【除毛クリームの効果】効果期間や危険性/メリットやデメリットは?正しい使い方のコツを紹介

除毛クリームの効果/脱毛効果の期間や仕組みについて

除毛クリームの効果

除毛クリームは皮膚表面の毛を取り除く効果はあるが毛根から毛を取り除くことはできない

自宅で簡単にできる自己処理方法の一つである除毛クリーム。ドラッグストアや通販サイトで簡単に手に入れられるのも便利ですよね。
除毛クリームには、タンパク質を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分が主に含まれていています。チオグリコール酸カルシウムは毛を分解する働きがあり、この成分を利用しているのが除毛クリームです。その効果として、毛が気になる肌にクリームを塗布し、時間を置いて洗い流すことで、塗布した部分の毛を除毛することができます。しかし、これは塗布した皮膚表面の毛を一時的に取り除いているだけで、毛根から毛を取り除いているわけではありません。そのため一時的には毛がなくなりますが、自己処理後しばらくするとまた毛が生えてきてしまいます。

除毛と脱毛って何が違うの?

除毛と脱毛の違いがそもそも何なのか気になりますよね。”除毛”は一時的に皮膚表面の毛を取り除くことを指し、”脱毛”は毛根から毛を取り除くことを指します。
除毛には、タンパク質を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分を主に含んだ除毛クリームを使った自己処理方法があります。クリームを塗布し洗い流すだけで、自宅で簡単にできるのがポイントです。しかし一時的な効果しかありません。
脱毛は、レーザーや光の熱を使い毛根を刺激し細胞を破壊します。毛根の細胞を直接刺激し破壊することで、毛が生えてこないようにします。処理をし続けることにより半永久的に毛が生えてこなくなるのが魅力ですが、毛の周期に合わせて定期的に処理する必要もあり、脱毛する部位によっては痛みが応じることもあります。

除毛クリームの除毛効果は1週間程度!表面の毛を取り除いているだけなのですぐに毛が生えてくる

除毛クリームの除毛効果は約1週間程度と言われています。除毛クリームに主に含まれる「チオグリコール酸カルシウム」という成分が、毛を分解し除毛します。ですが、皮膚表面の毛を取り除いているだけなので、剃刀の処理と同じく一時的な効果のみになります。
しかし除毛クリームでの処理は、剃刀で処理するよりも滑らかな肌に仕上がります。その理由は、剃刀で処理をすると剃った毛の断面が大きくなることでチクチクしやすくなりますが、除毛クリームで処理された毛は、成分に分解され溶かされることにより毛先が丸くなりチクチクしにくくなります。毛根も、剃刀で処理するより除毛クリームで処理した時の方が、毛が丸く処理されるため目立ちにくくなります。

ムダ毛は1日に0.3mm伸びると言われている

ムダ毛を処理したばかりなのに次の日にはもうチクチクする!なんてことありますよね。
ムダ毛は部位や個人差にもよりますが、1日に0.3mm伸びると言われています。毛には毛周期というものがあり、その中で毛が抜け落ちたり新たに生え変わったりなどサイクルがあります。除毛クリームは毛周期を気にせず脱毛できますが、脱毛サロンやクリニックでの施術は基本毛周期に合わせた施術を行っていきます。ムダ毛を自己処理しても次の日にはチクチクになるからといい、毎日自己処理することは肌にも負担がかかってしまいあまり良いことではありません。また剃刀で自己処理をするより、除毛クリームを使った方が毛先が丸く処理されるので、次の日でもチクチクしにくくなります。

長期間の脱毛効果を得たい方は脱毛サロンやクリニックがおすすめ

除毛クリームでは、皮膚表面の毛を処理する一時的な効果しか得られません。なので長期間の脱毛効果を得たい方は、脱毛サロンやクリニックで、光やレーザーを照射して毛根に直接刺激を与える光脱毛や医療脱毛でのムダ毛処理をお勧めします。
脱毛サロンやクリニックに定期的に通い脱毛をすることで、自己処理の頻度がどんどん減っていき半永久的に毛が生えてこなくなります。それに加え毛穴が閉じ肌も綺麗になるメリットがあります。しかし毛周期のタイミングに合わせて通わなければならないので、除毛クリームのようにいつでもすぐ処理できるというわけではありません。また、毛が濃い部分など脱毛する部位によっては痛みが応じる場合もあります。

除毛クリームの除毛効果を持続させるコツは?効果的な使い方

除毛クリームの指定の放置時間を守る!放置時間が短いと効果が得られない

除毛クリームは、毛を分解させる「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分が主に含まれていて、その効果により除毛をします。ムダ毛を処理したい部位に塗布してから洗い流すまでに、それぞれ放置時間が設けられています。除毛クリームの種類により放置時間は変わってきますが大体5〜10分程度です。指定の時間よりも放置時間が短いと十分な効果が得られず除毛できません。かといって指定の時間よりも長く放置してしまうと、その分肌に負担がかかり肌トラブルに繋がる恐れがあります。ですので必ず指定の放置時間を守り洗い流すようにしましょう。また、事前のパッチテストを必ずして、肌トラブルが起きないかチェックすることも大事です。

除毛クリームは水に濡れると効果が半減!クリームを塗布した部分を濡らさないように注意する

ムダ毛の自己処理と言えばお風呂に入るついでに浴室で行う方も多いと思います。除毛クリームは洗い流す工程があることから、体を洗ったあとそのまま濡れた肌に塗布しても大丈夫と思っている方もいるのではないでしょうか。実はそれは間違いです。除毛クリームは水に濡れると効果が半減してしまいます。
除毛クリームを肌に塗る前には、塗布する部分の汗や皮脂をしっかり洗い流します。そして必ず洗い流した部位の水分をしっかり拭き取っておきます。また、クリームを肌に塗布したあとも濡らさないようにしなければならないので、他の部位を流しているときなど一緒に水がかからないように注意しなければなりません。このようにひとつひとつの工程に注意しながら行うことで十分な効果が得られるようになります。

ウォータープルーフの除毛クリームならお風呂場でも安心して使える

除毛クリームの中にはウォータプルーフ仕様になっている除毛クリームもあります。ウォータープルーフとは水をかぶったりしても品質がダメにならないことを言い、お風呂場でも安心して使える仕様になっています。除毛クリームの「セシルマイア インバスリムーバー」は、業界初の特殊ウォータープルーフ仕様になっていて、多少の水がかかってしまっても効果が落ちません。その理由は絶妙な配合バランスによってできた防水粘土により、水がかかってしまっても成分が皮膚に残るため除毛効果が続くようです。
こういったウォータープルーフ仕様の除毛クリームであれば、入浴時に使う時も水濡れの心配を気にせず、ストレスフリーで除毛ができ効果が得られるでしょう。

除毛クリームの除毛成分をしっかり浸透させるためクリームを塗布した部分はラップなどで覆う

除毛クリームの除毛成分を肌にしっかり浸透させるためには、クリームを塗布した部分をラップなどで覆うことで除毛効果を高めると言われています。ラップを覆い成分を浸透させるだけでなく、塗りムラもなくなることで除毛効果が期待でき綺麗な仕上がりになります。またクリームの水濡れ防止や液が垂れて周りを汚さないため、塗布した部位の乾燥防止など、ラップを覆うことにより様々なメリットがあります。しかしラップを覆っているからと言って、指定時間より短い、長い放置時間で洗い流して良いわけではありません。除毛クリームの放置時間や注意事項を守ることは前提として、しっかり効果が出るようプラスαの処置としてラップを覆いましょう。

肌が乾燥していると除毛成分が浸透しにくく脱毛効果が半減する!普段からボディの保湿を心がける

除毛クリームの効果を発揮するには、塗布する肌の状態も重要になってきます。肌が乾燥しているとクリームの除毛成分が浸透しにくくなってしまい除毛効果も半減してしまいます。せっかく除毛クリームを使っても効果が得られないのはもったいないですよね。
除毛クリームの効果をしっかり得るためにも、普段から肌の保湿を心がけることが大事です。また除毛クリームを塗布し洗い流したあとのアフターケアも大事です。除毛後はもちろん肌にも多少のダメージは残ってしまうので、保湿クリームなどでしっかり保湿し、乾燥対策をしましょう。除毛後に限ったことではありませんが、アフターケアをしっかり行うことで、次の除毛で効果を得ることにもつながります。

除毛クリームのメリットは?

除毛クリームは安く脱毛をしたい人におすすめ

自宅で簡単にできる除毛クリームは薬局や通販で手に入り、価格も安いもので大体1000円前後とリーズナブルな商品が揃っています。種類も豊富で自分にあった除毛クリームを探せるのもポイントです。脱毛サロンやクリニックに通い脱毛を受けるとなると、万単位で料金がかかってしまう上、毛周期を気にして通わなければなりません。
自宅で手軽に脱毛をしたい、料金はリーズナブルに抑えたい方には、除毛クリームでの脱毛はおすすめです。

除毛クリームは放置時間5~10分の短時間で即効性を実感できる

除毛クリームはお手軽さがメリットでもありますよね。除毛クリームは塗布して洗い流すまでに放置時間がありますが、放置時間大体5〜10分で除毛効果を実感できます。商品により放置時間は違いますが、中にはたった1分放置するだけで効果を発揮するものもあります。
脱毛サロンやクリニックで脱毛するとなると短くても大体30分くらいは時間がかかってしまいます。しかし除毛クリームはたったの5〜10分程度で効果が実感できるので、時間があまりない時でも短時間で脱毛できます。

除毛クリームは自宅でいつでも手軽に使用できる

除毛クリームは自宅でいつでも手軽に使用できるのが良いですよね。脱毛サロンやクリニックの光やレーザーを照射して脱毛する方法には、毛の周期のタイミングを気にして施術しなければいけません。その点、除毛クリームはいつでも自分が脱毛したいタイミングで使用できるので、ムダ毛が気になり始めた時やデートの前日など大事な日に合わせて脱毛することができます。剃刀などで毛をあらかじめ剃っておくという工程も必要ないので、簡単で手間もかかりません。

除毛クリームのデメリットは?

除毛クリームに含まれる除毛成分は肌ダメージを与えることがある!敏感肌の人は注意が必要

除毛クリームに主に含まれるチオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分は、毛を分解する力があり除毛効果が得られますが、その分肌にも多少なりともダメージは与えられてしまいます。肌に必要以上にダメージを与えないためには、除毛クリームを塗布してからの放置時間をしっかり守り、使用できない部位には使用しないことです。また除毛後のアフターケアとして、保湿クリームなどを塗り肌を乾燥させないようにしましょう。
肌が弱い方や、敏感肌の方はさらに注意が必要です。除毛クリームには敏感肌用に作られている商品もあります。敏感肌の方は敏感肌用を使い、必ずパッチテストをし、肌に異常が現れないかを確認してから使用しましょう。

ほとんどの除毛クリームは顔やVIOなど使用できない部位がある

除毛クリームは手軽に買えて簡単に自宅で自己処理できる方法のひとつですが、基本「両ワキ・腕・脚・Vライン」の部位にしか使用することができない商品が多いです。顔やIライン、Oラインといったデリケートゾーンには、他の部位よりも肌トラブルのリスクがあるため、たとえ敏感肌用であったとしても除毛クリームを使用してはいけません。顔やIライン、Oラインを脱毛したい場合は、電気シェーバーなどで自己処理をするか、脱毛サロンやクリニックで施術してもらうのが良いでしょう。

顔の皮膚は薄くてデリケート!肌トラブルのリスクがあるため使用は厳禁

除毛クリームは顔には使用してはいけません。顔の皮膚は、他の部位よりも薄くてとてもデリケートで肌トラブルも起こしやすくなっています。なので、たとえ敏感肌用の除毛クリームでも使用してはいけません。
除毛クリームは商品にもよりますが、基本的に「両ワキ・腕・脚・Vライン」の4部位を対象としたものが多くあります。肌トラブルのリスクを避けるためにも、必ず商品に書いてある対象部位以外に使用することはやめましょう。

男性の髭にも効果は期待できない!髭は濃くて太いため十分な除毛効果が期待できない

最近では男性が髭脱毛をすることは珍しくない世の中になっています。それほど濃くて太い髭について悩んでいる方が多いんです。そんな髭も除毛クリームを使って自宅で簡単に除毛できたらと思いますが、除毛クリームには濃くて太い髭へ十分な除毛効果は期待できません。顔に使える除毛クリームだとしても、それは肌トラブルへのリスクが大きい顔用のものなので、濃くて太い髭に高い除毛効果は期待できません。かといって男性用の剛毛にも対応している除毛クリームを顔に使用してしまうと、どんな肌トラブルが起きるかわかりかねないので、絶対に使用しないようにしましょう。

VIOを処理する際は粘膜に使用しないように注意!デリケートゾーンの皮膚は肌トラブルのリスクが高い

VIOも顔と同じとてもデリケートな部分です。Vラインに対応している除毛クリームはありますが、Iライン、Oラインには使用しないようにしましょう。Vラインに塗布する際にも、クリームがIラインやOライン、粘膜の部分に付かないように十分に注意しながら行います。
またVライン対応だからといっても、Vラインもデリケートな部分になるので少しでもヒリヒリしたり何か違和感を感じたら、放置時間に達しなくても丁寧に優しく洗い流すようにしましょう。

効果的な除毛クリームの選び方は?

保湿成分・美容成分が豊富に含まれている商品を選びましょう

除毛クリームはチオグリコール酸カルシウムによって毛が分解され除毛効果が得られますが、その分肌への負担も避けられません。除毛後のアフターケアはもちろん大事ですが、除毛クリーム自体に保湿成分・美容成分が豊富に含まれている商品を選べば除毛効果も美容効果も得られて一石二鳥です。主に肌を保湿する大豆エキスやアロエエキスなどの植物エキスや、ヒアルロン酸などが含まれている商品があります。成分票をチェックするのも除毛クリームを選ぶ大事なポイントです。

敏感肌にも使用可能な商品を選びましょう!敏感肌用の商品を選ぶと肌荒れのリスクが少ない

保湿成分や美容成分が豊富に入っていることももちろん大事ですが、敏感肌の方でなくても低刺激な「敏感肌用」を選ぶことが、肌荒れなど肌トラブルのリスクを減らします。
敏感肌でなくても、除毛クリームによる肌への負担は避けられません。また普段の肌への保湿ケアがしっかりできていないと、更に肌トラブルを起こしやすくもなります。普段から肌へのケアを心がけ、低刺激な「敏感肌用」を使い肌への負担を少しでも和らげることも大事です。

お風呂場で使用したい人はウォータープルーフタイプの除毛クリームを選びましょう

先ほども説明したように、除毛クリームは水に濡れると十分な効果が得られなくなってしまします。ムダ毛の処理といったら入浴時に一緒にお風呂場で使用する方が多いですよね。しかし塗布する前の肌が濡れている状態や、塗布したクリームに水がかかってしまうと効果が薄れてしまいます。そうならないために、水に強いウォータープルーフ仕様の除毛クリームを選びましょう。多少の水がかかっても効果が薄れずストレスフリーに除毛ができます。

顔やVIOを除毛したい人は全身OKの除毛クリームを選びましょう

除毛クリームで顔やVIOも除毛したい!と思う方はもちろんいます。その場合は顔やVIOにも対応している除毛クリームを選びましょう。全身OKと謳っていても顔を除く場合もあるので、しっかり確認が必要です。顔やVIOにも対応していても、とてもデリケートな部分になるので、放置時間や使用量は必ず守りアフターケアで保湿をしっかり行うようにしましょう。放置時間が経つ前に肌に違和感を感じたらすぐに洗い流しましょう。

除毛クリームの使用頻度は1週間に1回!続けやすい価格の商品を選びましょう

除毛クリームの使用頻度は大体1週間に1回程度です。塗布する部位にもよりますが、腕や脚など範囲が広い部位や、毛が濃い部位などはそれなりに量も使うことになり消費のスピードも早いです。ムダ毛のない、なめらかな肌を保ち続けるためには、定期的に除毛をする必要があるので、続けていきやすい価格の商品を選ぶことをおすすめします。安いもので1000円前後から薬局や通販で購入することができるので、自分にあった除毛クリームを見つけましょう。

クリームタイプ・スプレータイプ・ワックスタイプなど使いやすい商品を選びましょう

除毛にはクリームタイプの他に、スプレータイプ、ワックスタイプなどがあります。スプレータイプは除毛したい部位に吹きかけ、その後クリームタイプのように洗い流すか拭き取りをします。スプレータイプはお風呂場で使用できるものが多くあります。ワックスタイプは、いわゆるブラジリアンワックスの類です。ワックスを除毛したい部位に塗布し、付属のペーパー等を乗せ一気に剥がしてムダ毛を除毛します。その後残ったワックスを洗い流すか水拭きをします。剛毛な方は痛みが強い場合があります。

除毛クリームの効果についてまとめ

ここでは除毛クリームの効果についてまとめてきました。
除毛クリームは自宅で簡単にリーズナブルな価格でできる自己処理方法です。ムダ毛の気になる部位にクリームを塗って洗い流すだけで簡単に除毛できます。しかし顔やVIOなど対象になっていない部位もあるので、どの部位に使えるのかしっかり確認をした上で使用しましょう。
使用頻度は1週間に1回程度で、必要以上の使用は肌への負担が大きくなるので避けた方が良いでしょう。デリケートゾーンに限らず、肌への負担を第一に考え、保湿成分や美容成分が豊富に含まれているもの、低刺激な敏感肌用の商品などを選ぶのもポイントです。またアフターケアを怠らずしっかり保湿をすることで、次回除毛するときの除毛効果にも繋がります。アフターケアはもちろんのこと、普段から肌の保湿を心がけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました