生えてきてしまう点があげられます。

除毛クリームの成分がアプローチできるのは、今生えている毛のみです。

有効成分が毛穴まで浸透し毛根から分解するよう働きかけてはくれますが、毛を成長させる組織には働きかけることができません。

大豆エキスで毛の成長を抑制する、遅らせることができたとしても、一定期間がすぎると成長期に入った毛が再び生えてきてしまいます。

除毛クリームのデメリット・商品によっては有効成分が肌に負担がかかることがある

ムダ毛の処理に除毛クリームを選ぶデメリットには、肌に負担がかかることもある点があげられます。

肌への負担がほとんどない敏感肌用の除毛クリームが販売されている一方、様々なタイプの除毛クリームが販売されています。

商品として発売されている以上、使用してはいけない害のある成分は使われていませんが、必ずしも自分の肌と相性がいいとは限りません。

使ってみたら肌が荒れた…なんてことにならないよう使用前にパッチテストを行うようにし、使用後に肌が荒れた場合は使用を中止する・皮膚科を受信するなどの対応をとりましょう。

除毛クリームのデメリット・水分や油分により脱毛効果が低下するため入浴中に使用 できない

ムダ毛の処理に除毛クリームを選ぶデメリットには、入力中に使用できないという点があげられます。

ムダ毛の処理は、手足の一部分を処理するのであれば部屋でも構いませんが、複数の部位を処理したい、ワキを処理したい場合は“服を脱ぎたい”・“さっと流せる”点でお風呂場でできると便利です。

除毛クリームについてもこの点は共通しますが、残念ながら除毛クリームは水分や油分で脱毛効果が低下してしまうためお風呂場での使用は厳禁です。

除毛クリームの仕組み/敏感肌でも安心して使える除毛クリームの選び方

敏感肌の人は肌への刺激を受けやすいため美容成分・保湿成分がたっぷりと含まれているものを選びましょう

除毛クリームを選ぶ際に重視するポイントは、

・どれほどの除毛効果が期待できるか
・肌へのダメージはどれほどか
・どの部位で使用できるか
・使いやすいか
・コストパフォーマンスがいいか

といった点ではないでしょうか。

それぞれのポイントをチェックし、自分に適した除毛クリームを選ぶことでしょう。

ただし、刺激に弱い敏感肌の人に関しては優先順位があり、肌へのダメージがどれほどかという点を重視して選ばなければいけません。

ではどのように判断するのかというと、除毛成分の配合量や肌を守るための成分がどれほど配合されているかに注目します。

濃度を比較して低いものを選ぶ、アロエエキスや天草エキスといった、肌に優しい美容成分・保湿成分がたっぷり含まれているものを選びましょう。

敏感肌用の商品を使う

刺激に弱い敏感肌の人が除毛クリームを選ぶ際、肌を守る美容成分や保湿成分をたっぷり含んでいるものを選ぶのも1つですが、成分表で確認するのは至難の業です。

そこで、敏感肌用の除毛クリームを選ぶのがおすすめです。

敏感肌用の除毛クリームの特徴は、

・肌を守るための成分が普通タイプに比べてたっぷり配合されている
・除毛に有効な成分の濃度が低い
・低刺激に特化した仕様となっている

といった点があげられます。

美容成分や保湿成分に何が配合されているか、どれほど配合されているかなどを確認しなくとも、敏感肌用を購入すれば間違いないでしょう。

刺激に弱い方に関しては、気になるメーカーがあっても敏感肌用を出しているメーカーから除毛クリームを選ぶことをおすすめします。

全額返金保証付きの商品を選びましょう

刺激に弱い敏感肌の人が除毛クリームを選ぶ際、全額返金保証付きの商品を選ぶという方法もあります。

全額返金保証付き除毛クリームを選ぶメリットは、不都合が生じた場合、返品することで支払った金額を返金してもらえる点です。

例えば除毛クリームを購入した後に、

・効果に満足できなかった
・肌が荒れてしまった
・使用感が気に入らない

といった不満がある場合に利用することができます。

難点をあげるとすれば、全額返金保証付き制度が利用できる除毛クリームはネット通販を中心に販売されている点でしょう。

手に取って商品をみられる、身近なストアで購入できるメリットはありませんが、肌との相性を確認できることから全額返金保証にこだわって選んでみるのもおすすめです。

子供にも使用OKと明記されているものは安全性が高い

敏感肌用の除毛クリームを使ったのに肌が荒れてしまった…なんて方は、子供にも使用OKと明記されている除毛クリームがおすすめです。

ポイントは、大人の肌に比べて皮膚が薄い・柔らかい・刺激に弱い大変デリケートな子供の肌でも効果的に除毛ができる点です。

デリケートな肌でも使用できるよう、除毛に有効な成分の配合量が調節されており、できるだけ肌に優しい成分で作られているのです。

除毛効果に関してはMAXの強さを求めることはできませんが、ちゃんと除毛効果を得ることは可能です。

敏感肌用の除毛クリームでも肌が荒れてしまうほど刺激に弱い方や、できるだけ肌に優しい成分で除毛したい方は、思い切って子供でも使用できる除毛クリームを選ぶことをおすすめします。

除毛クリームの仕組みについてまとめ

ムダ毛の処理には様々な方法がありますが、中でも黒いブツブツが残らないきれいなツルスベ肌が実現する「除毛クリーム」について紹介してきました。

選ぶ際のポイントをまとめると、

・除毛有効成分チオグリコール酸カルシウムが配合されているか
・保湿成分シアバターが配合されているか
・発毛を抑制できる大豆イソフラボンが配合されているか

この3点については必ずチェックしておくことをおすすめします。

もし敏感肌で除毛クリーム選びに迷っているのであれば、

・美容成分、保湿成分がたっぷり含まれているもの
・敏感肌用につくられているもの
・全額返金保証付き商品(肌との相性を確かめられる)
・子供でも使えるもの

から選ぶと良いでしょう。

除毛クリームを利用して、好きなタイミングでお金をかけずにムダ毛のないツルスベ肌を実現させちゃいましょう。

タイトルとURLをコピーしました